リ・イマジネーションシリーズまとめ テンペストをクリア

どうも~



さて、今日は土曜日ですが、珍しく休日出勤してきました。
基本的には週休二日制なので、こういうことは滅多にないんですが、今月に限っては忙しいことの連続で、来週の土曜日も休日出勤でやらなければならないことがあるというハードスケジュール。
考えてみると、6日は会社全体の出勤日だったから、実質今月の土曜休みは13日だけだったわけだ。つま恋のBBQと被らなくて本当に良かった。


まあ、8月には大型連休が控えてるので、それまでは我慢とします。
10日~18日の9連休ですよ!去年は何もせず過ぎ去ったから、今年こそどこか出かけよう!


さて、前置きはこのくらいにして、延び延びになっていた「テイルズオブザテンペスト」のプレイ記を。前回の記事でも書いた通り、あれから数時間でクリアしましたので、リ・イマジネーション等の考察も交えながらまとめておきたいと思います。
では、追記からどうぞ。
トールスさんは場違いです、お引き取り願います

テイルズオブザテンペスト クリア

改めて、「テイルズオブザテンペスト」をクリアしました!
クリア時間は10時間5分でした。基本的にプレイ時間が普通の人より長い俺でさえこれなんだから、

「10時間もしないうちに終わる」

っていう世論はやはり正しい。むしろ、誇張されてるくらいだ。短い。

そして何より、クリア時点のパーティキャラのレベルが32とかそんなもん。他のテイルズオブシリーズの1周目クリア時点のレベルは80くらいのイメージだけど、その半分にも満たない。いかにストーリーが短いかがよく分かる。


会話に声がついていないのが一番の原因だろうけど、どのイベントもなんだかあっさり終わってしまった印象が強い。

「プレイ時間の大半はマラソン」

なんて言われる原因が身に染みて分かった。
イベントが起きても大抵はちょっと会話するだけで終わって、キャラクターがその場に立ち尽くして会話するだけっていうのも多い。ラスボス戦前でさえその例に漏れず、動きというと、ラスボスが会話中に意味もなく謎ワープをして立ち位置を変えた程度w

ラスボス

その上、RPGのラスボスという役目を担っておきながら、第2形態などの変体を全くしない。いかにもこれが本当の姿じゃありません、みたいな雰囲気醸し出してるけど、この姿のまま出番を終える。まあ、ペイシェントの影響で100年間老いることなく少年の姿のまま、っていう背景があるらしいから、変化しようがないわ。

戦闘スタイルも、頻繁にワープしつつ上級術詠唱破棄というスタイルだから、ただウザイだけという印象が強い。
あと、このラスボスにも担当声優がいるはずなんだけど、術を発動したときとか、いくら耳をすましても声が聞こえなかった。効果音に混じってるだけなのかもしれないが。


ところでこのラスボス、Rシリーズの共通設定「トライバース」という世界の人間ではないかと噂されているようですが、確かにいろいろと思わせぶりな発言はありましたね。

生命の法とは

作中に出てくる「生命の法」とは、ストーリーの中盤までは、名前の通り死者を蘇らせる儀式だと言われていましたが、それは国王が自分の都合の良いように事を進めるためのデマカセで、実際には自身の世界、恐らく「トライバース」へ帰るための扉を開くための儀式だそう。この世界にやってきたのは、実験の失敗が原因だとか。

スポットが現れた

作中で「生命の法」は何度か施行されているにも関わらず国王がトライバースへ帰れなかったのは、最初の頃は扉の大きさが小さかったため、トライバースからこちらの世界に来ることはできても、こちらの世界からトライバースへ帰ることができなかった。生命の法が執り行われるようになってからスポットという魔物が発生したのはこのため。



簡単にまとめるとこんな感じ。
概ね概要は理解したけど、トライバースについて一つ気がかりなこと。

トライバースの再接近(ルキウス)

トライバースの再接近(国王)

テンペスト世界とトライバース世界は定期的に接近するらしい。トライバースから来たと思われる国王はもとより、同じくトライバース世界の住人であるスポットに蝕まれたロミーも同じことを言っていたとのこと。
国王の発言から察するに、テンペスト世界からトライバースへ帰るには、二つの世界が接近していないと無理だということ。何らかの実験に失敗してテンペスト世界にやってきたが、トライバース世界に帰ろうにも二つの世界が離れてしまっていたために、再接近するときのためにトライバース世界へ帰る準備をしていた。ということらしい。

ここで疑問なのは、イノセンスやハーツの世界にはトライバースゲートという場所があり、ゲートの門番を倒すことでコンウェイ、キュキュ、ガラドはトライバース世界へ帰還していました。

コンウェイ トライバースゲート
キュキュ トライバースゲート
ガラド トライバースゲート

イノセンス、ハーツ、テンペストの世界には全て同じようにトライバースゲートがあるものと思っていましたが、テンペスト世界だけ少し事情が違う?トライバースゲート自体ないという可能性もあるか?

