旅に必要なモノ

どうも~


さて、前回もお話した東京行きの件ですが、
交通手段は特急バスに決定し、先ほどチケットを予約してきました。
土曜日の朝出発で、昼過ぎには渋谷に着く便です。

帰りのことは正直あまり気にしていません。
同じ高速バスの乗り場窓口で当日券も手に入るらしいので、あえて予約はしないで、帰りたい時に帰ろうかなと思ってます。まあ、日曜日の午後のどこかの便で適当に帰れれば良いのではないでしょうか。


行き先はというと、一番の目的の場所は下北沢付近にあるので、渋谷についたらとりあえず周辺をぶらぶらして、時間が近づいてきたら下北沢へ移動、その日はなんやかんやで一泊して、翌日はポケモンセンターと、あわよくばテイルズオブショップがあるコトブキヤの秋葉原店に行こうかなと思ってます。

東京の地理については無知なので地図で調べてみたのですが、どうやらコトブキヤだけ場所が結構離れているみたいですし、東京のダンジョン交通網をうまく攻略できるか不安で仕方ないので、コトブキヤはあくまで候補程度。というか、辿り着けるかも不安です。


まあ、どこに行って何を買ったかといったことは来週以降にここに書くとしまして、今日はTORをクリアしたということで、簡単な感想を追記に入れておこうと思います。

最終決戦!
というわけで、改めましてTORをクリアしましたー!

エンディング

クリア時間は38時間53分。ヴェイグたちのレベルは58でした。
購入したのが去年の11月28日なので、半年以上というスパンの長いプレイになってしまいましたね。
後半は資金も戦闘も余裕が出てきて、意外とスムーズに進めることができた印象です。


とりあえず、感想をつらつらと書いていこうかなと思います。

まず、発売前に抱いていたTORのイメージなんですが、

・戦闘システムが複雑
・回復術がなくて不便
・二つの種族


TORのイメージというと、これくらいですか。


まあ、クリア後もこのイメージは変わりませんかね。あ、回復術はなくても良いや。
戦闘システムは確かに複雑なんですけど、奥義とか自己強化技を覚えてからは一気に戦闘が楽しくなりましたね。この二つがなかった序盤は本当に縛りプレイかというくらいよく死にました。今では良い思い出です。


二つの種族というのは、プレイ前はヒューマとかガジュマとかいう名前も知らなかったのですが、思ってたよりストーリー全体に種族間争いというものが関わっているんですね。というか、種族間争いがストーリーの9割方占めてましたね。

基本的に街の住人全員に話を聞くタイプなのですが、ガジュマに話しかければ大抵は「ヒューマが話しかけるな!」的な反応をされて、それじゃあとユージーンを先頭にして話しかけても「ヒューマなんかと一緒にいるのは良くない」ばっかりだし、終始一貫して話が重苦しかったですね。最後はそれなりにマシになったとはいえ、種族間の和解後の世界を回れなかったのもあって消化不良なところはありました。ピーチパイ関連がせめてもの救いですかね。

ポプラおばさん

ポプラおばさんに首絞められたときはヴェイグと同じくらい自分もショック受けたのですが、それがあったからこそ、この和解のピーチパイイベントは映えたのかな、と。このとき、クレアがいなかったのが残念極まりないです。

というか、純粋なクレアとの旅って、実質ほとんどしてないですよね。
クレアと平和に暮らしていたらサレとトーマに連れ去られ、クレアと助けたと思ったら中身はアガーテで、しばらくの間、アガーテの姿をしたクレアと各所ですれ違いを繰り返し、やっとクレアと旅ができるようになるけど姿はアガーテで、いろいろ迷ってたらクレアが自分の元から離れていって、最後の最後で姿と中身が元通りになってエンディング。…思ってたより一緒にいなかった。

まあ、ピーチパイ演説でアガーテの姿をしたクレアを見て、直感的にクレアだと確信するといった演出はなかなか良かったですね。ピーチパイ演説までの道のりは本当にいろいろもどかしかったです。


他にも、要所要所では良いイベント多いですよね。

拳で語り合い

噂に聞いていた海岸での殴り合い。

聖獣集めで各地を巡り、思念を浄化したと思ったら各地で争いが起き、目立ったボス戦やイベントも少なく、ストーリーを進めるのに精神的に結構参ってた時期にこのイベントですよ。燃えるに決まってるじゃないですか!このイベントでgood nightのインストアレンジがかかったのも非常に良かったですね。


というわけで、感想はこのくらいにします。

今はいろいろなゲームに手を出しているので、とりあえず2週目はやらないつもりです。
噂に聞く夢のフォルスとやらは謹んで遠慮しておこうと思います。他の方が言うように、時間の無駄なのでしょう。

未プレイの方にもオススメできるかと聞かれると正直オススメしにくい作品ではありますが、序盤を辛抱強く耐えられれば、後半は尻上がりにどんどん楽しくなっていくので、根気と時間のある人にはオススメできると思います。

勢揃い

TOD2はどうしたって?
そういえば、しばらく何も報告していませんでしたね。

残念ながら、ラスダンっぽいところのフェイク宝箱にグランバニッシュで全滅させられて数時間水の泡になったあたりから全く進んでいませんよ。あの出来事以来、TOD2に対するやる気は一気に冷めて、TORやり始めたんですよね。近いうちに再開すると思います。
16:33 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東京一人旅行記 | top | 旅の準備

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/680-8994de13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)