テイルズオブゼスティリア 世界を照らす導師の物語 part 1

どうも~


さて、2015年も早いもので1ヶ月経とうとしていますね。

最近は仕事もそこそこ忙しいですし、
ゲームもまだまだ全ては消化しきれていないですし、
忙しい一年の幕開けとなりそうです。


前置きはほどほどにして、遅くなってしまいましたが、
TOZのプレイ日記でも書いていきますかね。

まだまだストーリーも中盤というところなので、
簡単な感想と、作品の紹介になるかと思います。

ネタバレになりますので、いつも通り追記へどうぞ。

祝!TOZ発売!

というわけで、テイルズオブゼスティリアを購入しました!

TOZ ソフト本体

ディスクに載っているアニメ絵は描き下ろしですね。
また、予約特典としてアリーシャのラバーストラップが付いてきました。
ソフトの下にあるカードは、セブンイレブンとのコラボ商品の一種です。

というのも、今作はセブンイレブンとのコラボに相当力を入れており、
作中で登場するマーボーカレーまんが実際にレジ前に置かれたり、
カード入りのウエファーチョコを販売していました。

私はというと、こういった商品の収集にはそこまで執着していないので、
マーボーカレーまんは1つ、ウエファーチョコは2個だけ購入。

TOZ ウエファーチョコ

ウエファーチョコはこんな感じ。
既に販売していない店舗もあるかと思いますが、
探せばまだ入手できるのではないでしょうか。


続いて、作品自体の話に戻ります。

TOZ OP①
TOZ OP②

OPムービーの出来はさすがといったところ。
TOXやTOX2と同様ufotableが担当していますが、
激しい動きこそないものの、見ていて引き込まれるOPだと思います。

TOZ主題歌「White Light」

主題歌であるSuperflyの「White Light」も早速DLしました。
TOZの主題歌というのを抜きにしても、個人的に好きな曲です。
とても重厚な曲というイメージで、曲中に足音を入れる演出が良いですね。



前置きはこれくらいにして、まずは現在の進捗報告。

TOZ メニュー画面

画像が汚くて申し訳ない。
今作はTOX2の頃のように、スクリーンショット機能が使えないんですよね。
ソフトによって出来たり出来なかったりするのは残念なことです。

…それに引き替え、PSVitaはほぼ全てのソフトでスクショ機能が使い放題!
2ボタン同時押しするだけで撮れるので、PS3と比べてもとっても簡単!
是非お買い求めを!←


冗談は置いておいて、パーティキャラになるかどうか不明のザビーダを除き、
全員がパーティインしました。

といっても、アリーシャは前半で離脱して以来ずっと別行動です。
アリーシャの代わりにロゼが加入したというところでしょうか。


先に言っておくと、別に私はアリーシャがこのまま永久離脱でも、
それがストーリーとして成り立っているのであればそれはそれで良いと思っています。
アリーシャのアフターエピソードなるDLCの配信が決定していますが、
そこまで抵抗はありません。
ただ、マーケティングのやり方がクソだなと思うだけです。


愚痴っぽくなるのでこの話題は次回以降にするとして、
ストーリー的には、災禍の顕主という脅威に立ち向かうため、
4属性を司る試練の神殿をまわり終えたところです。
サブイベントが比較的多いので、なかなか進みません。

同行者との会話

街を歩いているときでもフィールドやダンジョンを歩いているときでも、
基本的に人間は全員マップ内にいます。

画像のように、同行者と会話をすることができるのですが、
この中にサブイベント発生のヒントになる会話が随時追加されていくので、
思い出した時に見てみると結構サブイベントが溜まってたりします。
これからどうしたら良いのかの指針になるシステムになっています。


また、今作は、歴代シリーズネタが結構多いように感じます。

TOZ 宿屋「フェニア」

分かりやすいのは宿屋の名前。
その他、「シャオルーン」や「ギリオーヌ」など、TORの聖獣の名前が使われています。
あとは、城の本棚に「狂おしき愛の叫び」が置いてあったりなどなど。
スレイたちの反応を見るに、さぞ狂おしいんでしょうねえ…


まあ、ストーリーに関する感想や、先述のアリーシャやロゼの件については、
クリアしていない私からしたらまだ早計な話題であるため、
クリア後にでもここに書き留めたいと思います。

とりあえず、ここからはメニュー画面を中心としたシステム面について紹介します。

TOZ 特技

戦闘の基本となる特技。


カイル「もしかして君、魔神剣使えないの?俺と仲間だn(ry」
残念だよ
スレイ「残念だな。話して分かる人たちじゃなかった」
カイル「アーッ!!」 ソンナッ!


