ムダな駆け引き

どうも~



さて、早いもので10月もそろそろ終わりを迎えますね。
つい最近まで暑かったような気がしますが、そんなものは嘘かのように寒くなってきました。
ちょっと油断して夜に半袖のまま出たら凍えてしまいました。こんな気候でも昼間は暑かったりするから困ります。


ありきたりなごあいさつはほどほどにしまして、昨日はちょっと暇だったのでいろいろと買い物をしてきた。
買ってきたのは秋物の服だったり、中古のCDだったり…。
服なんかは興味ないと思うので、今回買ってきたCDを紹介しておきますか。



シド「モノクロのキス」
シド「2℃目の彼女」
EVANPONY「Just rock with me」
ポルノグラフィティ「WORLDILLIA」

以上4点でございます。
本当はaikoの「まとめⅠ」も買って5点だったんですが、帰ってきて中を見てみたら徳永さんのアルバムが入ってるというトリックプレイをされたので、明日会社帰りに返品してきます。中古なんか買ってないで新品買え!っていう啓発だったのかもしれん。


それはともかく、まずはシド。
シドは2ndと3rdアルバムはレンタルしたことがあるので音源を持ってるんですが、レンタルにも中古にも1stアルバム「hikari」を取り扱っているところがないので、諦めてシングルを買ってきた。
3rdシングルの「嘘」は既に音源を持ってるので、シングルの音源は全部手に入れました。なんだかんだ好きでカラオケでほぼ毎回歌ってる「2℃目の彼女」は、今更だけどちゃんと聴きこもうと思ってます。

次にEVANPONY。ステレオポニーの最後になりそうな作品。
こちらは中古ではないです。この前買ってきたYUIトリビュートと同日発売。YUIと一緒に買いたかったけど、そのときは置いてなかったので、改めて何店か巡ってようやく発見。
表題曲の「Just rock with me」は個人的に、ステポの中では珍しいスルメ曲かなーと。最初聴いた時はそんなに印象に残る曲ではないかなと思ったんですが、何度か聴いているうちにどんどん好きになってきました。
Bメロの
♪I wanna I wanna I wanna wanna play
の部分が好き。
カップリングの「涙なんて見してやんない」はコラボ関係なしの純粋にステポの曲らしいんですが、確かにこちらはいつものステポらしい曲かなーと。良くも悪くも。

最後にポルノさん。2003年の4thアルバム「WORLDILLIA」
シングルである「Mugen」や「渦」、あとは個人的に「元素L」が気になったので購入。どれもあんまり聴いたことないんですよ。「Mugen」に至っては、いろいろなところで好きだという人を何度か見てるのでとても気になってました。
今記事を書きながら聴いていますが、今のところ「惑星キミ」が好きかな。曲自体はもちろん、タイトルもなんか好きだなあ。天体系のワードが結構好きなんですよ。星とかプラネットとかギャラクシーとか。



さて、CD紹介はこのくらいにして、多分今日を逃すと書きたくなくなってしまうような気がするので、これまで一度しか書いてなかった「戦国無双クロニクル2nd」の感想でも追記に書いておこうかと。
あんまり期待してないとはいえ、来週はエクシリア2もあるわけだし、クロニクル2ndはクリア自体はしてるので、簡単にまとめておこうと思います。
まあ最初に言っておきたいのは、前にも書いたと思いますが、このゲームを通じて戦国に関していろいろと知ることができたのは大きいかなと思います。

これまで歴史っていうものがどうしても苦手で、歴史上の出来事、戦だったり改革だったりというのを覚えるのが大嫌いだったんですよ。かろうじて名前を覚えていても、どんな内容だったかは全然覚えてなかったり。
太閤検地とかの言葉自体は覚えてるけど、具体的に何のことか問われても全然知らないわけですよ。今調べたら、太閤検地は豊臣秀吉が行ったことだと知って非常に驚きました。


意外なところにもそういう影響はあって、最近テレビで大々的に宣伝されてる映画「のぼうの城」っていうのも、宣伝映像で一度「忍城」って聞こえたからもしやと思ったら、ゲーム内でもやった忍城攻めのことだと分かった。
ゲーム内では甲斐姫や成田長親とかが城攻めを必死に防いでいますが、一応調べてみたら、甲斐姫が籠城してるっていうのは諸説あるみたい。ゲーム内容の都合上、設定はちょっと食い違うところもあったりするんだけど、勝敗とか戦の内容、今回の忍城攻めでは水攻めが行われたこととか、ある程度のことは知れる。

まあ、そういうドラマや映画、小説、ニュース等でこのゲームに出てきた人物の名前を聞くと必要以上に反応するようになりました。「のぼうの城」もそうだけど、今度のNHK大河ドラマで黒田官兵衛が主役になるだとか、そういう話題にとても敏感になりました。
歴史を知ることは悪いことではないし、今度はそういう大河ドラマとかで別の視点から戦国大名たちを見てみるとまた面白いかもしれませんね。



