小説「テイルズ オブ ザテンペスト 嵐の章」を購入

どうも~


さて、5月も半ば、憂鬱になりがちな時期ですね。

仕事の方も少しずつ落ち着き始めてはいるのですが、
まだまだ毎日が師走のような気分です。
7月くらいまでは辛抱ですが、毎日一生懸命過ごしていきたいなと思います。


今日の本題ですが、珍しくこんなものを買ってきましたよ。

テイルズ オブ ザテンペスト 表紙

タイトルの通り、テンペストの小説です!
ゲーム内の物語を文章で追っていくものですね。


トライバースを考察する上で是非とも欲しいものだったのですが、
CD集めと並行して約1年以上行ってきたブックオフや古書店巡りの末、
先日ようやく見つけました!


アマゾンなどで注文すれば良いと思うかもしれませんが、
私は現地調達派でしてね。実際に出向いて陳列された商品を見るのが好きなんですよ。
まあ、この「嵐の章」は上巻であり、下巻「輝きの章」は見つからなかったんですけどね…。


ともあれ、一通り読み込んだので、簡単に感想を書き留めておこうと思います。
まず一言、簡潔に感想を言わせてもらうと、
評判通り素晴らしいものでした!


とはいえ、前述の通りこれはまだ上巻であり、
ゲーム内のストーリーで言うところのラムラスとの別れまで。

まだ下巻が残っているので全体としての評価はできない状態ではありますが、
著者である金月龍之介さんの世界観への解釈や理解、
それに対しての表現力、人物の内面描写が素晴らしいと感じました!
ゲームのストーリーを大幅に曲げているわけでないのも高評価。


また、あとがきで金月さんもおっしゃっている通り、

「このシーン、このキャラはこんなことを思ってたんだ!」

と気づかせてもらえるのが小説の強みですよね。
私も一時期小説の魅力にハマって小説を読みまくっていた時期がありますが、
久しぶりに小説の魅力を再発見させてもらって良かったです。


特に、フォレストの過去が描いてあったのが貴重でしたね!
ゲーム内ではティルキスに従順な付き人、というイメージが強かったフォレストですが、
昔は荒れていたとかいう設定を聞かされてもピンと来なかったんですよね。
フォレストのレイモーンの民としての誇りを垣間見れたのは良かったです。

その他、アーリアとアルバートの関係や、
リロイ司祭やバージェスといったゲーム内では語られなかったキャラについてなど、
細かく掘り下げてあって満足の行く内容でした。


テイルズ オブ ザテンペスト 描き下ろし
テイルズ オブ ザ テンペスト 挿絵

描き下ろしのイラストや、幕間に挿絵があるのも良いですね!
フォレストさんだけいないのは非常に遺憾ですが、下巻にあるのよね?
ロミーの挿絵があるという話は聞いたことがあるので、そちらも下巻かな?

新しい挿絵も期待しつつ、下巻もなんとしても入手したいと思ってます。
しばらく書店を探してみて、なかったらアマゾン等で妥協しますかね…。




最後に…トライバースについて収穫があったのかと言うと、
全くないとは言いませんが、そこまでありません。


気になったのは、トライバースの魔物と思われる「スポット」は、
硫黄のような臭いを放っているということ。
そして、スポットは形を失っても、また群れ集うことで実体を再構成するが、
ラムラスの強烈な一撃を喰らった際は、空気に溶けて消えた、ということ。

イノセンスRやハーツRに登場するゲートの門番に対しては、
最初はルカやシングたちの攻撃が全く通用せず、
コンウェイやガラドが物理法則を合わせる術を敵に放っていました。
これはもちろんテンペストでは行われていないことですが、
テンペスト世界の人の攻撃は、やりようによっては通用するんですよね。

ゲーム内でルキウス(スポットに侵されたロミー)が言っていたような、

「この世界(テンペスト)が異世界(トライバース)と接近している時期」

というのが関係あるんですかね?さっぱり分かりません。
世界が接近していれば物理法則も近くなるってこと?


また、100年も昔にあった獣人戦争、結果的に世界の覇権が獣人からヒトに移り変わる、
歴史的に重要な事件ですが、元々獣人が優勢だったにも関わらず獣人が敗れたのは、
ある日突然、『かくして門は開き、レイモーンの都は死に覆われた』から。

開いた門というのは、ゲーム内で「生命の法」と呼ばれている儀式でしょうね。
ゲーム内でも少し語られていたことですが、より詳しい内容を知ることができました。


その他、ゲームで語られないのは勿体ない話がたくさんあったので、
このあたりの設定がテンペストRでも生かされることを願ってます!
下巻を入手したら、また感想を書きたいと思います。
17:44 | Days | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
最近のソーシャルゲーム近況 | top | おんがくの ちからって すげー!

コメント一覧

#
お、ついに買ったんですな。
ロミーのイラストは下巻やでぇ・・・。
マイケルさん | 2015/05/16 18:44 | URL [編集] | page top↑
#
アスラを主人公にした小説を出してほしいですね
Iは前世のことは断片的で時系列もバラバラ
なので1冊の本にしてまとめてほしいです
最悪の場合ミストさんが
ネット連載にしてかくというのは
どうでしょうか?←何いってんだコイツ
名無し様さん | 2015/05/17 11:41 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。ゼスティリアの評判が悪そうですね。

さて、テンペストの小説版、まだ私も読んだことがないですが、イノセンスRのように小説版の内容が今後登場するリメイク版に採用されるといい感じになりそうですね。

私もブックオフや中古本屋を巡る旅が好きで、テンペストの小説版を買うときにはそうしようかと思います。
テンペストリメイクさん | 2015/05/20 00:48 | URL [編集] | page top↑
# コメント返し
>マイケルさん

遂に買ってきました!
まさかこんなに遅くなるとは思ってもみませんでした…。

今と同じ方法では下巻がすぐに見つかるとも思えませんが、
ロミーの挿絵も見たいですし、なんとしても入手する予定です。


>名無しさん

前世の話は確かにほとんど語られてないので、
掘り下げられるなら是非やってほしいですよね。
Dの天地戦争時代しかり、Sの四英雄の旅路しかり、
スピンオフ的な作品があると私も嬉しいなと思います。

ん、私がネットで連載?何いってんだコイツ?←


>テンペストリメイクさん

こんばんは。
Zに関係ない記事でそういった話題は控えていただけると助かります。


確かに、小説版設定のゲーム版逆輸入は是非ともやってほしいですね。
実際に小説を読んだ人の感想を見ても同じ考えの人が多いので、
積極的に取り入れてほしいなと私も思います。
ミストさん | 2015/05/20 22:56 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/727-3769aa3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)