遅ればせながらポケモン20周年を祝いたい

どうも~


さて、いよいよ3月に突入ですね。
仕事もそこそこ忙しい時期に入ってきます。

そう、仕事!先日からずっと心配していた2月末の棚卸ですが、
やっぱり駄目でした!定時には帰れないし、ハプニングだらけ!
まあ、今週の業務時間を全て捧げて、なんとかなりましたけどね。
今週はゆっくり休みたいところです。


今日の本題は、少し遅くなってしまったのですが、
ポケモン20周年おめでとう!というお話。

私は現在23歳ですが、ポケモンと共に青春時代を過ごしたといっても、
全くもって過言ではありません。一緒に成長してきたという感じですね。
小学生時代はポケモンがキッカケで多くの友達ができましたし、
ミズゴロウとかの公式イラストを模写したりもしてたっけ…。

ポケモン20周年!

手元にあるのはこれだけですが、かなりのソフトを持ってました。
各世代、最低でも1つは持っていますね。

初代もリアルタイムでやってましたよ。私はピカチュウ版でしたが、
兄貴が赤緑青も持ってたので、何かのキッカケでそれらもやりました。
少し触った程度なので、そこまでセレクトバグには馴染みがなかったり。


というわけで、今回は私のポケモン歴について書こうかなと。
昔はよくポケモンの記事を書いてたのですが、最近書いてないですし、
たまにはがっつりポケモンのことを書きたいなーと思いまして。



まずは初代。前述の通り、全作品プレイしました。

最初はピカチュウ版をプレイしていたわけですが、
ハナダシティの民家でフシギダネを貰う条件が全く分からず、
ハナダシティ周辺で随分とうろちょろしていたのが印象的です。
条件は確か、ピカチュウのなつき度ですよね。HP満タンで薬を与え続ければ、
施行した数だけなつき度が上がるのを知るのは数年後のことです。

最終的にはピカチュウと御三家、オニドリル、ダグトリオというパーティでした。
面白味もカケラもないパーティですが、何回もデータを消してやり直しては、
こんな感じの似たり寄ったりなパーティだったような気がします。



続いて金銀クリスタル。
はじめて自分のお金で買ったのは銀でしたね。ちなみに姉貴は金でした。

最初は親に買ってもらったはずですが、ソフトの扱いが悪かったのか、
バグってマダツボミの塔の柱に坊主が鎮座したりと酷い有様だったので、
泣く泣く自分のお金で買い直したという苦い思い出。

クリスタルも買いましたが、この頃はポケモンスタジアムも持っていて、
そこで使うリトルカップのポケモン(レベル5以下の未進化ポケモン)を育て、
戦わせることに力を注いでいました。
エレキッドにれいとうパンチなどを覚えさせて喜んで使っていました。



続いてルビーサファイアエメラルド。
自分の足でソフトを買いに行ったのはルビーが初でした。
ちなみに姉貴はサファイア。

後にルビーは大して仲が良かったわけでもない友達に持ち逃げされますが、
発売日からかなり経ってから買ったということもあり、
そこまで熱心にはプレイしていなかったような気がします。
好きだった金銀ポケモンの一部がいないのも原因だったと記憶しています。

エメラルドも当然買いましたが、ルビーの時の無気力さが嘘のように、
恐らく歴代で一番やり込んでいたのではないでしょうか。
私が努力値という隠しステータスを知ったのがこの頃だと聞けば、
何故やりこむことになったかは想像に容易いでしょう。
きょうせいギブスを持たせてポチエナ大量虐殺は楽しいゾイ!(楽しくない)



続いてファイアレッドリーフグリーン。
はじめて図鑑を完成させたのがファイアレッドでした。

ファイアレッドは何が楽しかったって、やはりナナシマの存在ですね。
作中でルビーとサファイアを探し出すことでRSEと通信交換が可能というのが、
なかなか素敵な演出だなと子供心に強く感じていました。
RSEにいなかった一部金銀ポケモン再登場も熱かった!