この3人がどうやってトライバース世界からイノセンス、ハーツの世界に渡ったのかは語られていません。キュキュの登場シーンなどから考慮すると、行きはゲートは通っていないようにも見えますが、行きはどの場所に出るか分からない等の設定があると仮定すればそうとも言い切れないか。

キュキュ 初登場
辿り着けなかった

このあたりの細かい設定は、テンペストRまでお預けですね。
今のところは、このくらいの考察しかできません。


あと、ついでなのでもう一つトライバースについて。
トライバースの人間であるコンウェイとガラドですけど、詠唱中の魔方陣が他のパーティメンバーと異なるんですよね。

魔方陣(コンウェイ)
魔方陣(ガラド)

ちょっと分かりにくいですけど、トライバースの人間は魔方陣の形が共通のようです。

魔方陣(スパーダ)
魔方陣(ベリル)

イノセンスのスパーダ、ハーツのベリルと見比べてみると、イノセンスとハーツの魔方陣は尖った形、トライバースの魔方陣は丸っこい形であり、明らかに違うことが見て取れます。ガラドのファイアボールなど、詠唱文が違うという例もありますね。
それに、イノセンス世界では術のことを天術と呼びますが、コンウェイいわく自分のこれは天術ではないと。

天術じゃない

わざわざこういう発言をするあたり、本当に異世界人であることをルカたちに隠す気あるのかこいつ?と思ったりもしますが、まあそれについては置いておきましょう。

アイスニードル(イリア)
アイスニードル(コンウェイ)

説明文でもわざわざ表記が変えられていたりと細かい。あくまでコンウェイやガラドが使う術は、トライバース独自の術なのでしょう。


そして、トライバースの人間と思われるテンペストの国王はというと…

国王の魔方陣

うーん、ローポリなので分かりにくいですが、コンウェイやガラドのそれとは違うように見えますね。まあ、テンペストという作品自体だいぶ前の作品であって、この作品が出た頃にトライバースの設定があったようには思えないので、これだけで国王がトライバースの人間ではないと決めつけるのは早計かなと。



というわけで、ダラダラと長く書いていきましたが、今回はこれで終了とします。
見返してみたら、テンペストRの考察というよりトライバースの考察になってしまいましたが、まあ気にしないでください。正式にテンペストRの発売が確定したらまたいろいろ書いていきますので。



オマケ

アッシュさん?

武器屋にいた何の変哲もないモブキャラがアッシュさんみたいなこと言っててワロタ
21:30 | ゲーム | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
非日常を日常に | top | BBQ in つま恋 ~僕らのビートを喰らえコラ!~

コメント一覧

#
9連休ですか 自分とこはお盆でも2連休がいいとこなのでうらやましいですね


ストーリー短さには唖然としましたね
ジアビスの次の完全新作でしたから
余計にそう感じたかも しれません
やはり 国王を倒した後の第2部が
あるのではないでしょうか
それに おそらくPT加入すると思われるルキウスも 味方になるが物語終盤なので
出番が少なすぎますよね

2部になればトライバースの接近も近くなって
新キャラがTの世界にこれやすく なるのでは
ポックさん | 2013/07/21 16:00 | URL [編集] | page top↑
#
ハーツRではイノセンスRの特典スキットでシングの言っていたことがほとんど実現されました。
カイウスが言っていたのが実現されるとなるとセンシビアに行けると思います。
ミストさんが予測されてるのはほとんど会ってると思います。
テンペストRが楽しみです♪(*´ω`*)
マイケルさん | 2013/07/21 16:06 | URL [編集] | page top↑
#
>ポックさん


うちの会社は多少良心的でして、毎年安定して会社休日が8~9連休あるんですよ。職種にもよると思いますが、恵まれてるなあと思ってます。


ストーリーは本当に短かったですね。思っていた以上でした。サブイベントすらあまりないし…。
TOAはそこそこの長さでしたから、発売当初に購入したファンの人はギャップを感じてしまうところも多かったと思います。その分、リ・イマジネーションで内容を膨らませてくれると信じてます。

ルキウスも、最終的には仲間として一緒についてきてくれるかもしれないような展開がありましたからね。カイウスが断っちゃいましたけど。
まあ、確かに仲間になるとしたら遅すぎるくらいですが、TOG-fのリチャードなんかは本編ではスポット参戦で、本編終了後の未来への系譜編でしか本格的にパーティインしなかった、っていう例もあるので、終盤とはいえ仲間になってもおかしくないですね。


本編の時間軸は最もトライバース世界とテンペスト世界が接近している時期ですからね。それに関連してトライバース世界から来訪者がいてもおかしくないですね。過去の生命の法でスポットに紛れ込んでやってきたトライバース出身者とかがいるかも…?



>マイケルさん


イノセンスRでの特典スキットで言ったことは実現する可能性が非常に高そうなので、飛行系の乗り物やセンシビア等の追加はほぼ確実と言っても良さそうですね!センシビア、リドといった固有名が出ているのに本編に出てこないのは寂しすぎるので、是非追加してほしいです。

同じく、テンペストRとても楽しみにしてます!
あと数ヶ月もすれば第一報くらいは来てくれると思うので、しばらくは待ちですね。
ミストさん | 2013/07/23 23:14 | URL [編集] | page top↑
#
この次期だと・・・TGSで発表ですかね?
田舎に住んでるので都会のことはよく知らないんですが・・・。
イノセンスRやハーツRも秋頃の発表だったと思うので・・・。
マイケルさん | 2013/07/25 07:30 | URL [編集] | page top↑
#
>マイケルさん


確かに、TGSの可能性は高そうですね!
その前に、ファミ通等の雑誌などでバレがあったりするかもしれませんが。

どちらにしても、イノセンスRとハーツRと同じように発表されるような気がします。
ミストさん | 2013/07/27 16:00 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/636-8d4306b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)