トライバースに遂に新たな動き?

トライバース世界の物語を渇望する皆さん、
ご無沙汰しています。いや、本当にご無沙汰です。
このブログでこの話題を取り扱うのは1年9ヶ月ぶりですね、
またお会いできて嬉しいです。


既に情報を入手している方は多いかと思いますが、
このたび、「トライバース」というキーワードが、
公式から数年ぶりに発せられました!数年ぶりといっても、
ビバテイルズオブマガジン2014年9月号のコラムが最後と思われるので、
2014年7月28日から約3年2ヶ月ぶりです。計算してて悲しくなってきました。

今、私は興奮しながらこの記事を書いています。
勢いまかせになるかもしれませんが、状況をまとめさせてください。
いろいろとネタバレがありますので注意です。

まず、どこで「トライバース」のキーワードが出てきたか?
iOSとAndroidで配信中のアプリ「テイルズ オブ ザ レイズ」でございます。
キッカケはこれです。

レイズ コンウェイ・タウ参戦

10月下旬のハロウィンイベントにて、なんと!
イノセンスRからコンウェイ・タウが参戦することが決まりました!

まだルカくんたちイノセンス勢はレイズには登場しておらず、
それどころか、テンペストやハーツといったDS組を加えても、
彼はトップバッターということになります。まさかこんなに早いとは…
コンウェイを含めた10月の参戦キャラ紹介動画がありますので、
参考に貼っておきますね。



そして肝心のトライバースについてですが、この動画が公開された同日中に、
ゲーム内でこんなお知らせが届いていました。
公式サイトでも同様のお知らせを読むことができます。

http://torays-news.tales-ch.jp/announce/detail/17100602.html
レイズ プロデューサーレター vol5

こちら、制作プロデューサーの栁澤Pが不定期で配信する、
プロデューサーレターというものです。
今後の予定や検討中のことなどを自らの言葉で綴っているものですが、
その中に、「トライバース」の文字が確かに綴られています!

まだイベント開催まで時間があるので何とも言えませんが、
投げっぱなしにされていたトライバースの情報が、
少なからず明らかにされることは明確!



というわけで、レイズはプレイしていないからよく分からない、
という方もいるかと思いますので、1つずつ状況を整理したいと思います。
突然のことで、状況を飲み込めていない方もいるでしょう。
かく言う私もですが!


まず、レイズについての基本的なお話。

■公式サイト
http://torays.tales-ch.jp/
01 レイズ タイトル画面

オリジナルの主人公「イクス」と、幼なじみの「ミリーナ」を中心に、
世界「ティル・ナ・ノーグ」の危機に立ち向かっていくRPGですね。
従来のリニアモーションバトルシステムに近い戦闘システムです。

03 レイズ 戦闘リザルト

歴代シリーズキャラたちは基本的に鏡映点と呼ばれる存在で、
原作での記憶を持った本人と思って差し支えありません。
物語のどの時点の記憶で具現化されているかはシリーズ毎にまちまち。

あくまで物語の中心はイクスとミリーナたちなので、
歴代キャラは全員、重要なサブキャラクターといった感じでしょうか。
今のところ例外なく、少なからず本編ストーリーにも絡んできています。
期間限定イベント(本編の番外編的なお話)などにも登場します。


レイズ ソフィステータス

んでもって、キャラクターたちを強化するには主に武器が必要です。
武器ごとに技が設定されていて、装備中の武器の技が使えるようになります。
右上のイラスト付きのやつは魔鏡というやつなのですが、
イラスト付きの必殺技を装備しているという認識でいいです。
これらは基本的にはガシャという形で入手することができます。



レイズの説明はこれくらいで大丈夫ですかね?

ちなみに記事の一番最初に貼った画像は、コンウェイの魔鏡イラストです。
全て描き下ろしで、原作の名シーンをイラスト化したものになっています。
コンウェイの場合、黎明の塔でハスタの魂を救済したところですね。

イノセンスR ハスタ1
イノセンスR ハスタ6
イノセンスR ハスタ2
イノセンスR ハスタ3
イノセンスR ハスタ4
イノセンスR ハスタ5

イノセンス世界「無垢なる絆」に来た最大の目的、「魂の救済」
彼が探し求める2つの魂のうちの1つ、
魔槍の刺客"ゲイボルグ"の魂を手中にした、そんなシーン。

後に、不遇の花姫"サクヤ"の魂も無事入手し、
それらは両の手の「魂の檻」にそれぞれ閉じ込められ、
ルカたちとの旅を終えた彼は、トライバースへと帰還する。


個人的な話をすると、コンウェイの名シーンというと、
初登場時の物理法則云々とか、そのあたりを有力視していたんですけどね、予想が外れました。

イノセンスR コンウェイ1
イノセンスR コンウェイ2

まあ、このあたりはVitaテイルズ特有の初登場時アニメがあるので、
簡易的なムービーだったあのシーンを選んでくれたのは嬉しいですが!
ただ、あえてこんな超ネタバレシーンを選んでくるあたり、
トライバースのことを知らない人に興味を持たせるためでしょうか?



