「テイルズ オブ フェスティバル 2016」 1日目レポ

どうも~


タイトルの通り、この週末、念願だったテイフェスに参戦するため、
遠路はるばる横浜アリーナまで足を運んで参りました!
テイフェスへの参戦はこれが初になります。

全体を通して多くの出来事が思い出となり、満足の行く内容になりました。
どうせなら文字としても思い出を残しておきたいということで、
ここにレポという形で記録を残したいと思います。

②テイフェス2016 横浜アリーナ

私は今回、朝7時頃の新幹線に乗って、9時半頃に新横浜駅に到着。
まずはあたりを散策がてら、会場である横浜アリーナまで足を運ぶことに。

①テイフェス2016 フレンズカフェ

テイルズオブフレンズカフェなるものもあるんですね~
今回はあまり興味がなかったのでスルーでしたが、時間が経つにつれ、
かなりの行列ができていました。


③テイフェス2016 アドトラック
http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/special/#ad_truck

道中、テイルズオブゼスティリアザクロスのアドトラックも発見!
このアドトラックを撮影して専用ハッシュタグをつけてツイッターに投稿すると、
抽選でキャストサイン入りポスターなどが当たるというキャンペーンも。
このキャンペーンは今日までなので、まだの方は是非!



一通り散策が終わったところで、駅近くの歩道橋で休憩。

と、ここで、物販の代行をお願いしていたもがさんと合流。
普段よく行く音楽ライブとは桁違いの物販状況を目の当たりにして、
前日から会場入りしていたもがさんに頼んでおいたのです。
事前物販でも大混雑、しかも雨という最悪のコンディションだったので、
本当にもがさんには感謝せざるを得ません。ありがとうございました!
あの物販に並ぶことを考えたら、お渡ししたお礼は安いものなのでお気になさらず!

④テイフェス2016 物販戦利品

内容は、今回の出演者キャラ全員集合のフード付きタオルに、
シングとヒスイがあしらわれた応援うちわ、ペンライト。
パンフレットは会場内でも販売していたので、自力で入手しました。
パンフレットには、出演声優さんの全身画像やインタビューなどが載っていましたよ。


物販を受け取った後、本当は一度お別れして一人で散策を再開予定でしたが、
成り行きでもがさんを含む10人ほどのグループについていくことに。
まあ明確なビジョンはなかったので、結果的には良かったかなと。

確か、カフェの方にみんなで行ったんでしたね。
人が多すぎてごちゃごちゃしてしまい、私はほとんど何もしてませんでしたが…。
知らない人が数人いて、委縮していた私が悪いんですけどね、はい。
マーボーカレーなどのメニューがあったと記憶しています。


ほとんど食べ終わったところで、飲食ブースのテントが満員だったのか、
食事が終わったのに出て行かない迷惑な一行だと判断されてしまったようで、
係員の方が主にこちらに向けて警告。当然の対応ですね。
時刻は昼。近くのデニーズに移動して仕切り直しです。


⑥テイフェス2016 デニーズで昼食

私が頼んだのはずわい蟹のアメリカンソーススパゲティ。
決して蟹だから頼んだわけではないです(大嘘)

1時間半のタイムリミットが設けられていたので、1時間半きっちり会話を楽しみ、
また横浜アリーナへと戻ります。まだ開場の時間には少し早いですが、
会話をしているうちにすぐに時間が経つだろうということで、
開場の時間まで駄弁ります。


このタイミングで、比較的いろいろな人と話すことができましたね。
はじめて会う方が多かったですが、ボキャブラリー不足の私にしては、
かなり頑張った方ではないかと。


そして、いよいよ開場。人がなだれ込みます。

⑦テイフェス2016 フラワー

横浜アリーナに入場してすぐのところには、各所からの祝花。
全てを見ようとするとキリがないですが、一般の方の愛に溢れた、
素晴らしい祝花もちらほら見られました。リバースの祝花企画のやつが特に好きです。タイトルロゴをあしらってるんですよね、すばらっ!



