運命に抗うか

どうも~


さて、悪夢のような6日連続勤務が終わり、晴れて我が社も夏休みとなりました。
8月は忙しい時期ではありますが、ここでひとまず小休止ですね。
連休が終わると、休日出勤や残業の日々が待っています。まあ、8月に限った話ですけどね。


というわけで、前回同様今のうちにプレイしたゲームの紹介をするのです。
今回はTORと同時購入したTOD2ですね。これで積みゲーは最後になります。


そのうちスマブラを買いますし、これが終わったらスマブラの話題が中心になるんじゃないですかね。スマブラは今回も写真とかステージ作りとかあると思うので、フレンドから貰ったコレクションを神速の頃のえっくすマスターさんみたいに紹介したいなと考えています。神速の後を継ぐ者として、本当はスマブラ専用のサイトを立ち上げたいところではあるのですが、いかんせん運営できるほど時間と労力がありませんので、こういう小さなところでつなぎ止めておこうかなと。

と、今の読者は神速のこと知らない人も結構いるのかな。神速については相互リンクにあるのでそちらをご参照ください。コレクション紹介はその神速でよく行われていた企画なのですが、それについては発売直前にでも詳しく…。


余談を挟みましたが、TOD2をクリアしましたので、簡単な感想を追記にまとめておこうと思います。
10年以上も前のソフトでネタバレも何もありませんが、一応ネタバレ注意です。

最終決戦





というわけで、改めてTOD2をクリアしました!

ゲームクリア

クリア時間は29時間くらい。間が空いているだけで、意外と短かったですね。TORが長すぎたのか。
一応クリア時のステータス画面も載せておきますかね。

ステータス画面

レベルはみんな59でした。まあ、NORMALですし、こんなもんでしょう。

改めて見ると、仮面ストーカーとナナリーは途中からほとんどベンチでしたね。
仮面はすぐに馬鹿な!するし、ナナリーはパッとしないというか、回復晶術とか覚えればもう少し使ってたんですけどね。なんだかんだでこのメンバーが一番安定してました。


最近のテイルズでは主人公を使わないことに定評のあるミストさんですが、TORの時と同様に主人公操作でした。
ロニやジューダス操作も悪くなかったんですけどね。お互い短所が目立ってしまったのもありまして、なんだかんだでカイルが一番使いやすかった気がします。あいつらは命中とか防御とかね…


作品の感想としましては、前作のTODをプレイしていないこともあって、神の眼?ダイクロフト?ミクトラン?とか言われても何それって感じだったわけですが、そこまで進行に支障はありませんでしたね。もちろん、前作を知っていた方がより楽しめるのでしょうが。

親子

ただ、前作を知らなくても、この親子のシーンは心に来るものがありました。
というか、設定上スタンがあんまり出てこなかったので、最後にこういうシーンが用意されていて本当に良かったです。むしろ、このシーンの為に本編ではあのような扱いだったのですかね。スタン好きな人は納得できない部分も多いでしょうが。

再会

あとはこれも良かった。
しっかりアニメーションなのも良かったです。

エンディングはちょっと悲しい結末でしたけど、最終的にはハッピーエンドで本当に良かった。消化不良のまま元の日常に戻るのかと思っていたのですが、少しホッとしました。


しかし、ラスボス撃破後に操作できるって珍しいですね。いや、つい最近ではイノセンスもそうだったか。
何気ないスキットでも、「ここであいつのゲンコツが…。ん、誰のことだ?」とか「心に決めた人がいたような…」とか、本能でみんなのことを覚えていたのが印象的でした。カイルとロニ及びリアラだけじゃなくて、ナナリーやジューダス、ハロルドが元の日常に戻ってからどうなったのかっていう後日談もあればもっと良かったんですけどね。


戦闘については、後半は「ガードが硬い!」ばかりで雑魚でもやたら苦戦するので、あまり楽しいとは言えませんでしたかね。「スピリッツが少ない時に攻撃するな!」を中心として、その他にも戦闘中に考えることも多くて、自分には合いませんでした。あくまで自分にはね。

ただ、主人公含め全員が魔法を使えるのは新鮮でしたね。それに、魔法を使う必要がないってこともなくて、たまには魔法も組み込まなくてはいけないというのも悪くない。詠唱短縮も可能性を感じました。他の作品でも採用してくれると嬉しいんですけどね。



というわけで、簡単ではありますがこれでTOD2の感想を終了させていただきます。


隠しダンジョンとか2周目とか、TOR同様に全く手をつけていないんですが、その辺りは数年後くらいに気まぐれでやることはあるかもしれません。今は特にやるつもりはありません。

今回はあくまで、ストーリーを知らないテイルズオブシリーズをプレイしたいっていう気持ちで購入しましたからね。お祭りゲーとかをやるに当たっては、原作を知っているともっと楽しめますから、出来るだけやっておきたいんですよね。レーヴユナイティアも発売が迫っていますし、良い機会でした。
あとはTOP、TOD、TOL、もっと言うとなりダンXとマイソロ1,2あたりが未プレイとなりますが、現実的に買う可能性があるのはPSPでプレイできるTOPとなりダンXくらいですかね。


といっても、しばらくは過去作を買うつもりはありません。
ただ、PS2を持っていない関係でこのままだと永遠にプレイできないTOLについては、継続的に視聴していたとある実況プレイを最近見終わったので、今度はTOPかTODの良さげな実況プレイを漁ってみようかなと思っているところです。TODは最近ツイッターでフォローさせていただいた方の動画が丁度良さそうなので、それを見るつもりでいます。TOPをどうするかはまあいずれ考えるということで。


ではでは、拙い文章でしたが、読んでいただいてありがとうございました。

セーブ画面

そういえば、作中で一度もTODのパーティキャラのはずのジョニーの姿名前を見ていない気がする。
結局、ジョニーさんって何者なんでしょう?
17:03 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
未知への追求 | top | 光纏いて

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/684-cd2dda8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)