東京一人旅行記

どうも~


さて、タイトルからもお察しですが、この土日を利用して私は東京へ行ってきました!


最初は地元の友達とかにそれとなーく声をかけたりもしたんですが、
さすがに東京となるとお金も時間もいろいろかかりますから、結局一人で行きました。
ええ、寂しく。

まあ、道に迷っても責める人はいないし、行動は一人の方が格段に自由なので、
ある意味でこれは良かったと思ってます。
なんだかんだ楽しかったし、結果オーライですよ。


というわけで、写真とかもたくさん載せるつもりですので、
追記に畳んでおきます。ご興味のある方はどうぞ。

まず行き方ですが、東京へは高速バスで行くことにしました。
新幹線や電車と比べて、格段に安いですからね。

東京に行ってから相当な散在をすることは読めていたので、
ここで多少でも出費を抑えなくてはという考えです。


ただ、高速バスと一口に言っても、結構種類があるんですよね。
例えば、車内にトイレ完備などの設備が充実したタイプだとか、女性専用で安心安全というタイプだとか、まあいろいろあるわけです。自分は特に特徴のないバスで、料金は片道3,500円くらい。強いて言えば、座席一つ一つにコンセントがあって、携帯の充電とかが出来たのが嬉しい点でした。

当日は近くの駅から10時出発の便があったので、その便に乗り込みます。
バスなので当然お隣の方がいて、それも見知らぬ人なわけですが、長時間隣にいる以上はむしろ見知らぬ人の方が気は楽ですね。最初はちょっと心配だったのですが、お互い無干渉で会話も何もないのがむしろ良かったです。変なトラブルには巻き込まれたくないですからね。


3時間半くらいバスに揺られ、ようやく東京に着きました。渋谷です。
具体的には、渋谷マークシティというところの5階に下車しました。
あとで知ったのですが、建物自体が渋谷駅に直結しているんですね。驚きです。

バス停

予定通りの日程で東京に来ることができたので、まずは渋谷を散策します。
特に目的地は決めず、ただぶらぶらとするだけです。無計画です。
いや、ここは自由時間ということで事前に決定したので、無計画ではないのです。


近くを散策していると、有名なスクランブル交差点に差し掛かりました。
そしてそこを渡ると、すぐ近くに渋谷TSUTAYA店が!
そういえば、例として挙げた行きたい場所リストに入っている場所でした。
すっかり忘れてしまっていましたが、これは縁だということで早速入店です。

いやしかし、同じTSUTAYAといっても、田舎とはまるで違いますね。
なんてったって、地下含む7階建てですよ!なんかカフェみたいなのまであるし。

ちなみにここって、結構アーティストさんとか来たりするんですよね。
よくmiwaちゃんがシングルリリース時にここのTSUTAYAで写真撮ってアップしてるのを見るんですが、同じ場所に来れて光栄であります。


せっかくなので、ちょっとだけレンタルしてきました。もちろん郵便返却です。

戦利品

ご覧のサントラたちです。音源を持っていなかったサントラが4枚も見つかりました。
これで音源持っていないマザーシップはエターニアとデスティニー2くらいのものです。


東京一人旅も始まったばかりなのに荷物を増やしてしまったことに後で気づいて後悔気味のミストさんは、その他、近くの本屋だとか、なんだかやたらと大きいファミマとか、待ち合わせ場所で有名なハチ公像とかいろいろ見て回りました。
ああ、すいません。この辺りの写真はほとんどありません。スマホの電池残量を気にするあまり、撮影は全然頭になかったです。まあ、その電池の温存が後々生きてくるわけですが、それはまた後で。


時間が迫ってきたので、渋谷駅に行って目的地である下北沢へ向かいます。
下北沢へ行く目的は、東京へ行った友人が演出助手を務める演劇を見に行くためです。

と、残念ながらここでいきなり迷子。
というか、どの路線に乗ったらいいのかさっぱり分かりません。

渋谷駅

ダンジョンとはよく言ったもので、駅構内の面積どれだけあるんだと。
どの路線に乗れば良いのか分かっても、その路線がどこにあるのかも分からないし、
何より駅構内の地図がほとんど見受けられない。疲労ばかりが溜まります。


その後、さんざん歩き回ってようやく下北沢へ行けそうな路線を見つけたので乗車。
電車内にも路線表とかなくて、この先に本当に下北沢があるのか不安になりつつもしばらく揺られていると、無事下北沢がコールされて心の底から安堵する田舎者ミストさんです。ようやく到着。

下北沢

着いたはいいものの、いろいろな場合を想定して恐ろしいほど時間に余裕を持って下北沢へ向かったので、目的の演劇が始まる時間まで1時間半あるという罠。一人で本当に良かった。とりあえず周りを歩いてみることにします。


渋谷と比べると高い建物は少ないんですけど、人通りの多さは東京クオリティですね。
本当に多種多様な人たちが歩いていて、見ていて飽きません。

周りにカラオケとかがあったので、今夜の宿はその辺で良いかなーとか思いながら歩いていたんですが、だんだん何をバカなことを考えているんだという気持ちになってきまして、気づいた時にはホテルを予約してました。
便利な時代です。今から思うと、このときの判断は本当に英断だと思います。
あと、スマホの充電をここでだいぶ使ってしまいました。温存しておいて良かった。

なんとなく心に余裕が出てきたところで、時間も迫ってきたので劇場に向かいます。
受付をして、整理番号を渡されました。最終的に満員御礼だったそうで、人で溢れていてビックリです。

今回観劇した演劇はというと、ポップンマッシュルームチキン野郎という劇団の「うちの犬はサイコロを振るのをやめた」というものです。

カタログ

数日前には元某48の篠田さんとか元渦中の人の塩谷さんとかが見に来ていたそうですね。




負けずと出演者の方も、中には仮面ライダー龍騎に出演していた人がいたり、他の方も、映画やCM、舞台、声優などをやっていたり、有名な方たちばかりのようです。この劇団、少し、いや、かなり侮っていました。

あとで知ったのですが、主催者の方はドラマ「オトメン」の脚本を書いたのだとか!