⑧テイフェス2016 展示パネル

2階に上がると、出演キャラクターのパネルなどが展示されていました。
シリーズ毎、新しい順に並んでいるんですね。はじめて実物を見ましたが、
なかなかに壮観でした。


ちなみに私はA席のスタンドだったので、かなり遠いところからの鑑賞でした。
とはいえ、障害物もなく、モニターがよく見えたので、そこまで弊害はなし。
SS席やS席等をとるに越したことはありませんが、まあ十分妥協できますね。



※ここからはテイフェス本編の内容になります。
ネタバレを含みますので閲覧にはご注意ください。



15時40分頃でしょうか。開演にはまだまだ時間がありますが、
ここで聴き慣れた声が…!Rのヴェイグとティトレイの影ナレですね!

唐突すぎて内容をメモれなかったので曖昧ではありますが、
会場に先立っての注意事項だったり、ちょっとした掛け合いが聴けました。
ティトレイのボイスが声優さんによって吹き込まれたのってツイブレ以来…?
そう考えるとなかなか感慨深いですね。俺たち、不動の名コンビだろ?


続いて、モニターに歴代マザーシップタイトルのOPが流れ始めました!
内容としては、基本的に各作品1つまでの映像を使用していて、P~Zまで。
IはDS版、VはPS3版、HはVita版、Xはジュード編。

OPで登場したキャラの名前を叫ぶというノリだったのですが、
D2でバルバトス登場時に歓声(+笑い)が巻き起こったり、
Rでサレ以降の四星(トーマ・ワルトゥ・ミリッツァ)がかなり怪しかったり、
Lでセネルさながらに「ステラアアァァァァ!」と叫ぶ人がちらほらいたり、
Xでまさかのジランドさんに黄色い声援を送る人がいたりなどなど、
なかなか聴いていて楽しかったです。
しかしそれ故に、IRがなくてコンウェイ・キュキュが見られなかったのが悔しい…!


これであとは開演を待つだけかと思いきや、影ナレ2発目!
ここでは、最新作TOBよりロクロウとマギルゥ!
内容をある程度メモってたので、ある程度抜粋して内容をご紹介。
細かい齟齬は目をつぶっていただけると…。


マ「おぉ~、ものすごい熱気じゃのぅ~」
ロ「まさかここまでとはな…」
マ「こんな熱い場所に我々のような新参者が来て良かったのかのう?」
ロ「まあ、ギャラも貰えるしいいだろ」(たぶんアドリブ)
マ「怖いものなしじゃの。アウェイな空気を感じんのか?」
ロ「アウェイってなんだ?お前さんこそ、自称魔女の癖にビビってんのか?」
マ「自称って言うな!それより、この紙の内容を読んでくれんか」
ロ「なになに、会場の皆様、テイルズオブフェスティバル2016にお集まりいただき、まことに、まことに、あ~、保村真に、ありがとうございます(中略)ごちそうさまです」(棒読み)
マ「…こやつ、何を言っておるのじゃ?」
ロ「ま、事前アナウンスもギャラにコミコミだからな!」
マ「それじゃあ、またあとでの~」



まだ発売前のキャラクターではありますが、2人の掛け合い良いですね~
ロクロウは実際とは若干異なる点があるように思わざるを得ませんが、
まあこういうのもたまにはいいんじゃないでしょうか。


そしていよいよ開演!
司会の小野坂昌也さんと、福圓美里さんが両サイドの舞台から登場!
今回のフェスティバルが夏祭りを意識しているということで浴衣姿。
福圓さんは普通に降りてきましたが、何やら小野坂さんの様子が…

舞台の向かって左、小野坂さんの行く先にはなんと急な坂が。
しかも、浴衣の裾を捲って、座布団を下に敷いて滑り降りてきました!
この坂、命名「小野坂」だそうです。福圓さん股間がどうこうとか言っちゃダメ!!