以上を踏まえて、前述のプロデューサーレターのメッセージについて、
紐解いていきましょうか。あくまで個人的意見です。


イノセンスRからコンウェイが電撃参戦です。



"電撃参戦"と評しているあたり、ルカくんたちを差し置いて、
リ・イマジネーション版の追加キャラである彼が先に参戦するのは、
異例のことであることが窺えます。
このことについては、一部ユーザーからもかなり批判の声もありました。
怒る気持ちはとてもよく分かりますが…それについては後述。


イノセンスの世界はまだ具現化されていませんが、
コンウェイはトライバースの人間で…。



レイズの世界に具現化される場合、基本的には、
鏡映点となるキャラの記憶などをもとに、元いた世界の大陸などもまた、
同様に具現化される場合が多いです。
例として、エターニアキャラが具現化された時に、
インフェリアとセレスティアの街や住人なども具現化された、という感じ。

この文章を見ると、彼は厳密にはイノセンス世界の人間ではなく、
あくまでトライバースの人間であることが強調されています。
つまり彼は鏡映点ではなく、イノセンス世界もまだ具現化されない、
と予想できます。恐らくは、彼の存在だけがこの世界にやってくると。

レイズ イアハートのような異分子

自らの意思で世界を渡り歩いていて、故あって、
本人だけが具現化されたカノンノ・イアハートのような例外もありますが、
彼はそういった類の異分子である可能性が高いと思われます。

彼が物語のどの時点の記憶を持っていて、
どのような方法でレイズの世界へやってくるのか?
そして、どこからやってくるのか?そのあたりが焦点になりますね。
イノセンスRの物語が終了し、トライバースへ帰還した後の彼であっても、
何ら不思議ではないです。まだ想像の範疇から出ることはできませんが。


今後、秘密のベールに包まれたままのトライバースの事にも
少しずつ触れていきたいと思っています。



ここが一番の問題なのですが、少しずつ触れていきたいというのが、
どの程度なのかですよね。あくまでレイズはイクスたちの物語なので、
ユーリたちの子供時代が小説で語られたようなレベルだと思いますが…

テンペストRは一向に発売されず、気配すらない状態が続いたためか、
レイズ内でトライバースの話を完結させるのでは?と心配している方が、
一見した限りではかなり多いようでした。
その可能性は考えたくないですが、100%否定できる話でもありません。

ただ、思い出してください。
リ・イマジネーションシリーズの製作者である大舘Pが過去に残した、
この言葉を!冒頭で話したテイマガ内コラムでのやりとりです。

インタビュアー「Vitaのタイトルだけじゃなく、PSPの『マイソロ』シリーズも遊べるようになったらいいのになあ(チラッ)。ちなみに、大舘さんが個人的にスマホでゲームを作るとしたら、どんなものにチャレンジしてみたいですか?」

大舘「アプリでのチャレンジか~。『マイソロ』は移植じゃなく、『4』にチャレンジしたいな。でも、『TOI-R』『TOH-R』で構想を持ってたトライバース世界を、『TOT』に先んじて展開するというのも面白いかもしれないなー。」



ここで触れられている「『TOT』に先んじて展開…」というのは、
今思えば、今回のレイズがそれに当たるのではないでしょうか?

レイズでのトライバース展開はちょっとしたオマケ的なものであって、
今後発売されるテンペストRを更に楽しめるようにするため…
イノセンスR・ハーツRの発売から期間が空いてしまったから、
改めて、シリーズファンの方にトライバースを知ってもらうため…

そこまで飛躍した想像ではないと思いますが、いかがでしょうか?
少なくとも、製作者様たちはトライバースを忘れてない!
期待しすぎは良くないですが、ポジティブに考えたいなと思っています。


そのため、イノセンスチームより少し早い参戦となります。



ルカくんたちを差し置いて彼がトップバッターである理由として、
トライバースの存在を掲げています。
本来であれば、順当にルカくんたちが先に参戦していたはず。

ただ、コンウェイを登場させてトライバースの話を展開するのは、
別にルカくんたちが具現化されてからでもできるお話。
にも関わらず、コンウェイが真っ先に来る。
ルカくんたちが先に来てしまっては困る、何かがある…?

物語の関係上、ルカくんたちの具現化の際に彼がいないといけない、
または、別の理由で彼が絶対に必要な場面があるのか?
考え方によっては、"早めに"トライバースの話を展開したい、
と考えることもできなくもないですね。

これは、超!都合の良い考え方ですが、
テンペストR発売が近い(目処が立った)から早めに話をしたい…とか?
スイッチに発売予定の作品ってもしかして…?



