ポルノグラフィティ 14thライヴサーキット"The dice are cast" in 横浜アリーナ(12/15)

どうも~


さて、今回のお話はタイトルの通りなのですが、
ポルノグラフィティのライヴツアー「The dice are cast」に参戦して参りました!

ポルノグラフィティのライブとしては2回目の参戦になりますね。
だいぶ、久しぶりの参戦となりました。


今回の相方は、ポルノのライブといえばおなじみ、LAMPさんです。

最初にご一緒したつま恋以外は、全てLAMPさんからお誘いいただいて、
付き添いのような形での参戦という形になっていますからね。
まあ、つま恋も、チケットを取ったのは私じゃないんですが!!


というわけで、まずはライブ前後のことについていろいろ書いていきます。
ライブ内容についてはネタバレになるので、追記という形になります。
LAMPさんは既にブログにまとめていらっしゃるので、そちらも興味があれば!





当日、新横浜駅に11時半で待ち合わせをしていた私たち二人。
今回のライブは横浜アリーナですから、ここが最寄り駅ですね。
新幹線が止まる駅でもあるので、待ち合わせとしては最良の場所なわけです。
横浜アリーナまで徒歩数分で着くし!


まず朝はというと、すっきりとしたとても良い目覚め!
寝坊という最悪のケースだけは避けられましたね。

今回は火曜日ということで平日のライブだったわけですが、
普段は慌ただしい平日の朝をゆっくり過ごすというのは気持ちいいものです。
これが、のちに慢心の元となることをこのときミストはまだ知らない。


余裕を持って優雅に朝食をとり、事前に調べてあった電車の時間を確認し、
今から行けば10分前には着くな…と呟きながら、身支度を済ませて悠々と外出。
まずは、新幹線に乗る駅に向かうための電車に乗り込みます。

…あれ、電光掲示板に書いてある電車の発車時間おかしくない?
現在時刻と同じ時間が書いてあるんだけど??んん??www


はい。というわけで、電車の時刻を10分勘違いして記録しており、
きっかり10分前行動をしてたおかげで、目の前で電車が出発しました。つらい。

残念ながら、後続の電車は15分後。乗るつもりだった新幹線には間に合いません。
偶然にもLAMPさんも同じくらい遅れていたようなので良かったですけれども、
こんなミス、仕事でも起こしてたら世話ないですね。気を付けます。


新横浜駅で12時頃、予定通りに合流した我々は…
え?いや、二人とも12時頃着いたんですから、予定通りですよ!
最初からこうする予定だったのさ…


もうすっかりお昼時の時間だったので、まずは腹ごしらえ。

横浜アリーナにはこれまで何度も赴いていますが、考えてみれば、
横浜アリーナ近郊を巡ったことがなく、どんなお店があるのか知らない我々。
まあ、こういう場所には何かしらあるだろうと楽観的な気持ちで散策することに。


良かった、すぐ近くに五右衛門がありました。
名前だけは聞いたことがあったのですが、確か麺類を取り扱うお店ですね。


The dice are cast 昼食

いただいたのは、やたら長い名前のパスタ。名前は忘れました。
広島のカキが入っているということで、ポルノのお二人にちなんで注文しました。


そこでは結局、1時間くらい雑談をしていたでしょうか。
ポケモンの奥の深さやスマブラのこれからの話、テイルズの話など、
二人が共通して好きなゲームの話で盛り上がりました。

今までじっくり話す機会がなかったので、こういうのも悪くないですね。
こういう集まりだと、カラオケに集まってわいわいすることも多いのですが、
カラオケではこういう話はできないですからね。たまには良いものです。


時刻は13時頃。ライブの開場は18時、開演は19時なので、
まだまだ時間があります。どこかで時間を潰さないといけませんね。

どこかでゆっくりゲームをしようという話になったのですが、
喫茶店などでは、ゆっくりするのはまだしもゲームをするのはかなり場違い。
こんな都会のどこでゆっくりゲームをするのか…あ、カラオケがありましたね。

