男女比を気にする前に他に気にすることがあるだろう?

どうも~




さて、少し出遅れましたが、任天堂の方で任天堂カンファレンス2011が開催されたことで多くの情報が解禁されました。
というわけで、もちろんこのブログでもいろいろと言及していきます。


まぁ、そんなに長く書くつもりはありませんが、一応追記へまとめておいます。
開催されたのは2日前くらいですが、任天堂のホームページでカンファレンスの様子が映像で見ることができます。
ついでに言うと、出典タイトルだけを見ることもできるので、まだ内容を知らない人は見ることをオススメします。



まずプレゼンテーションから見てみるとしましょう。
最初はWiiのソフトから紹介していくようです。最初からWiiの情報ということは、Wii Uの情報はなしか・・・。

最初はゼルダの伝説の新作が積極的にPRされていますね。
何だかリンクの顔が変な気がしないでもないですが、最初のシーンがパルテナのピットの飛び立ちのシーンを彷彿させる気がしないでもないですが、何だかんだで面白そうではありますね。
宮本さんが実際にプレイしていらっしゃいましたが、宮本さんはやはり右手でプレイなさってました。左手はやっぱりない?
まぁ、個人的にはあまりこのシリーズ得意ではないので買う予定はないですけどね。謎解きが億劫になってしまうことがあったり、結構苦手な感じのシーンが多かったりするので・・・。


他にはカービィの新作などがちょこっと紹介されました。
Wiiはここに来て一気に来ましたね。正直もうダメなのかと思ってましたが、岩田社長も少し言及したようにしばらくWiiソフトは発売のスパンが低かったので、年末に一気に持ってきましたって感じ。
正直言うと、あまり買いたいソフトはなかった。生活習慣改善のためにもWii Fitシリーズを期待してたけど、やはりそれはなかった。だが、Wii Uでは出してくれるんだよな?俺をただのニートにしないでおくれ


そして早々と3DSの情報へシフトチェンジ。
やっぱり、値下げ効果が長続きしなかっただけあって、Wii以上に年末にたくさん持ってきました感が半端ない。だが、多少は頑張っているようなのでソフトラインナップは悪くはない。

予想通り、マリオタイトルが目白押しな年末商戦。
個人的に気になるのは、どうぶつの森とかマリオテニス、パルテナの鏡くらい。
どうぶつの森は普通に好きなタイトルだし、アクションゲームばかりやってるとたまにこういうほのぼのしたソフトがやりたくなる。そういう時に重宝するソフト。
んでもって、やっと泳げるようになりました。これでラコスケみたいに水の上をぷかぷか泳げたら嬉しいなー。
設定としては、今回は村長という役回りだそうで・・・。そうすると、歴代のあの村長はどうなるのか?どうせ何らかの形で出てくるだろうけど、どうせ名誉村長とかそういう立場かな。記念日しか出てこないとかでも構わないけど←

マリオテニスは、何気に好きなソフトなんですよね。地味に奥深いし、マリオシリーズの中じゃ一番好き。単純に普通のマリオがそこまで好きじゃないんですけどね。
地味に私、元卓球部ですから、球遊びは好きです。関係ない?

パルテナの鏡はもう言わずもがな。なんてたって、作っているのがあの桜井さん。
あまり携帯機でアクションゲームというのは好まない傾向にありますが、雰囲気的には罪と罰みたいな感じで合ってるのかな?空中戦と地上戦で戦い方が違ったり、スマブラでは牽制程度の威力だったパルテナアローが面白そうなので使ってみたい。飛び道具が豊富そうだし、戦況によって戦い方をいろいろと変えられるというのは良さそう。


んでもって、このプレゼンでも多少パルテナの鏡は優遇気味ですかね。岩田さん、桜井さんのこと大好きだもんなー。岩田さんのスマブラの評価が随分高い気がするのはいつも通り。桜井さんの名前出すとき「スマブラを手がけた桜井さん」的な言い回しだったし。

他には、優遇されてるというほどではないけど、今回の3DSのソフトラインナップの中ではラブプラス辺りが売れそうだなーと予想。ああいうゲーム、意外と女性もやるということを聞くし・・・。男性陣は、男のプライドとして店頭では買えない代物ではあるけれども、最近はネットという便利な入手経路がありますからね。何か複雑だけど、結構反響呼びそうなソフト。

