歩む道は違っても

どうも~




さて、明日からはまた残業になると思うので、今のうちに更新を済ませておきたいと思います。
バトン自体久々ですかね?しばらくやった記憶がないので久しぶりだと思われます。


えっと、このバトンはLAMPさんからいただいてきました。
口調バトンということで、質問が設けられていて、指定されたキャラで質問に答えていくというものです。
では追記へどうぞ。

【口調バトン】
指定されたキャラの口調で質問に答えていくバトンです。

指定:ユーリかフレン(TOV)


一応、指定はこのどちらかの口調でやれということなんですが、このバトン恒例のor=andの暗黙のルールを採用して、ユーリとフレンで会話形式でやります。
テイルズ知ってる人じゃないと意味分からないこととかたくさん会話させてしまうかもしれないので、知らない方はスルー推奨です。






ユ「というわけで口調バトンだそうだ。ギルドの仕事で引き受けたんだが、どういうわけかフレンと一緒に依頼をこなせっていう内容だから来てもらった。忙しいのに悪いな」
フ「全くユーリは強引なんだから・・・。その依頼人っていうのは一体誰なんだい?」
ユ「ん?ミストって名前だったか?俺とフレンの関係知ってるのも妙だが、カロルによると、何でこんなことやらせるのかは絶対に聞くな!と言われたそうだ。」
フ「そんな何者かも分からない人の依頼を受けて大丈夫なのかい?お互い、こんなことしてる場合ではないと思うのだけれど・・・」
ユ「ギルドの仕事も大切なんだよ。倉庫整理ギルドと呼ばれるのは勘弁だしな。まぁ、既にうちの首領は倉庫マスターなんて呼ばれてるみたいだけど」
フ「もういいよ。来たからにはしっかり任務を果たすよ」

◆誰に回すか5人決めてください
フ「・・・だそうだよユーリ。代表して君が決めてくれ」
ユ「俺が?そうだなぁ・・。指定してもいいけど、もうある程度出回ってるものなんじゃねえの?」
フ「それはそうかもしれないけど、指定しろということなんだ。頼むよ、ユーリ」
ユ「分かった分かった。それじゃあ、蒼さんと影さんとしるこさんとギンさんとみすたーさんだ!文句あるか?」
フ「僕は構わないよ。ほらユーリ。指定した人にはもう一つ言うことがあるだろ?」
ユ「あぁ?何かルールでもあるのか?」
フ「全くユーリは・・・。大してルールも知らずにこの依頼を引き受けたのかい?まあ、ユーリらしいって言えばユーリらしいんだけど。」
ユ「お説教なら後にしてくれ。で、何を言えばいいんだよ?」
フ「指定された人は、無理してこのバトンを引き受ける必要はないんだ。無理に使命感を持ってやらなくてもいいからね」
ユ「結局お前が言うのかよ・・・」

◆5人との出会いは?
フ「さぁユーリ!次はちゃんと出来るかい?」
ユ「俺とお前の立ち位置なんなんだよ?なんか教育されてるみたいになってるぞ」
フ「仕方ないな。それじゃあ代わりに僕がやるよ」
ユ「頼んだ。俺、そういう面倒なこと嫌いだからさ」
フ「相変わらずだなユーリは・・・。えっと、蒼さんは任天堂から発売された桜井さんという方が制作した、任天堂のオールスターが集まr・・・」
ユ「お前は説明が丁寧すぎるんだよ!スマブラでいいんだよ。融通きかないな」
フ「すまない。これに関してはユーリが正しいよ」
ユ「普段は俺、正しくないみたいじゃねえか・・・」
フ「えっと、蒼さんはスマブラというゲームがキッカケで仲良くなったようだよ。管理人さんが偶然参加した大会の参加者だったようだ」
ユ「・・・」
フ「影さんも同じく、スマブラ という ゲーム が キッカケ で うんめいてきな であいを したようだ。」
ユ「俺が何でも突っ込むと思うなよ?」
フ「・・・悪かった。少しこういうのを織り交ぜた方がいいってエステリーゼ様から言われたんだ。やっぱり僕には難しいよ・・・。気を取り直して行こう。しるこさんは、スマブラのフレンドつながりで知り合ったようだよ。相互リンクという、帝国やギルドとはまた違った、一風変わった集団の仲介で仲良くなったみたいだ」
ユ「よーし。もっと頑張れ-」
フ「ユーリも少しは手伝いなよ!最初の指定の時よりこっちの方が負担は大きいんだからさ」
ユ「こういうのはお前の仕事だろうが。まぁ、なんか口答えしても意味なさそうだから俺もやるわ。えっと、ギンって言ったっけ?そいつはだな・・・」
フ「ユーリ!失礼だろ!こういう時はさんを付けるのは常識だよ!」
ユ「指定の時に一度さん付けしたろうが。まだしなきゃなんねーの?」
フ「当然だよ!君もギルドというものに所属してるんだから、マナーはちゃんと身につけていないとやっていけないよ」
ユ「だから!説教は後な!ちゃんとやってやるから。えっと、ギンさんもスマブラのフレンド繋がりだそうだ。・・・みんな似たり寄ったりの出会い方だな」
フ「ユーリ!」
ユ「もうちょい気ぃ使えってんだろ?分かってるよ。最後はみすたーさんか。みすたーさんもスマブラで出会っているようだぞ。某掲示板で出会ったと依頼人から貰った資料に書いてある」
フ「みんなスマブラ繋がりで、素晴らしいゲームだということがよく分かるね。少なくとも、管理人にはいろいろなキッカケを貰ったソフトのようだ」