ある程度トークが進み、まずはスペシャルスキットのコーナー。
夏祭りの最中、謎の力の出現によって波乱が巻き起こる…?
その名も、「テイルズ オブ 夏祭り!」


開幕、エドナとミクリオが登場しました。エドナ役の福圓さん、
ちゃんとエドナの特徴である傘を持っていますね。

舞台の中心少し左にいるエドナと、舞台右端から出てきたミクリオ。
ミクリオが歩きながらずっと喋っていたため、
「僕ばかりが歩いている気がするが?」
とエドナに対してちょっと怒り気味。
「わざわざ女性の方に歩かせる気?」
と一蹴されるも、ミクリオがしつこくエドナを諭していると、
譲歩して中央まで歩いてきてくれました。
短い距離を歩いてきただけでかなり上から目線のエドナに、ミクリオは不満顔。


ミクリオ曰く、謎の力を感じるのだとか。しかしその正体が分からないため、
調査に乗り出そうということらしいです。

と、その前に、「天族である自分たちが、観客に見えているんじゃないか?」と
エドナに疑問を投げかけるミクリオ。
「そんなはずはない」とエドナが言い放ち、たちまち一言。

「たとえあなたがここでノルミンダンスを踊ったとしても、観客は気づかないはずよ」

とキラーパス。観客も悪ノリして手拍子をし始め、躊躇うミクリオに、
「気づかないはずよ!」というエドナのダメ押し。
結局乗せられてミクリオはノルミンダンスを踊ってしまいますが、
終了後の「誰か僕を殺せ(小声)」で会場全体が湧き上がっていましたw


その後、人探しをするゼロスとエステルがエドナたちに合流して、
謎の力についての話を諸々繰り広げます。謎の力を探す手伝いをする代わりに、
人探しも手伝ってもらうという交換条件で協力しあうことになりました。
ついでに、ゼロスはエドナの下僕になったようです。


場面変わって、財布をなくしたというロクロウとマギルゥの2人組。
路銀を集めるために夏祭りの屋台の景品で稼ごうという魂胆のよう。
そんなことを話していると、ユーリがやってきました。

エステルを探しているというユーリに対して、マギルゥがマギルゥ占いで南を指示、
ユーリが行ってしまった後、「本当は北のような気がするが…」と呟くマギルゥ。

ロ「その占い、当たるのか?」
マ「占いの的中率は隕石並じゃ!」
ロ「メテオ!!!!」

のくだりはかなり笑わせてもらいました。メテオ!ってやつアドリブなのかなw


続いてやってきたのはヒスイ。コハクへのお土産に伝説のミソ屋を探していますが、
シングに先を越されたらと懸念するヒスイ。自分が先に伝説のミソを手に入れて、
コハクに「大好き!お兄ちゃん!」と言われる妄想をしきりにしていますが、
会話に加わろうとしないロクロウ。ヒスイが、というか松風さんが「そろそろ!」
と訴えかけますが反応なし。永遠と女性声で「大好き!」と言い続ける松風さん。
そして繰り返される悲痛の「そろそろ!」の訴えw

結局、ヒスイもマギルゥ占いで方角を教えてもらって駆けていきましたが、
そもそも伝説のミソ屋なんてあるのか?という疑問が…


場面変わって、ヴェイグ、ティトレイ、シング、ロイド、ルークの5人。
夏祭りの親善大使…じゃない、責任者であるルークが、
出店を開こうとしているヴェイグとティトレイの様子を見に来たようです。

そこに人探しをしているシングとロイドが合流して、ルークのわがままにより、
焼きそば早食い競争に参加することに。
夏祭りでより多くポイントを稼いだ人には豪華賞品が贈られるのだそうですが、
乗り気じゃないシングとロイドを無理やり巻き込んだことにより、
ルークが悪いというような空気…ここでお決まりの「俺は悪くねぇー!」の大歓声!