当時、RSEとFRLGをもってしても本当は図鑑完成には至らないのですが、
この足りない分を補完すべく登場するのがGCのポケモンコロシアム!
このソフト限定だった金銀御三家やヨーギラスを手に入れた当時のミストさんは、
タマゴを作りまくって近所の子供や友達に配り歩いていました。
…人生で一番祭り上げられていた時期ですね。かなり恥ずかしい思い出ですが。



続いてダイヤモンドパールプラチナ。
私はパール、姉貴はダイヤモンド。この頃からタマゴ技に目覚めます。

秘密基地に随分ハマっていましたね。
RSEでもそれなりにハマっていたのですが、友達とよく競って楽しんでいました。
友達との対戦用のポケモンを育成し始めたのもこのあたりから。
ロトムにじしんを放つようなオマヌケでしたが。



続いてハートゴールドソウルシルバー。
私はソウルシルバー、姉貴はこの頃からポケモンに飽きたようです。
この頃から、600族ややどみがなどのワードに理解を示しだします。

なんといっても、全ポケモンの連れ歩き可能が斬新で好きでしたね。
ピカチュウ版スタートの私は連れ歩き復活に涙を流したものです。

あと、リメイク前の作品を随分やりこんでいたこともあって、
ピカチュウ版しかろくにやっていなかったファイアレッドと違って、
昔との相違点を噛みしめながら楽しむことができました。



続いてブラックホワイト。私はホワイトを買いました。
この頃から、知識として持っているだけだった努力値を本格的に意識し、
せいかくもできるだけ妥協しないようになってきます。

なんといっても、クリアするまで新ポケモンのみというのが良かったですね。
元々いたポケモンの偽物みたいじゃねーか!と思うポケモンもちらほらいましたが、
初見のポケモンのタイプを予想しながら恐る恐る攻撃してみたり、
そういう違った楽しみが味わえて良かったです。
ただ、進化石がブラック限定でしか手に入らなかったのは未だに許していない。



続いてブラック2ホワイト2。
私はホワイト2で、何故か兄貴が急にブラック2を買ってきました。

今作は旧ポケモンが野生に大量に追加されていて、
一つのくさむらに登場するポケモンの種類がやたら多かったですよね。
そのおかげで旅パの選択肢がかなり広がったので、誰を使うか随分迷いました。

ただ、この頃は私にとってかなりの倦怠期。
ジョインアベニューなどはやり込めば絶対にハマった要素だと思うのですが、
ほとんど繁栄することなく終わってしまいました。
なんで倦怠期だったのかはよく覚えてないです。



続いてXY。私はYを購入しました。
この頃から、せめてすばやさだけでも個体値を31にしようとし始めます。
とにかく、1V以上を目指すようになりました。

初の3Dということで、随所に頑張りが垣間見えていましたね。
初代御三家を序盤で貰えるというのは憎い演出だなと思いました。

メガシンカが登場したのもここからでしたか。
クチートなどはメガシンカではなく通常の進化をしてほしかったものですが、
これで対戦の幅が良くも悪くも広がったのは事実ですよね。
革命的なアイデアだと思いつつ、一抹の不安も覚えていました。

まあ、私は対戦よりもきのみの突然変異探しに明け暮れていたんですけどね。
発売当初はチイラのみなどが突然変異の繰り返しで手に入ることが判明しておらず、
未知なるきのみを求めていろいろな組み合わせにチャレンジしてました。
はじめてカムラのみが出来た時の喜びはひとしおでしたね。



続いてオメガルビーアルファサファイア。私はオメガルビーを買いました。
この頃から、ゲームミュージックというものに目覚めます。
彼岸花をバックに戦うミツル戦の曲素晴らしいんじゃあ~^

時間が満足に取れずにあまりやりこめてはいないのですが、
オープニングのゲームボーイSPを模した演出だったり、
オリジナルのドットを使った演出があったりが素晴らしかったですね!
リメイクとしては正直全くの別物ですが、これはこれで良かったです。




長々と書いてきましたが、私のポケモン歴としてはこんなところです。

不思議のダンジョンやその他外伝などはほとんどやっていません。
やりたいなーと思ったことは何度もあるのですが、
昔は外伝に抵抗があったみたいです。今は特にないですけどね。


ともあれ、20周年を迎えたこの年、新たにサン・ムーンが発売予定、
そしてポケモンGOが水面下で着々と進行しています。

どちらも楽しみですが、全貌が全く見えてきていないので謎ですね。
もちろんどちらもプレイするつもりですが、私はこのワクワクが好きなので、
情報を小出しにしてもらって、いろいろと考察したいですね。


というわけで、ポケモン!20周年おめでとうございます!
これからも一緒に歩んでいきます!
19:23 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
テイルズ オブ アスタリア 2周年"超級"感謝祭に当選しました | top | TOP なりきりダンジョンX プレイ日記 part 2

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/769-eeb442f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)