というわけで、ゲーム目的でカラオケに突撃します。カラオケはしません←


何をするかというと、ちょうどカラオケに向かう途中、
これまた共通の好きなものであるゴッドイーターのアニメの話をしていたので、
その流れでゴッドイーターのマルチプレイをすることに。

リザレクションは私の方はほとんど進んでいないのでレイジバーストで!
といっても、レイジバーストもまだ途中だったわけですが、
行きの新幹線で暇だったので、かなり進めておいたのです!


というわけで、今回は私のストーリー進行を付き合ってもらうことになりました。
ストーリー終盤の、離反したあの人を止めに行くあたりですね。

LAMPさんは既にクリアしていらっしゃったということもあり、
このあたりの敵はもはや敵じゃないですね。ちぎっては投げですよ。
倒すのが早すぎて、増援待ちの時間すらありましたw

GE2RB 協力プレイの珍事

酷かったのは、画面外から登場するアラガミを待ち伏せしていたら、
画面外から出てこなくなってしまい、武器の先端でちまちま攻撃していたら、
そのまま倒してしまったこと。水上で横たわるシュールな画像が撮れましたw


GE2RB 2本編終了

2時間くらいずっとプレイしていたんですかね。
2部分のストーリーが終わったので休憩。まだ1時間くらいあります。

残りの時間は、お互いのゲームを見せ合ったりということをしまして、
LAMPさんからはプロジェクトクロスゾーン2を見せてもらいました。
TOVのユーリとフレン、エステル、ゴッドイーターからシエルやナナもいます!

前作は体験版だけ触れて、自分には合わないと切り捨ててしまったので、
見る機会はないと思っていたんですよね。これだけ見ると魅力的ですけど、
やはりスルーですかね。まあ、ゲームにも向き不向きがありますから…


私からはテイルズオブリンクとテイルズオブアスタリアを。
ソシャゲはやったことがなく、どういうものか興味があると言ってましたからね。

アスタリアは戦闘を見せるには少々地味なので、主にリンクを見せていました。
昔、会社の同僚に同じように二つとも見せたら、
「このアスタリア?ってゲーム、すげーつまらなそう」って言われましてね…
ちょっとそのトラウマが頭をよぎってしまって…


暗い過去はさておくとして、最初は高難度クエストを見せてしまったので、
かなり敷居が高く、難しいという印象を与えてしまいましたが、
簡単なイベントでは、戦闘のテンポの良さに興味を示してもらえました。
LAMPさんの好きなリタの秘奥義もお見せできて良かったです。


まあ、私個人としてはとても楽しくプレイしているゲームではありますが、
いざ人に勧めるとなると、結構否定的なことを口にしてしまいますね。
自分でもビックリしましたが、「決してオススメはしない」とまで言い切りましたからね。

まあこれはリンクアスタリアに限らずソシャゲ全般に言えることで、
時間に縛られますし、ガチャという課金への誘惑が常に隣り合わせなので、
そもそも人に勧めるようなものじゃないんですよね。


そんなこんなで残り30分。お互いのゲームも尽きてきたので、
少しくらいは歌おうということになりました。LAMPさんはカラオケが苦手なので、
私だけが歌います。せっかくなのでポルノ漬け!

実は、我々が黙々とゲームにいそしんでいる最中、
隣からはポルノの曲がひっきりなしに流れていたんですよね。
恐らく、我々と同じライブまでの時間つぶしにカラオケに来たのでしょうが、
せっかくなので、彼らがいるうちにポルノを歌えば良かったですね。

ちなみに歌ったのは、オー!リバルとMONSTER、エピキュリアン、
ポルノグラフィティメドレー1というラインナップ。メドレー2もありましたが、
メドレー1と楽曲がほぼ被っているという体たらくだったので歌いませんでした。

思えば、もう少し、今回のアルバムの曲を歌っても良かったですね。
まあ、歌えるレパートリーが少ないのでどうしようもないのですが!