吹原幸太さん

実際にドラマを見ていたので、事前に知っていれば本人に感想などを言っておきたかったものです。


演劇の内容はというと、まず、内容が非常にぶっ飛んでいましたね。
まず、犬が喋る。これだけでもおかしいのに、その犬が未来予知できるようになる。
ここは中国だからそのくらい不思議じゃないとか劇中で言ってて、何だか妙に説得力があって納得しかけたけど、さすがに未来予知はねーよw

でも、劇中はコミカルな部分とシリアスな部分を適度に使い分けていて、
気づけば作品にのめり込んでいました。コミカルとシリアスの高低差が激しすぎではありましたがw

そのほか、突っ込みどころ満載の内容だったわけですが、これだけぶっ飛んだ内容なのに、劇中何度も感情移入できて、中には涙する人もいるくらいだからすごい。これは劇団員さんの魅せる力ってやつなんですかね。実際自分も魅せられました。

マッサージチェア

律儀にファンにサインをする、出演者のマッサージチェア(既婚・子持ち)さん。
こんな出オチ必至というか、存在自体がネタなキャラがいるのに、最終的には感動ですからね。すごいものです。
ちゃんとこの人、いや、このイス、劇中に出てくる主要キャラなんですよ!

あ、ちゃんと撮影許可はいただいていますのでご安心を。
口コミを大事にしている劇団のようなので、こういうのは大歓迎のようでした。


その後は渋谷に戻って、予約したホテルへ。

ホテル

数時間前に即興で予約したホテルにしては、なかなか設備も整っていて良いホテルでした。
宿泊費用13,000円也。痛い出費です。


翌日、10時にチェックアウトして、再び渋谷駅。
今度は港区、すなわち浜松町駅に向かいます。

浜松町駅

当然の如く少し迷いましたが、何とか到着です。
駅構内ではポケモンのポスターがたくさんお出迎えしてくれました。
地味に映り込んでいることに今気づきましたが、まあ許容範囲の映り込みでしょう。


目的地のポケモンセンターは駅から歩いて数分のようです。
駅前のピカチュウのポスターが、

「歩道橋を渡って、踏切を渡った先のビルだよ」

とか言ってたから踏切ばかり探してたけど、いくら探しても踏切は見つからなかった。
あと、歩道橋下の横断歩道を渡れば良かったので、歩道橋を渡る必要もなかった。

数分のところを10分くらい浪費しましたが、無事にポケモンセンターに到着。
シリーズ経験者として、一度くらいは行ってみたかったんですよね!

ポケモンセンター

最初、間違えて子供限定のユニオンルーム的なところに行ってしまって、知らずに入ろうとしたら受付のお兄さんにやんわり入場を断られたりしたけど、めげずに店内へ。

店内に入ると、早速BGMがゲーム内のポケモンセンターと同じものに!
噂には聞いていましたが、なんとなくテンション上がりますね。
グッズ販売以外のところではXYの自転車BGMが流れていました。

ぬいぐるみ

最終的にぬいぐるみを3つ買ってきました。
アマルス、ジラーチ、メレシーの3匹です。袋には害悪鍵束ことクレッフィも。

まあ、ぬいぐるみ収集の趣味はないので部屋に飾ったりはしないんですけど、せっかく来たのに何も買わないわけにはいかないですからね。というのも、思ってた以上にグッズが子供向けばかりで、何で子供の頃、もっと早くに来なかったんだと後悔するばかりです。子供の頃に来てたらすごく楽しかったでしょうね…。

あとは、期間限定で配信していたメガシンカポケモンキャンペーン的なものがあったので、せっかくなので受け取ってきました。今の時間はバンギラスだったようです。

バンギラス

ビックリしたのは、ポケモンセンターの周りには3DSを開いている人がたくさんいて、
結構頻繁に通りすがりの人から交換やらバトルやら申し込まれたこと。田舎じゃあり得ないことです。

バトルはというと、メガギャラドスにほぼ3タテされたので1戦で即終了。
対面悪くて交換したところでみがわり貼られて、耐久系のポケモンばかりで挑んだのでみがわりを削りきれず、りゅうのまい積まれて無双状態でした。最近は凝った技構成が多くて困ります。


その後は渋谷に戻って、帰りのバスの時間まで再び散策してました。
特筆すべき点は特にありませんが、昼食は勢いで入った店で何やら黒いものを食べました。

イカスミパエリア

イカスミパエリアというメニューらしいです。
見た目は正直あまり良くないですが、味はなかなかのものでした。
残念なのは、皿の底がメチャクチャ浅くて、量が少なかったことでしょうか。
…ミラノ風ドリアってすげーんだな。



というわけで、行きと同じバスで帰路につき、今回の旅は終了です。

正直行き当たりばったりなところも多かったですが、無事に何事もなく旅を終えることができました。
演劇も楽しかったし、東京行ったら行きたかったところも行くことができたし、いろいろ教訓にもなって満足行く旅でした。今度は、出来れば複数人で遠出したいですね。
22:43 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ファーストインプレッション | top | 旅に必要なモノ

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/681-573b6568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)