TOGをプレイされたことがある人であれば、
抵抗なくすんなり受け入れられるシステムだと思います。

TOGと違う点として、例えばまず1列目の「襲牙」を使い、
ステップを挟んで更に攻撃しようとすると、
2列目の「斬鋼」を飛ばして3列目の「三鷹」が発動します。
ステップも連携に含まれるというわけです。


あと、属性は地水火風と無属性の5種類で、
TOGの頃と比べると随分と簡略化されています。
TOGは、火傷とか機械とか人間とか暴星とかたくさんありましたから、
これくらい少ない方が個人的にはやりやすいです。

それ以外は、細かい点の違いはあれど、ほとんど変わりせん。

TOZ 奥義、天響術

対して、こちらは奥義と天響術。

奥義は敵の特技に対して打ち勝つことができ、
天響術は、敵の奥義を喰らってもひるまず、詠唱も加速します。

基本的には人間は天響術が使えず、
逆に天族は奥義が使えないという特徴があるので、
状況に応じてうまいこと使い分けたいですね。

TOZ 神依奥義
TOZ 神依天響術

極めつけは神依状態での奥義と天響術。

人間でも天響術を、天族でも奥義を使えるのが利点ですね。
奥義主体で戦うことになるので、天響術を多用する敵とすこぶる相性が悪いのが困りもの。
攻撃の隙が大きいこともありますし、骸核みたいに無敵というわけでもないので、
神依だけやっていれば勝てるというものでもありません。

ただ、奥義の攻撃範囲が広いことや、天響術に高性能なものが揃っていることもあり、
相手によっては無双できるシステムです。あと、戦っていて爽快です。

TOZ リアルマップバトル

敵を無双とはちょっと違いますが、今回はリアルマップバトルなので、
敵と当たる場所を工夫してこんな感じで袋小路を作って敵を誘い込み、
そこをフルボッコにするっていうのも有りですね。
まあ、こういう変な場所で戦闘すると自分たちも戦いにくくなるんですけども。

TOZ 問題のカメラワーク

そう、こんな感じになります。
目の前の敵しか見えないという悲惨なカメラワーク。

このカメラワークについては批判の声が集まっていますが、
こうならない為にも敵と戦う場所には注意してねって解釈をすれば、
まあ仕方ないのかなと。


TOZ バトルアクト

戦闘を補助するものとして、バトルアクトというものがあります。
戦闘中に与えた総ダメージだったり、戦闘回数などで習得します。

私はまだ習得していませんが、従来のシリーズの1ダメージのスキルなどが該当します。
あと、これはパーティメンバー全員共通の項目なので、
スレイだけ敵に与えるダメージを1ダメージに、とかは出来ないみたいです。


TOZ スキルシート

戦闘を支援するものとしてもう一つ、スキルシートというものがあります。

装備品に最大4つスキルが付いているのですが、
このスキルシートの縦5つが揃う、横が2つ以上揃うなどの条件で、
装備品のスキル以外にも特別なスキルが発現するというわけです。
この画像では、一番左の縦のスキルが5つ揃っているので、
ソルジャーという特殊なスキルが発現しています。

テンペスト?…うっ、頭が

…テンペスト?うっ、頭が。


街やダンジョンなどにはノルミンという生き物がいて、
ノルミンを見つけると装備品にそのノルミンが持つスキルを付与できます。
装備品の融合でも装備品のスキルを変えることができますが、
同じ武器同士でしか融合できない上、少し小難しい融合ルールがあるので、
ルールを覚えないとなかなか難しそうなシステムです。