観客との掛け合いが終わった後、
他の出演者たちが休憩しながら「終わりました?」とか「お疲れさまです」とか言ってるのがツボでしたw


結局、無理やり巻き込もうとしたルークも早食い競争に参加するという条件で、
焼きそばを作るティトレイ以外の4人が早食い競争をすることに。

しかし、ティトレイの作るものは信用ならないと口をつけないヴェイグ。
他の3人が「うまい!」と言っているので渋々口にしますが、
急に、他の3人の語尾がおかしく…何故か語尾に「みゅう」がついて…

どうやら、ティトレイが拾ってきたキノコを焼きそばに混ぜていて、
そのキノコは毒キノコだったようです。見た目完全にミュウですが、
タリム医学校名物のチーグルサンドにも実はこんな副作用が…?←


場面変わって、マギルゥにメテオ占いで南に促されたユーリとヒスイ。
ユーリは紆余曲折あって射的屋の店番をやらされています。
ヒスイは、伝説のミソ屋の存在を疑いもせずうろちょろ。

そこに、エドナと下僕のゼロスがやってきました。
ユーリを見て、エステルが探していたことを伝えるエドナ。
エステルはミクリオと別行動していますが、エステルがゼロスと一緒じゃなくて、
ホッとするユーリ。俺もコハクがゼロスと一緒に行動するのは嫌だなと頷くヒスイ。

それを聴いてゼロスは反抗しますが、唐突にセレスのことを思い出したらしく、
「セレスが他の奴と一緒にいたら…いやだよな」と素に戻るゼロス。
TOS本編以外でセレスの話をするのは珍しいんで、妹談議には思わずニヤリとしましたね。


場面変わって、再びヴェイグたち5人。尚も「ですの」沼にハマり中。
こちらにはエステルとミクリオが合流し、エステルのディスペルによって、
「チーグルデスノタケ」の毒は解消されました!

ミクリオが詳しい話を聴くと、ルークは古い祭りの指南書をもとにして、
この夏祭りを企画したそうです。それを聴いて、何か閃いたミクリオ。
指南書を借りて、熟読する為に別のところへ行ってしまいました。


そして、今度はヴェイグが作るかき氷の早食い競争になったみたいですよ。
しかし、そこにロクロウとマギルゥが乱入。
「なんかデスノートデスノート!って言ってたね!」とロクロウが言ってましたが、
まあ、円盤ではカットされるんでしょうね!わざわざ編集点を作る徹底ぶり。

話を戻して、路銀稼ぎの一環で早食い競争に参加したいそう。
早速5人で競争しますが、頭がキーンとなっている4人を押しのけ、
何喰わぬ顔でロクロウが圧倒的早さで完食。速攻で去っていきました。
インチキだ!と言いがかりをつけるルークは、2人を追っていきます。


ここで、アドリブなのかどうなのか、移動に時間が掛かるから、
時間を稼いでおいてくれというマギルゥの囁き。
それを聞いたルークの呼びかけで再び始まる「俺は悪くねぇー!」の大歓声。
満面の笑みで「時間は稼ぎましたよ♪」というカメラ目線w


場面は再びゼロスたち4人。ここにもロクロウとマギルゥが出没。
何故か射的対決をすることになりました。より多くの的を倒した人が勝利とのこと。

しかし、ルールの穴をついたマギルゥが、術で的を全て一掃。
的は全て燃え尽き、勝ち誇るマギルゥ。勝利宣言をして、逃げていきました。
そんな2人を追いかけます。


ここで全員集合。エドナとミクリオは謎の力について確信を得ているようですが、
ルークが投げた輪投げの輪が、突然魔物に変わってしまいました。
これが謎の力の正体のようです。

攻撃を仕掛けてみますが、敵は肥大化するばかり。
ここでロクロウとマギルゥが登場し、敵に総攻撃を仕掛けるよう指示。
最後にマギルゥの秘奥義「光翼天翔くん」が炸裂しますが、
あと一歩足りず。敵も思ってたより守りが固かったようじゃ…とお手上げのマギルゥ。


と、唐突に、死角から魔物へ攻撃が炸裂。この声は…ベルベット!
なんと、ベルベットがシークレットゲストとして登場しました!これは熱いですね!
岸尾さんが「ギリギリスケジュール間に合ったんだね!」とアドリブを入れますが、
構わず魔物に攻撃。ロクロウも手助けに回り、見事魔物を撃破しました!