他には、モンハンが随分と推されてますね。3DSとはいえ売り出せば売れるだろうからな。
何かぼっちに残念な仕様と聞きますが、きっと売れるでしょう。まぁ、大きいお友達の仲間入りをすると、みんなで集まってやるなんて出来ないでしょうけどね。


他にも人気ソフトはありますが、何だかよく分からないソフトも多い。カルドセプトって何のゲームだよwカルチョビットに至っては、画質の悪さに開き直ったようなソフト。良くも悪くもファミコン臭がする。
あとはメタルギアだったりスライムもりもり、ソニック、鉄拳、FE、トモダチコレクションとかいろいろ。そこそこ豪華なラインナップのはずだが、不思議とどれもわくわくするようなソフトではない。
個人的主観では、トモダチコレクションが何故あれだけ売れたのか謎。ガールズモードってソフトも前作はそこそこ売れたっていう話を聞くけど、姉が体験版やってるのちらっと見たことあるけど、画質ひどすぎて着せ替え楽しむというレベルではなかった印象。まぁ、3Dとの相性は悪くないのかなって思うけど。

正直言うと、最近任天堂は裸眼3Dをあまり売り出さなくなった気がします。今回のラインナップでも、そこまで3Dを意識したソフトって少ないし。ラブプラスなんかはすごく相性いいんだろうけどね。あのソフトを買ったら負けという印象が強すぎて全く購買対象ではない。
3Dを意識してないにしても、3Dがプラスに働くであろうソフトはまあそこそこありますけどね。メタルギアなんかは臨場感があっていいのかもしれない。やったことないけど。どうぶつの森なんかも相性はいいのかな?スローライフに目が疲れる3Dは逆に合わないか?何気に、3Dのペーパーマリオはよーく考えてみると謎。もうそれって、ペラペラに見えるとかじゃなくてマジでペラペラってことになるぞw



ここになかったソフトの話をすると、ポケモンの新作の発表がなかったのが残念。正確に言えばポケパークというものが発表されたわけだけど・・・。
ここで発表されないということは、早くてもリメイクか3色目は来年秋くらいか?年末商戦逃すと、RSの10周年は逃してしまうわけだが・・・。やはり来年が濃厚だろうか。

3DSではなくDSっていう可能性も捨てきれないですけどね。
まぁ、これからいくらでも憶測するのでここでは割愛しましょう。




あんまり長くなってもあれなのでそろそろ終わりに持っていきますが、任天堂カンファレンスに続き、東京ゲームショウなんかも開催されてるんですよね。
今日なんかはニュース番組でも結構取り上げられてたりしました。多くがPSVitaを体験するというものでしたが。

背面にタッチパネルがあるということを大々的にPRなさっていました。面白い考えだが、背面タッチパネルを利用したゲームって作りづらそう・・・。何か有用な使い方があるんですかね?


もう一つ、多く報道されていたのは、ゲーム市場の拡大の話。
最近は携帯やパソコンなどの媒体でプレイするゲームが多くなってきたとのこと。
これは、岩田社長なんかも以前言及してらしたことですね。少ない値段で購入できる低クオリティーのゲームが氾濫してきている、的なことを言ってましたよね。もう少し言い方は穏やかではありましたが。

まぁ、そういうネットゲーム?の市場がだんだん拡大していって、現実、家庭用ゲームの普及率だったか何かの率とネットゲームの率がほぼ横並びくらいになってきたらしいです。
家庭用ゲームもネットゲームも、うまく棲み分けができればいいんですけどね。家庭用ゲームがだんだん影を潜めるようになるのは少々困りますね。せめて今の半々くらいの率を保っていければそれでいいと思います。




ということで、相変わらず雑文でしたが、書きたいことは書けたので良しとします。
とにかく、今からでも間に合うから3DSのピンクなんかよりソフトの充実に全力を注ぐんだ!赤出した後ピンクって、もう少し順番考えようよ。ピンクなんか出ても思ったほど女性は買わないだろうし、何より男性ユーザーは選択肢に加わらない。
tags: ゲーム
23:24 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
タイムリーな被害 | top | 歩む道は違っても

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/519-d8c6a9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)