まあ言葉で説明しても分かりにくいと思うので、実際にプレイして確かめてみてください。


あとは、戦闘以外のことも少し。

TOZ サポートタレント

サポートタレントというものです。

そのキャラの得意分野などを戦闘以外の場所で発揮するシステム。
おやつ作りなら、一定時間経過で料理を作成、
お宝察知なら、近くに宝箱があると知らせてくれるなどなど。
使い込んでいくと熟練度が上がって効果が上昇するので、
物語を進めていくうちにどんどん便利になっていくシステムです。


TOZ ビジュアル

TOXで好評だったアタッチメントを始め、変化衣装ももちろん搭載。

フィールド上にある宝箱などから多くのアタッチメントが入手できますが、
TOX同様に今回も作中で入手できる衣装は少なめかも?
今のところスレイとロゼ以外はカラバリくらいしか持っていません。
まあ、本編をクリアしてサブイベもこなしてみないとなんとも言えませんがね。

そんな私は、ハーツRを買った時に兄貴がチャージした分が残っていたので、
GOD EATER2とのコラボ、学園の一部、後髪セットを購入。
ナナの髪型が結構好きだったので、髪型だけナナにできるのは嬉しい限り。

TOZ アタッチメントのバグ

DLCの「巨大ポニーテール」を付けようとするとフリーズするのに注意。
公式からアナウンスがあるまでは使わないのが懸命です。
私はこれのせいで1時間ほど無駄にしました。



というわけで、締まりが悪いですが、今回はこの辺で。
次にゼスティリアについて書く時は、クリア後になるかと思います。
ではでは。












TOZ エネミーブック

役立たずワロタ
23:40 | ゲーム | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
テイルズオブゼスティリア 世界を照らす導師の物語 part 2 | top | テイルズ オブ ゼスティリア 発売前まとめ

コメント一覧

#
ゼスティリアが発売されたことで
テイルズの「次回作」の情報が完全にとぎましたね
さすがに置き換え機の新作はもう今年は出ない
でしょうが、何が出ると思いますか?
自分はそろそろイマジネーションにも動きを
見せてほしいところですがどうなのでしょう
テイフェスに期待ところですが
ユニゾナントパックの例もありますしね・・
ポックさん | 2015/02/01 02:13 | URL [編集] | page top↑
#
さて、残すはVitaテイルズだ・・・。
マイケルさん | 2015/02/01 05:25 | URL [編集] | page top↑
# コメント返し
>ポックさん


テイルズスタジオがなくなったことも影響しているのか、
TOZ以外はほとんど音沙汰がなくなってしまいましたね。

実際、据え置きの完全新作マザーシップという意味では、
TOXから結構長い間出ることがなかったわけですから、
次は25周年にならないとマザーシップは来ない可能性も否定できません。

まあ、仮にそうだとしたらエスコート作品の乱発になるんでしょうけど、
我々としてはリ・イマジネーションやトライバースに期待してしまいますよね。

大舘Pの発言からして、いくら遅くなっても出す気はあるようなので、
首を長くして待っているしかありませんね。



>マイケルさん

なんだかんだいって、イノセンスRが発売されてから3年も経ってしまいましたからね。
同時に、トライバースの大風呂敷を広げてから3年ということですから、
いい加減何か進展が欲しいですよねえ。

私としては、これからもVitaテイルズの布教を頑張るのみです。
ミストさん | 2015/02/01 20:40 | URL [編集] | page top↑
#
あ、それとミストさんに1つ報告が。
既に気づいてるかもですが、
リンク・・・スマホ変えたさいに後継ぎしてなかったんで・・・データガキエテシマイマシタワー。
マイケルさん | 2015/02/04 20:02 | URL [編集] | page top↑
# コメント返し
>マイケルさん


あ、やっぱりそうだったんですね。
全くログインされていなかったので、何かトラブルがあったのか、
飽きてしまったのかと思っていました。

もし新しいデータで引き続きプレイされるのであれば、
是非もう一度フレンド申請していただけると嬉しいです。
ミストさん | 2015/02/04 22:54 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/710-1e8bd5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)