…などなど、想像や妄想を膨らませるとキリがないですね。

何年も待ち続けた末、ようやく進展があったと思ったら、
レイズというスマホの外部作品でトライバースが展開される…
複雑な気分になる方も多いかと思います。とてもよく分かります。

ただ、私の予想がどれだけ当たっているかは分かりませんが、
10月後半のコンウェイ参戦イベントを見てみないことには、
批判や落胆をするには、まだまだ早いと思いますよ。
過度な期待はしないにしても…
とにかく、トライバースがお蔵入りのまま終わることはなくなったはずです!


というわけで、支離滅裂なところもありますが、
現状のトライバース事情をまとめさせていただきました。
10月末のイベントをプレイ次第、新たに分かったことを整理したいと思います。

イベント開始までしばし待て

イベント開始まで、しばし待て!
では!
20:13 | ゲーム | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ゴッドイーター3が楽しみな話 | top | ザレイズプレイ日記 9月振り返り

コメント一覧

#
はじめましてミスト様、いつも楽しくブログやツイッターを拝見しております。
特にミスト様のトライバースの記事をお見かけする際にはコメントしたい衝動に駆られるのですが、なかなかどうして、コメントする勇気が自分には足りず、しかしあのコンウェイが遂にレイズ参戦ということでコメントせずにいったいどうしろと!

そもそも自分は当初、レイズがTOTR表記で略称できることから本アプリがテンペストR、もしくはトライバースの物語なのだと考えておりました。しかしながら魔方陣が異なることから敢え無く断念、このままトライバースの件がチトセやハスタに続く報われない魂となってしまうのかと思われた矢先での今回の朗報に逸る気持ちがせきとめられません。
一番嬉しかったのはお知らせの「少しずつ」の単語でした。少しずつということは今回限りということではないですよね、今後定期的に数度にわたってということですよね。トライバースの秘密が明かされるのがメインシナリオなのかイベントなのか気になるところですが、レイズはイベント参戦キャラクターがメインシナリオに登場したりしてくるので予測が難しいです。
また、魔鏡イラストがハスタの魂を回収する場面であることから、それ以降のタイミングでのコンウェイが参戦というのは間違いないと思います。ミスト様が述べられたようにカノンノのような扱い、アスタリアのようなトライバースに帰る途中のコンウェイなのかもしれません。おそらくですが、イノセンスの大陸がまだ具現化されていないので、ティルナ・ノーグにやってきたコンウェイはすでにもうルカたちと別れた後なのではないかと考えております。
ちなみに今後具現化されるであろうイノセンスの大陸がDS版なのかVita版なのか非常に気になります。まあ後者なんだろうなあとは思いますが、既に参戦しているコンウェイがいる中でDS版のほうが具現化されたらたのしいです。自分が。

ハロウィンイベントの下旬までまだもう少し時間がありますが、レイズの世界でコンウェイがどんな活躍をしてくれるのか心待ちにしております。果たしてあのチート通常攻撃は健在なのか…。長文となってしまいまして申し訳ございません。トライバース関連の記事、とても嬉しかったです、それではおやすみなさいませ。
桐堂さん | 2017/10/09 07:10 | URL [編集] | page top↑
# コメント返し
>桐堂さん


はじめまして!
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!
私のような辺境ブログの管理人には、
非常に勿体無いお言葉でございます…!


レイズ=トライバースっていう予想は、
冗談半分ながら割と言われてましたね。
公式サイトでもTOTRという表記がされてたり…
あくまでレイズはトライバースとは別の物語のはずですが、
ダブルミーニング的な意味はあるのかも?
まあ、頭文字被りは今に始まったことではないですけどね~

確かに、コンウェイは今後もストーリーに関わるはずですし、
文字通り少しずつやっていくんでしょうか。
ゆくゆくはキュキュやガラドさんも交えて…
テンペストRへのカウントダウン的な感じなら嬉しいです。

鏡映点のキャラって割と物語終盤の記憶ですけど、
ハスタのシーンってもう終わりかけですよね。
桐堂さんと同じで、彼は既にトライバースへ帰還した後で、
トライバースから直接、何らかの干渉があるのではと推測しています。
もっと言えば、トライバースの大陸が具現化されても、
おかしくはないですよね。
イノセンスキャラの扱いや具現化も気になるところですが、
DS版準拠ならそれはそれで面白そうです!


イベント、私も心待ちにしております。
メルディみたいな特殊な通常攻撃も再現してますし、
遠距離攻撃の再現はほぼ間違いないかと!
またコンウェイを操作できるのが楽しみです!

以上、私も長文になってしまいました。
コメント、ありがとうございました!
また月末にお会いしましょう!おやすみなさい。
ミストさん | 2017/10/10 00:10 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/859-f2ae8dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)