ここでカラオケから脱出。ようやく、ライブの時間が近づいてきました!

といっても、開場まではあと1時間。物販を買ったりして時間を潰します。
今回購入したグッズはこちら!


The dice are cast 購入グッズ

今回のツアーのフェイスタオルと、キーホルダーですね。
どんなライブでも、タオルとキーホルダーだけは欠かしません。
というか、行く先々でキーホルダーを買うせいで、だんだん邪魔になってきました。


キーホルダー増えすぎ問題

大別すると「いきものがかり」と「ポルノグラフィティ」、そして「テイルズ」。
ポルノのライブに行くなら、ポルノのキーホルダーだけでいいですね。


ちなみにキーホルダーのモデルは、"3さい"シリーズシングルのキャラクターで、
「見んサイ、聞きんサイ、歌いんサイ」がテーマということで、サイです。

このキーホルダー、実は光るんですよ。

The dice are cast サイのLED

非常時にあると便利そうですね。非常時に近くには置いてないでしょうが。



開場の時間になったので入場。
既に人がごった返していました。いつ見ても壮観ですね。

The dice are cast 人混み


今回の席は「A6列、6番」のアリーナ席ということで、ス
テージからかなり近い場所!

横浜アリーナ アリーナA

上記画像の赤丸あたりです。サイドステージのすぐ近く!
こんな近い場所で見られるだなんて喜びが隠し切れません!


ここからはライブ本編の内容になるので後ほど追記にまとめるとして、
ライブ後のことを少々。


ライブが完全に終了したのは21時40分頃。

開演が19時と普通のライブより遅めだった為に新幹線の時間まで猶予がなく、
かなり慌ただしく横浜アリーナを出発。
新横浜駅まで早足で向かい、軽食を買ってすぐさま新幹線へ。

本当は夕食をご一緒したかったところですが、
今回は致し方ありません。
LAMPさん、お誘いいただきありがとうございました!


帰りの新幹線内ではうつらうつらとしながらゲームなど。

特に面白いこともなく目的の駅に到着したので降りようとすると、
何やら視線を感じる…ま、まさか!!

まあ、期待するようなまさかはなかったのですが、こちらをやたらと見ていたのは、
小学校から高校までの同級生で、今も親交のある友達でした。男です、はい。

土曜日から千葉のあたりで何かイベントがあったらしく、
スーツケースとお土産で持ち物だらけの装いでした。
火曜日の真夜中の新幹線で居合わせるってどんな偶然だよと談笑しながら帰路へ。

駅からはタクシーで帰るつもりだったという彼を車で送り届けてあげたので、
駐車場代1,500円のうち、お礼として1,000円を払ってもらいました。
タクシーで帰ると3,000円はするというので、お互い良いこと尽くめですね!



というわけで、無事今回のライブも終えることができました。

翌日の仕事中は眠くて仕方なかったですが、そんなことは抜きに楽しかった!
それだけで、今回は行った価値がありましたね。


では、追記にはライブ内容についてまとめていきたいと思います。
ネタバレ注意です。



開演時間が近くなると、スクリーンにあの3さいが映し出され、
恒例?のお客さんいじりが始まります。

今回は追加公演1回目なのですが、本編ではなかったそうで!
ちょっとラッキーでしたね。


いじりの内容としては、ランダムに指名されたお客さんに対して、
「カメラに向かって決め顔!」とか「彼女に対して求愛のダンス!」とか、
いつも通りメチャクチャでしたねw

あと、こちらも恒例なのか分かりませんが、警備をしていた会場スタッフも餌食に。
「彼女はいるの?」と聞かれて控えめにこっくりと頷くあたりリアルでしたねw
彼も求愛のダンスを要求されていましたが、仕事中ということもあってか、
かなり控えめなダンス。良くも悪くも、思い出になったことでしょう!!