そしてエンディング。
優勝賞品は、ポプラおばさん特製のピーチパイだそうです。
でも、優勝賞品のはずなのに、これは全員分…?
ルーク曰く、最後に一人だけ良い思いをするのは気分が良くないじゃねーか、
というような理由だったみたいです。ルークのこういうところ可愛いですね。

最後に、TOBの3人組が挨拶。
これから仲間に加わるTOBの面々、十分馴染んでいたように思いますが、
もっともっといろいろなところで顔を出して、馴染んでくれると嬉しいですね。



ここからは、出演声優さんが一堂に会して自己紹介。

初登場のティトレイ役山口勝平さん、シング役柿原哲也さん、TOB組を中心に、
トークが繰り広げられていましたね。
シングくん、8年越しにテイフェスに来れて本当に良かったね…


このあとの「テイルズ オブ 世論調査」は、あらかじめ出題したお題に対して、
ランキングを発表するという企画。夏祭りにちなんだお題ということで、
「夏休みに冒険したい世界は?」や「射的がうまそうなキャラクターは?」、
「盆踊りが得意そうなキャラクターは?」などが挙げられていました。

射的がうまそうなキャラのお題の1位はレイヴンだったわけなんですが、
1位なのに明日出演のキャラクターであることに松風さんが苦言。
このあたりで多かった「知らねーよ!」のくだりが楽しかったです。
「知らねーよ!」の流れを忘れてた松風さんに柿原さんが優しく耳打ちしてるの可愛すぎか。

あと、福圓さんの「盆踊りのエピソード、あるひとー?」という真顔の挙手制や、
誰も手を挙げなかったからか檜山さんをわざわざ指名したりなどなど、
福圓さんのアドリブもところどころ光っていたように思いました。
綺麗な方なのに、顔芸までしちゃって…



続いて、最新情報のコーナー。

細かな内容は割愛させていただくとして、ベルセリアの最新PVは興奮しましたね。
モニターが遠かったのであまり詳細なことは分かりませんでしたが、
主題歌である「BURN」のインストアレンジ流れていましたよね!?
TOZは主題歌アレンジがなくてがっかりだったのですが、
復活してくれたようで何より!PVの内容も、かなり期待を寄せることができるものでした!



続いて、FLOWさんのライブパフォーマンス!
セットリストは以下の通り。

・BURN
・COLORS

~幕間トーク~

・Steppin’out
・GO!!!
・風ノ唄




どれもバンナムが関わっているタイトルで、アニメの主題歌ですね。
ウェーブだったり合唱だったりがテイフェスのライブでできるとは…!
FLOWさんの曲はあまり詳しくないのですが、これを機に聴いてみようかなと思わざるを得ない素晴らしいパフォーマンスでした!



最後に、出演声優の皆さんが再登場してお別れの挨拶。
ファンの胸中を察してか、絶叫ネタについて言及してくださった檜山さんや、
TOV単独イベント開催を目論む中原さん、特に悪いことしなかった松風さん、
半分しか力を出していない岸尾さん、トウモロコシシュガーなどが印象深いです。
去年杉田さんに貰ったジャケットと、鳥海さんに急遽ユニクロで買ってきてもらったパンツの話をしていた逢坂さんは殿堂入りレベルですねw



終演後、ラストの影ナレ。ラストを飾るのはH組シングとヒスイ!
こちらも、ある程度噛み砕いた内容を抜粋してご紹介。


シ「お疲れさま!ヒスイ!すっごく楽しかったよ!」
ヒ「まあ、シングにもいろいろ助けてもらったよな。でも、俺たちにはまだやることがあるぜ」
シ「そうだね、しっかりと締めないとね」
シ「ご来場、ありがとうございました。会場内でパンフレットを販売しておりますので、是非ご覧ください。また、アンケートにご協力ください」
ヒ「シングにしては上出来じゃねぇーか」
シ「そうだ、コハクにお土産を買って帰らないとね!」
ヒ「あぁ~ん!?コハクにお土産だぁ?そういうのは兄ちゃんである俺の役目だ!」
シ「まあまあ。それなら、一緒に買ってく?」
ヒ「コハクにお土産を買うのは俺だー!!」
シ「わあ!待ってよヒスイ!じゃあねみんな、バイバイ!気を付けて帰ってね!」



misonoの「Tales...」を聴きながら会場を後にします。
出演者の皆さん、お疲れ様でした!