話をゲームの方に戻しまして、今回はマルチシナリオという形をとっていて、本能寺の変や金ヶ崎撤退戦、四国征伐などの戦を両軍でプレイできるところが強みですね。
逆に言えば、例えば山崎の戦いなら、羽柴軍、明智軍、明智軍(難易度高)と内容的には同じ戦を3回やらなければならなかったり、忍城攻めに至っては北条軍×2、豊臣軍×3という合計5回同じ戦を行うという苦行。

まあでも、前作にはなかった伊達、上杉、武田、長宗我部、毛利といった大名たちの章が追加されたのは嬉しい点です。今回も信長を中心とした人物の周りで戦うことが多いことに変わりはありませんが、今回は寄り道要素も増えて、他にも桜井さんが好きなクリアチェッカー的なものもあって、だいぶ長期に渡って楽しめそうです。


次にキャラについても触れておきますが、個人的には伊達政宗が好きですかね。操作性、人格共に。次点で前田慶次、島左近かな。
政宗は、あの野心も好きなんだけど、何より使ってて楽しい。他二人もだいたい同じで、攻撃範囲が広くて無双が楽しい。逆に政宗はタイマン向きですけどね。敵がうじゃうじゃいる中で敵将に狙いをすましてC5で瞬殺するのが楽しい。

逆に苦手なのが、柴田勝家、柳生宗矩あたり。
柴田さんは、高虎と同じ理由で、旧型の武士だから嫌いです。その上、堅物みたいな感じだから友好度全然上がらんし。この人だけ未だに友好度一番下ですよ全く。
柳生さんに関しては、同じ新キャラの藤堂高虎と井伊直虎は結構多くの戦に参加してたけど、柳生さんだけなんかあんまり出てこないからよく分からん人というのもある。辛うじて徳川の人間ということは分かった。この人無理に加えるより、モブの割に活躍の場の多い斉藤龍興や真田昌幸あたりを昇格させたほうが良かったのではとも思う。斉藤さんは特に。蘭丸とか立花の女…女ではない!立花だ!さんとかの方が役回りは地味だし。

まあそれはいいや。
そんなことより、前作では序盤にしか出てこないせいで階級が一人だけ一回りも二回りも低くなってしまう今川義元さんを、今作でも同じ扱いにしたのは許されない。
しかもあの人、本当はあんな麻呂キャラじゃないんでしょ?歴史に疎い俺でも知ってるよ!
聞くところによると、あの人、桶狭間で信長に奇襲されなければ天下を獲っていてもおかしくない人物だったそうじゃないですか!海道一の弓取りなんでしょう?そんなすごい人なのに、まーたあの人だけ階級19で止まってるよ!


あと評価できる点は、最近は結構いろいろなソフトに搭載されてるけど、主人公のキャラメイクがそこそこ自由にできたのは良かったかな。客観的に見れば着せ替え人形みたいな要素なわけだけど、そんな幼女がやるような要素でもだいぶ時間潰せるから怖い。髪の毛や装飾とかの色を詳細に変えられるようになったのも嬉しい。

そういえば、前にコメント欄でLAMPさんに作ってみてほしいと頼まれてたTOVのリタっちなんだけど、一応エディットパーツは全部揃ったんだけど、正直言って何をどうやってもリタっちに近づかなかったので諦めた。これが精一杯。

リタ

遠目なら何とかならないですかね?…ならない?はい、ごめんなさい。
髪型ですら、バリエーションは20種類もあるのに、ふさわしい髪型がなかった。ゴーグル装備があれば一番手っ取り早かったんだけどもちろんなかった。
服装に関しても、デフォのリタ以外にも番狂わせ姫とか求道者とかねこねこウェイターとか作れないか模索してみたけど、どれも無理だった。
あげく、武器すらそれらしいものもないのでもうお手上げ。甲斐姫の蛇腹剣をリクエストされてたんだけど、キャラメイク画面じゃただの剣だったから意味なかった。
お詫びじゃないけど、エステルならそれっぽくなった。顔だけだけど。

エステル


…とにかく、全体的にはなかなか良いソフトだったのではないかと。
歴戦の勇者である主人公が圧倒的強さを誇ってしまうのは仕方ないとして、キャラにはみんな個性があるし、何より戦以外の部分、会話等も楽しかった。
ちょっとお値段お高めなんですが、値段の分は充分楽しめました。ちょっと人は選ぶかもしれませんが、気になってる人は買ってみてもいいと思います。


と、ちょっと雑ですがこれで終わりにします。
クリア自体はしてますが、もう少しやれることが残ってるので、とび森までつなげそうです。
19:13 | ゲーム | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
もう選んだんだ | top | SHE LOVES YOU