いじりの他に、クイズもありましたね。
晴一さんの出身地である広島県の因島市は、今はどうなっているかという問題。

3択で、正解は「尾道市に編入された」というものだったのですが、
選択肢の中に「晴一の私有地になった」とあって思わず笑ってしまいましたw
案の定、お客さんの回答は私有地が一番多いしw

しかし、こういう問題って晴一さん自ら考えているのでしょうか?
だとしたら一層ファンになりそうですw


最後は、「ポルノ」コールでライブ前の声出し練習。

最初は普通に声出しをしていましたが、
だんだん「昭仁を叱るように」などと指定してきて、みんな戸惑っていましたねw
この演出は、次回以降のライブではお蔵入りかな!!


いよいよ本番。隠されていたステージがベールを脱ぎます!


01.ANGRY BIRD

今回のツアーで引っ提げているアルバム「RHINOCEROS」でも1曲目のこの曲。

カッコいい曲ですよね。サビの「Wow」の部分は思わず一緒に歌っていました!
1曲目からボルテージマックスです!


02.俺たちのセレブレーション

サビの「丸い月が~」の時に、みんなが手で月を作っていたのが印象的。

でもこんな振り付け聞いてない!恋するウサギちゃんはちゃんと練習してきたのに、
まさかこんな伏兵がいるなんて…!完全に不意を突かれました。


03.Stand Alone

ここはアルバムと同じ流れですね。盛り上がる曲3連続!
一部、手拍子に不規則なところがあったので、少々苦戦しました。


04.ポストマン

自転車のベルのような音が聞こえてきました。
実は、この曲はほとんど聞いたことがなかったんですよね。


ここでMC。

「わしらがポルノグラフィティじゃあ!」

というお決まりの掛け声!これを聞くとライブに来たなーと実感しますね。

MCの内容としては、追加公演が出来て光栄だということ、
本編以上の内容にしていくよ!といった話だった気がします。
年の瀬の忙しい時期に来てくれてありがとう!みたいなことも言ってました。


昭仁さんの「男ー!」「女の子ー!」 という掛け声もここだったでしょうか。
男の掛け声が予想以上に多かったからか、

「男こんなにおるん?ちょっと引くんやけど…」

みたいなことを冗談めいた感じでおっしゃっていました。
確かに女性ファンが多いイメージではありますが、会場は男もかなりいましたよ!


晴一さんの方はというと、同じく掛け声ではあるのですが、

晴「横浜アリーナー!!」  客「横浜アリーナー!!」
晴「横浜アリー…?」  客「ナー!!」
晴「よ…?」  客「こはまアリーナー!!」

という謎の掛け合い。一発で合わせちゃうファンの皆さん最高ですね!


あと、今回のツアーから参加しているというドラム?の桑迫さんの紹介。

アリーナははじめてだそうで、緊張気味のラップを披露してくれました。
緊張していたのを昭仁さんに見抜かれて突っ込まれていましたね。
あ、完全にいじられキャラだこの人!!


05.ソーシャル ESCAPE

手拍子がはっきり聞こえる曲なので、お客さんの手拍子が映えていましたね。
こちらも手拍子がしやすくて助かります。とても心地よい気分で聞いていました。


06.ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~

手拍子もなくなり、一気にしんみりとした雰囲気に。

ライブといえば盛り上がる曲というイメージが強いとは思いますが、
こういうバラード系の曲は、耳を澄ますといろいろな音が聞こえてきて、
とても良いものだなと思います。バランスが大事ですね。

ラストサビの「甘い幻」の部分は、本当に囁くような声量でした。
聞き取りづらいレベルの声量だったので、かなり意識を集中させて聞いていましたw


07.ジョバイロ

ここに来てジョバイロ!
まだアルバムの曲が続くと思って油断してました…!