全体を通した感想としては、円盤で見るのとは全然違うんだな~ということ。
もちろん、実際に見た方が断然楽しいですね。現地の雰囲気って大切です。


個人的には、ハーツ組がハツラツとしていてとても微笑ましかったです。
柿原さんはちょっと遠慮のようなものが見え隠れしていたように思いますが、
松風さんはだいぶ慣れてきたのかかなり積極的に会話に参加していて、
とても目立っていた印象です。

あと、檜山さんの絶叫ネタへの言及。
一時期さんざんクレアと叫ばされて、不快感すら感じていたそうなのですが、
スキットでは一切絶叫ネタは出てきませんでしたし、正統派なヴェイグでした。
絶叫ネタが恋しくなっている自分がいるというフォローも忘れない檜山さんが、
とても好きになりましたね。ティトレイの立ち位置について解説する姿も素敵でした。

スキット自体の感想としては、謎の力についての設定がガバガバだったのと、
魔物を倒す手段に対する捻りが特になかったのが少し残念。
キャストの問題もあるのですが、恒例の1人2役ネタがなかったのも残念でした。
まあ、今回のキャストだとアッシュとラザリスくらいしか該当者いないんですがね。

とはいえ、最新作であるTOBのキャラの回し方はうまいなと思いました。
ラストにベルベットを持ってきたのも衝撃的でしたね。心底驚きましたよ…。
それに、声優さんのアドリブも相まって、終始ずっと笑いっぱなしでした!



終演後は、みんなで集まって居酒屋で打ち上げ!

疲れからか途中から眠くなってしまったので、遠慮せず寝てしまいましたが、
本来であれば、もう少しいろいろなことを語らいたかったですね。
とはいえ、恒例のガチャ大会には参加することができましたよ。

⑨テイフェス2016 ガシャ結果

リンクでは、なけなしの10連でルキアさんがテイフェスリチャード!
アスタリアでは、溜まっていた雫2個目でステラさんが水着リタ!

リンクでは目当てのリチャードで、アスタリアは目当てではなかったものの、
覚醒対象のリタということで、結果は大当たりじゃないでしょうか!
ちなみに、私はルキアさんのアスタリア10連を回したのですが青止まり。
リチャードを当ててもらった手前、恩返しができなくて申し訳ない…!
水着コハクを私だと思って(?)、大切にしてください。

何はともあれ、ガチャを引いてくださったお二人、ありがとうございました!


結局、明け方まで居酒屋にいましたね。オールだった人もちらほら?
土曜日は雨でしたし、冷房もガンガン効いていましたし、
風邪など引かないよう、体調にはお気を付けください…!


簡単な挨拶をもって、居酒屋前で解散。
もがさんと共に、始発前にも関わらず横浜アリーナに並ぶ物販列を眺めつつ、
ここで皆さんとお別れ。結局一言もお話できなかった方も多かったですが、
ご縁があれば、またの機会にお話できればと思います。



以上、1日目のレポを終了とさせていただきます。
主催として30名超の参加者を引っ張ってくれたyouさんを始め、
多くの方にお世話になった濃い1日でした。どうもありがとうございました!

出演者の方もおっしゃっていましたが、来年はフェスティバル10周年。
来年も今年と同じように、皆さんと相見えることができれば幸いです。
参加した皆さん、お疲れ様でした!!またお会いしましょう!!

















ところで、今年もテンペストRの発表はなかったですね。
いったい、いつになったら発表されるんだい?



「 知 ら ね ー よ ! ! ! ! 」
21:02 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
TOP なりきりダンジョンX プレイ日記 part 6(終) | top | 横浜に来ました

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/794-ef7b53dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)