コメント一覧

#
今度はWORLDILLIAでございますか!かなりコアなところ来ましたね~、
アルバム曲はもちろん、シングル曲も聴き慣れないものが多いのでは!!
惑星キミとはお目が高い…ノリの良いメロディですよね!
BUMPと比べてポルノさんは宇宙系の曲が少ないので、割とレアだと思いますw


三国志と比べて、戦国はいろんなところで目にしますからね~。
いやいや勉強するよりもゲームとは言え、楽しみながら知れるのは良いですw
脚色もありますが、大まかな内容は合っているみたいですし。
官兵衛と言うとすでに顔色の悪い印象しか浮かばなくなってますけども…w

Chronicleの性質上、マルチシナリオにしたのは大正解だったと思います!
やっぱり一方だけじゃなく相手側のシナリオもやりたいですからね~。
同じ戦をやることになるのは…どうにかならなかったのかと思いましたがw
違うのはイベントと初期メンバーぐらいでしたし…

政宗好きですか!!どんだけお目が高いんですかミストさんは!!
溢れる野心も魅力的ですけど、ふと見せる優しさがまたたまらんのですよ…
C5は強すぎますよねw集団戦はアレですが武将戦では無類の強さw
途中の攻撃で凍結なんてさせてしまった日には一瞬で打ち砕いちゃうのですw

宗矩は史実で観ると徳川家でかなり重用されていたみたいなんですけど、
ずいぶんあとになって出てきましたからね…人となりが良く分からんですよねw
まぁイベントで人柄が分かりますが、正直あまり好きじゃないです(
どうせならミストさんの言うように、龍興や昌幸をPCにして欲しかったなぁ…

リタにゃん無理でしたかwいやいやありがとうです、無理を聞いてくれてw
割とあの髪型、特殊なものではないと思ったんですけどね~。
せめてゴーグルがあれば…武器もこのぶんだとガラシャのほうが良いのかなw
あ、エステルはそれっぽいですね!武器は綾さんでしょうかw


Chronicleの良いところは戦以外の部分が充実しているところなんですよね、
ほかのシリーズでは基本的に、戦での振る舞いしか知れないので。
このゲームから無双シリーズに興味を持ってくれるのは非常に嬉しいんですけど、
同じようなものを期待して別のものを買うと、肩透かしを喰らうかもです…w
LAMPさん | 2012/10/29 19:42 | URL [編集] | page top↑
#
>LAMPさん


買ってから調べてみたんですが、あんまりメディアにも出てない曲が多いんですね。確かに、知らない曲が多かったというか、ほとんど知らなかったです。
まだあんまり聞き込めてないので、もっとたくさん聴いて、お気に入りを見つけたいと思います!


三国志は正直全然分からないんですが、戦国は目にする、耳にする機会が多いですからね。
外見を中心にだいぶ脚色はあるんでしょうけど、別に大それたところはないでしょうから、普通に勉強するより覚えやすくていいですね。
黒田官兵衛はもう既に人間離れした印象が強くなってしまってますが、本当はただキリシタンというだけらしいんですよね。ドラマの主役になるわけだし、もう少し人間味のある人なんでしょうか?


マルチシナリオ自体はいいんですけどね。一本道はやっぱりつまらないですし。
でも、どうせ同じ戦を何度もやることになるなら、もっと変化に富んでほしかったです。織田軍と徳川軍で同じ戦じゃ初期メンバーすら変わらないなんてケースもあったし。


あ、政宗好きですよ!LAMPさんは男女問わずツンデレなら好きなんですね!
週刊戦国通信でも触れられていましたが、スタッフも政宗のC5が強いことは自覚しているようで。タイマンでは敵無しっていうのは魅力的です。団体様の時はC1かC3が無難かな。

宗矩は新キャラの割に出てくるの遅すぎるんですよね。初めて姿を見たのが戦じゃなくて他の人の固有イベントでだったのでなおさら思い入れがないというか…。それなりに操作はしやすいんですけどね。


リタっちはこれで精一杯です。
髪型は確かに無難なものなんですが、完全に一致するものがなくて…。この写真ではメイドキャップ的な装備になってます。
武器も剣とか槍みたいなものを持ってないキャラの方がまだマシだったかもしれませんね。戦闘中であれば、帯みたいなものを使ってる風魔が意外といいかもとは思いますけどね。
エステルは髪色だけ変えれば、その他が雑でもそれっぽくなりましたw武器は杖もいいですが、立花宗茂なんか良さそうです。盾も持ってくれればの話ですが。


確かに、いくつか他の無双の映像を見てみましたが、こういう人間味が伝わってくるものは少ないみたいですね。
戦闘も嫌いじゃないんですが、個人的にはこういう会話があったほうが嬉しいので、今後無双シリーズを買うようなことがあれば少し慎重に選ぼうと思います。
ミストさん | 2012/10/30 21:50 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/606-8c64dd6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)