これは手拍子がちょっと複雑というか、いつも一発ではうまくいかないんですよね。
いい加減、一発でできるようになりたいですね。


08.螺旋

アルバムは事前に聞きこんでいたのでイントロは分かったんですけど、
途中はちょっとアレンジが強め?だんだんなんの曲か分からなくなってました。

インスト曲なんですが、晴一さんのギターが映えますね。
ここまで長くギター演奏だけ聞くことはなかったので新鮮でした。


09.ミステーロ

アルバムのラストの曲なので、今回もラストに来るのかなと思っていましたが、
ここでもアルバム通りの曲順で来ましたね!

ところどころ、手を振るべきなのか、手拍子するべきかと迷いつつ聞いていました。
こういう時間は正直無駄なので、周りに合わせてすぐに反応すべきだったのですが、
同じ心境の人が多かったのか、終始曖昧でした。


10.バベルの風

この曲はイントロがカッコいいんですよね!
やたらとステージが光っていたのが印象的。


11.AGAIN

このあたりからだんだん、おとなしめの曲が続きます。

サビ終わりの「AGAIN~」というところが好きなのですが、
ライブでも力が入ってましたね!こういうのを生で聞けると本当に感動します!


ここでMC。

これまで連続で歌い続けてきたので、次は少しリラックスして聞いてほしいと。
昭仁さんもおっしゃっていましたが、確かにハイカロリーな曲が多かったですからね。


12.メリッサ -アコースティックver.-

聞き慣れているこの曲も、アコースティックになると随分と印象が変わるものです。
180度、まったく違う曲に仕上がっていましたね!新鮮でした!


ここでMC。

この季節にぴったりの曲を演奏したいといったことをおっしゃっていました。
ファン歴の短い私としては、「ゆきのいろ」あたりなのかなと思っていましたが…


13.Hard Days, Holy Night -アコースティックver.-

申し訳ない、ほとんど聞いたことのない曲でした。タイトルは知ってるんですが…
クリスマス風の3さいが画面に映し出されていたのはよく覚えています。

あと、英語の歌詞の部分は一緒に歌うよう促されたのですが、
曲を知らない私はまったくついていけませんでした。
勉強不足を実感させられましたね…


14.Hey,Mama

ここでアルバムの曲に戻ります。
晴一さんが終始歌っているという珍しい曲ですね。

観客の笑い声が聞こえたので、ファンの間ではネタ曲なのかと思ったのですが、
大真面目な曲で良いんですよね?かなり反応に困ってしまいましたが、
晴一さんがこんなに歌ってるのははじめて見たので貴重な体験でした。


15.wataridori

手拍子等がない曲が続き、じっくりと聞かせに来ていますね。

スクリーンに、窓越しの雨や夕焼けなどが映し出されていて、
曲の情景を思い浮かべながら聞き入っていました。


16.瞳の奥をのぞかせて

意外な選曲でした…!
しかも、なんですかこのアレンジ…!!

オーケストラ調とでも言うのでしょうか。
とても壮大で、心に響くアレンジでした!
今回のライブで一番良いなと思ったのは間違いなくこの曲です!!


17.サウダージ

おなじみのサウダージ!何度か生で聞いていますが、やはり良い!
劇的なアレンジはなかったと思いますが、改めて良い曲だと再認識しました。


ここでMC。


最初の方で言っていたような気もしますが、
昭仁さんが、横浜アリーナとの思い出を語ってくれました。

過去の公演で、声の調子が悪くて困っていたことがあり、
各方面からのアドバイスで、ニンニク注射を受けてライブに臨んだという昭仁さん。

ただ、ニンニク注射には個人差があって、昭仁さんにはイマイチ合わなかったらしく、
結局、声はあまり出せず、反対に身体だけはニンニクのおかげで元気だったから、
普段よりもたくさんステージを走って、ニンニクの臭いだけ振りまいて帰ったというエピソード。


なんというか、アーティストならではのエピソードですよね。
到底マネできないスケールのでかいエピソードだなとむしろ関心してしまいました。


18.Century Lovers

待ってました!ポルノのライブといえばこれ!
これを楽しみにしてたんですよ!