◆5人との共通点は?
ユ「・・・なあフレン?ここは端折ってもバチはあたらねぇ気がするんだが」
フ「全くユーリは・・・。でも確かに、これまでの中で共通点は既に出てきているし、ユーリの案を採用するよ」
ユ「よーし決まり。この5人とはスマブラ繋がりだ!以上!」

◆5人の良いところは?
フ「ユーリ。依頼人から貰った資料ってやつをそのままでも構わないから、やってみなよ」
ユ「また俺かよ。というか、この資料ずさんだからそんなことまでご丁寧には書いてないわ」
フ「そうなのかい?それは困ったね」
ユ「代わりにこんなことが書いてあるぞ。「過去相互リンクの人たちを一人一人紹介したことがあるから、その記事のリンクを張っておけ」だとさ」
フ「そんなずさんな仕事で報酬を貰って大丈夫なのか?」
ユ「いいんだよ。雑でも依頼をこなせば報酬はもらえるからな。フレン、リンクってやつを張っておいてくれ」
フ「ユーリはやっぱり、こういう仕事は向いていないんじゃないかい?本能的に行動する方が君には合ってるよ。・・・で、そのリンクとやらはこちらだ。機会があればしっかり一人一人に書くよう、僕から進言してみるよ」

◆5人は自分のことをどう思ってる?
ユ「あん?まぁ、単純に変なやつだと思ってるんじゃねえの?」
フ「何度も言うようだけど失礼だよユーリ。だけど、こればかりは資料では分からないからな。どう思っているかなんて人それぞれなんだから、気にすることはないと思うよ」
ユ「それはそれで雑なやり方な気がするけどな・・・」

◆5人とは今後どうして行きたいと思ってる?
ユ「資料には「これからも何卒よろしくお願いします」とだけ書いてあるぞ」
フ「これ以上の言葉はいらないって意味なのかな?争いさえ起こらなければ嬉しいよ」

◆5人と喧嘩したことある?
ユ「資料によると、基本的にはないそうだ。平和的でいいんじゃねえの?」
フ「確かにね。争いでは何も生まれないからね」

◆5人に指定
ユ「指定するメンツが資料に書かれてなかったから、もれなく指定キャラクターも書いてねえな・・・」
フ「だったら、最初に指定したみたいにユーリが自由に決めるといいよ」
ユ「やっぱり俺かよ!仕方ねえな・・・。蒼さんはTOAから自由に、影さんはソニック系から自由に、しるこさんはフレンの中の人の担当キャラから自由に、ギンさんはTOEから自由に、みすたーさんはアニメを見ていたか知らないが、アニメカービィから自由に選ぶんだ!」
フ「・・・僕の中の人ってどういう意味だい?」
ユ「そんなこと知ってもお前の得になるとは思えないけどな?」
フ「聞かない方が良さそうだね。深追いはしないよ」
ユ「そういうことだ、よろしく頼んだ」
フ「ユーリ。最初にも言ったけど、一応最後にも同じ内容を言っておかないと」
ユ「ああ、あれか。えっと、指定された人h・・・」
フ「指定された人は無理して引き受ける必要はないから安心してくれ」
ユ「・・・」


------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=23865
------------------




お粗末様でした。
指定キャラなんかは自由にという便利な単語を使ってしまいましたが、自由度は上がると思うので自由にやっちゃってくださいな。そして、無理にバトンを受け取る必要はないですからね。
tags: バトン
23:55 | バトン | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
男女比を気にする前に他に気にすることがあるだろう? | top | 交わり

コメント一覧

#
いつもお仕事お疲れ様です!

わぁ~懐かしいですね!あの時初めて会ったんですよね。
大会中はミストさんのソニックに感動してたなