まだ知らないことばかり

どうも~



年末となりました。大晦日です。
大晦日、またの名を、数日前まで空想上の赤い人になりすましていた人が、今度はプレゼントじゃなくて現金を子供にお届けするため最終準備をする日だよ!


というわけで(?)、年末なので来年の抱負と今年の反省を書いておこうかと。
長くなりそうなので追記へ畳みます。
まずは今年の反省から。
筆頭として挙げられるのは、いろいろと勉強を怠けたこと。
1年前は学生だったわけで勉強はもちろん毎日のようにやらされていたわけですが、就職準備だったり就職してからも仕事で精一杯だったりで、座学で勉学に励むみたいなことはめっきりしなくなってしまった年でした。学生から社会人になったことで勉強量の差がありすぎるのが原因かと。

いろいろ理由はありましたが、知識をつけるということは勉学以外のことでしか出来なかったかなと思ってます。仕事を通じて学ぶことは多くあるのですが、それは文字を追ったりする知識の身につけ方ではなく実際に体験して学ぶみたいな感じなので。
そちらももちろん大事です。これまで郵便物によって切手を貼り分けるとかよく分からなかったし、実用的な経理の知識なんかも仕事を通じて覚えました。こういった一般常識的なものや専門的な知識をつけられたのは大きいと思います。でも、たまには学校でやったような勉強の仕方もすべきだと思うんですね。資格取得みたいな。

今のところ資格取得をしたいという思いはありませんが、さまざまな分野の知識をつけたいです。知識に限らず技術とかも。
知識においては、前にツイッターで書いた気がするけど、小説以外の書籍をちょっと漁ってみたりして、雑学なり日常の中で知ってると便利な知識などを学びたいかなーと思う。
技術は、そうだなあ・・・。やっぱり料理?あとは音域を広げたい。Aqua Timez歌えるようになりたい!歌える曲が大幅に増える。そして、技術ではないけどこの二つに若干通じるものがある運動系を頑張りたい。主にダイエット。あとはからだ作りですよね。まずは一般的な体型になって、一般的な運動能力を身につけたい。通じるところがあるというのは、運動することによって腹筋が鍛えられれば歌のうまさや歌い方なんかも変わってくるだろうし、料理を覚えて毎日しっかり栄養とか考えて出来るようになれれば、それはダイエットに繋がりますよね。

総括すると、まずは料理を覚えないと始まらないということになるんだが、まあ料理は地道に覚えていけばいいかな。栄養は無理に考えなくていいから、何となく自分でバランスの良い食事だと思える料理スキルを身につけられればそれでいい。まあ、これが同時に来年の抱負にもなるんですかね。


なんか一つが長くなりましたが、もう一つ反省点。
前の項目と同じで社会人になったことが少し関係してくるのですが、ちょっと散財が過ぎたかなーと思う。
今年購入したものって結構多い。中古のCDなりゲームなり小説なり身の回りのものなり。これまでほとんどCDはレンタルだった自分としては今年は随分買った。買ったCD一覧。

・Aqua Timez 「七色の落書き」
・Aqua Timez 風をあつめて
・Aqua Timez カルペ・ディエム
・YUI FROM ME TO YOU
・YUI HOLIDAYS IN THE SUN
・いきものがかり ライフアルバム
・UVERworld LIFE 6 SENSE
・ポルノグラフィティ ワンモアタイム


このくらいか。姉が買ってきたのも幾分あるけどそれは省く。
ゲームは今年は買ってない方かな。ちょっとこちらも一覧で挙げてみる。

・テイルズオブヴェスペリア(箱版)
・マリオカートWii
・THE LAST STORY
・テイルズオブエクシリア
・ワンピースアンリミテッドクルーズep1.2
・ダンスダンスレボリューション ミュージックフィット
・アナザーコード:R 記憶の扉
・ファイアーエムブレム新・紋章の謎
・BLEACH バーサス・クルセイド
・ドラゴンクエストソード 仮面の女
・3DS


満足度順に並んでます。3DSはまだ買ったばかりだしソフトってわけじゃないから一番下に書きました。

しかし、箱だったのがあれだけど、ヴェスペリアは面白かった!よく分からないけど、箱版でも立木さんには会えるんですよね?2周目は会えるようになるであろう条件を満たすのを忘れてしまったので、たまーに時間のあるときに3周目を進めてます。

マリオカートWiiは、今年やっと買ったという遅い購入だったわけですが、なかなか楽しめたのではないかと。まあ、既に売りさばいてしまったのですが。面白かったけど、飽きがちょっと早かった。

ラストストーリーは、発売前から結構注目してたんですが、これまで買ってきたゲームとはちょっとジャンルが違ったにも関わらず随分楽しめた方ではないかと。王道ストーリーというのが良くも悪くも際立った作品。このソフトのせいでちょっとだけFFに興味を持つわけですが、まだまだ購入には踏み切れず。

エクシリアはですね、PS3で初のソフトだったわけですが、PS3の特長をあまり理解できていないので、処理能力や画質などが他作品より優れているのかどうかということはよく分からず。このソフトの批判としてよく聞かれるコスチューム不足は、これまでの作品はコスチュームはオマケ程度にしか感じてなかったのでコスチュームが少なかろうがなかろうがそんなに関係ありませんでしたが、今回はアタッチメントがたくさんあってそれを可能な限り自由に編集できるので、コスチュームが少ないのがすごく気になった。レイアあたりは通常コスチュームだけでは限界がある。どうしてもうまくいかない。それはともかく、戦闘面はまあ面白い方だったかなと思う。リンクシステムは個人的にそんなに好まないけど、共鳴術技は嫌いじゃない。

ワンピースの二作品は、まあ完全に暇つぶしに買ったソフトでしたが、まあまあ楽しめた。後半のボスがやたら硬いのは前作同様お約束。あと、ボスはSP完全無視で通常ならあり得ないコンボをしてくるのもまた然り。クロコダイルやモリア、ドフラミンゴあたりの必殺の連発が非常にうざい。モリアみたいに必殺発動から通常の戦闘画面に戻るまでの間に攻撃が終わってるタイプの敵は非常に厄介。ゾロの三・千・世・界やロビンの大樹とかは発動遅くて涙目。


他のゲームはもういいか。他のゲームは個人的に期待を下回った作品たちです。ドラゴンクエストソードの期待値と実績値の差は天と地だった。ごめん、すごくつまらなかった。


最後に書籍もまとめておきましょう。
まあ全部東野圭吾です。ちょっと今年じゃないのも混じってるかもしれませんが気にせず。

・卒業
・眠りの森
・どちらかが彼女を殺した
・悪意
・私が彼を殺した
・嘘をもうひとつだけ
・名探偵の掟
・名探偵の呪縛
・犯人のいない殺人の夜
・学生街の殺人
・11文字の殺人
・ブルータスの心臓-完全犯罪殺人リレー-
・回廊亭殺人事件
・宿命
・仮面山荘殺人事件
・ある閉ざされた雪の山荘で
・むかし僕が死んだ家
・虹を操る少年
・レイクサイド
・時生
・使命と魂のリミット
・夜明けの街で
・ダイイング・アイ
・流星の絆
・白銀ジャック
・あの頃の誰か
・探偵倶楽部
・同級生


分からない。これで全部かな。ほとんどが今年買ったやつのはずだけど、多分これだけ買った。これが一番出費が大きい。ガリレオシリーズを買ってないのは、ただ単に全部高校の時に図書室に置いてあったやつを読んだからです。まあいずれまとめて買おうかと。



まあ、こんなところです。
なんかもういろいろ書きましたが、とにかく来年も皆さんよろしくお願いしますってことです。
仕事も私生活も頑張っていくつもりです。もちろんブログもしっかり運営します。多分まだまだやめないよ!

というわけで、今年最後の更新は終わりです。お粗末様でした。
22:58 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
未来は曖昧で | top | 聖夜の余り物

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/546-63971364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)