やっぱり、ライブは観客も一緒に声を出せる曲が良いですね!
思いっきり叫びました!昭仁さんの盛り上げ方も相変わらずうまい!


そうやって思いっきり歌っているところで、会場スタッフが巨大サイコロを投入。
すぐ隣に通路があったので、うち1個はそこから投げ入れられたのですが、
残念ながら、むしろステージに近すぎた故にサイコロには触れられず…!
サイコロ回収時にすこーしだけ触れましたが!


19.Mugen

ここでこの曲が聞けるとは意外!
…さっきから意外ってばっかり言ってますね。

この曲は、Oh~のところを一緒に歌えるところもさることながら、
サビ前にタイミングよく腕を上げるのがとても楽しいです。


20.Good luck to you

間奏の晴一さんの演奏が印象的。
CD音源でもカッコよかったんですから、生は当然カッコいいです。

テープが発射されたのはここだったでしょうか。
周りで会場スタッフさんがそわそわしてたので予感はしてましたが的中でした。
金テープを2枚ゲットして、LAMPさんにもお裾分けできました!


21.Ohhh!!! HANABI

今回のアルバム曲で一番楽しみにしてました!
イントロが聞こえた瞬間、思わず興奮してしまいましたよ!

なんというか、ライブ向きの曲ですよね。
始まってすぐに昭仁さんがタオルを掲げていたので、
サビでは思いっきり振り回しました!


そして!この曲の演奏途中、昭仁さんと晴一さんが同時にこちらのステージへ!
本当に、手を伸ばしたらもうすぐそこというところまで来ていました…!
この瞬間だけでも、来た価値がありましたね!


22.オー!リバル

いやあ、焦らしましたねえ。
もしや今回はやらないのかと心配していましたが、ちゃんとやってくれました!
歓喜の声を上げている方もちらほらいらっしゃいましたね。

手拍子が少し難しかったですが、オレオレーオーとみんなで大合唱したり、
「Ohhh!!! HANABI」とこの2曲の繋ぎは一番盛り上がりました!


ここで本編は終了。

メンバーがステージから去ると、間髪入れずにアンコールが。
前回も思いましたけど、アンコール早すぎじゃないですかね…?

前回はアンコールから再登場までかなり長かったので休憩していると、
比較的すぐに出てきてくれました。帰りの時間を考慮してくれたのでしょうか。


ここでMC。

追加公演だし、もうかなり踊ったけど、まだこのワシに踊れと言うの?と昭仁さん。
ノリノリの観客を見て、「分かったよ、やるよ」と諦めたような反応。
言い方が子供っぽくてかわいかったですねw


EX 01.スロウ・ザ・コイン

確か、最近のシングルのカップリング曲ですね!
名前しか知らなくて申し訳ない気持ちです。

ただ、演奏前の元旦の話を聞いて、ピンときたファンの方もいたようで、
演奏前から思わず声が漏れている方も。


ここでMC。

メンバー紹介をしていましたね。

ストリングスの4人を紹介し、紹介後、4人はステージを後にしますが、
NAOTOさんにだけ、昭仁さんが何やら耳打ちをしていましたね。
観客もなんだなんだとざわつきます。


とここで、ライブの終わりが近いということを宣言する昭仁さん。
当然のように、客席からは「えーー!!」という声が漏れます。

でも、その「えーー!!」という感想も出なくなるくらい、
ここから更に満足行く内容になっていくようです!
こんな前振りされたら、期待せずにはいられません!!


EX 02.ジレンマ

おなじみ、各メンバーのソロパートを堪能できるこの曲!
NAOTOさんのブリッジバイオリンは圧巻でした…!
他のメンバーも、それぞれ個性があって、見ていて飽きません。



名残惜しいですが、ここで本当にライブは終了。

最後は全方面に手を振ってくださり、深々とお辞儀。
マイクなしの肉声で最後の挨拶をし、本当の本当に終わりです。

ポルノグラフィティのお二人、サポメンの皆さん、お疲れ様でした!
本当に、素晴らしいライブでした!いちファンとして、お礼を言わせてください。
ありがとうございました!!!


21:52 | 音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2015年の備忘録 | top | GE リザレクション プレイ日記 part 1

コメント一覧

#
先日はお疲れ&ありがとうございました!
社会人としてはなかなかに厳しい日程だったと思うんですけど、
一緒に行っていただけて本当に感謝しているのですッ!
翌日は大丈夫でしたか?仕事中に寝たりしませんでした?(

GE2RB、手加減せずにアラガミを殲滅して申し訳なかったですw
で、でもまぁ2本編のほうはもうやっていますもんね!
RBのほうはじっくり楽しんでください…しかしRもありますから、
ある程度急がないと、また積みゲーになりそうですね…w

PXZはほんとに…原作再現度は満点ですし、
クロスオーバー度も満足できるのですが、システムが単純すぎて、
戦闘がワンパターンすぎるので…僕もオススメはしませんw
動画サイトで攻撃とか必殺技を見て満足するのが良いと思います(

テイルズのソシャゲについては、どちらも面白そうだとは思いましたが、
やはり軌道に乗ってくるまでつらそうだな~と言う印象でしたw
好きなキャラにこだわらなければ、すぐ軌道に乗れるのかもですけど…
ちなみに、リタにゃんは最初のリセマラで出るんです?(

…あれ?ミストさん、やっぱりポルノさんのライブ、
一緒に行ったのって3回じゃないです?LEMF1999の静岡公演と、
惑ワ不ノ森の横浜公演と、今回のライブ!
自分の参戦回数も曖昧なので、合っているか微妙ですけど…w


俺セレの丸い月は、僕も前回の公演で「え、聞いてないんだけど!」
ってなりましたw惑ワ不ノ森のときはライブ初披露でしたから…
その後に新しい振り付けが追加されることは、良くあるのですよw
Mアワの変な踊りも、最初はなかったらしいですからね~。

カップリング曲については、ファン以外はあまり知らないでしょうし、
分からなかったとしても仕方ないと思いますよ~!
…あれ、でももうファンですよね!それならこれからお勉強しましょw
ちなみにポストマンはギフト、Hard Days, Holy Nightは愛が呼ぶほうへ、
スロウ・ザ・コインは俺セレに入っているのでよろしくお願いしますw
LAMPさん | 2015/12/27 17:43 | URL [編集] | page top↑
# コメント返し
>LAMPさん


お疲れ様でした!
なんだかんだ寝る時間はいつもと変わらなかったので、
大して仕事に影響はありませんでした!
LAMPさんこそ、仕事中に寝てないですよね?→


アラガミ、ちょっとかわいそうでしたねw
2本編はスムーズに進めたかったので、むしろ助かりました!

レイジバーストは時間をかけてじっくり楽しみたいなと。
リザレクションは…なんとかなるでしょう!←


ソシャゲについては、直接も言いましたが、
本当にオススメはしませんw
リセマラでもリタっちは出ますけど、
ガシャの母数が多いので、リタっち一点狙いだと、
リセマラ終了まで何日掛かるか分かりません!!


あれ?そうだ3回!3回です!
惑ワ不ノ森が2人じゃなかったからか、
すっかりライブ回数から抜けていました…!

振り付けは日々進化してるんですね~
おなじみの振り付けで盛り上がるのも良いですけど、
こういうのも必要だと思います!

アルバム曲は聴けばある程度は分かるんですけどねえ…
カップリング曲については…頑張りますw
ミストさん | 2015/12/29 01:55 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/758-29781fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)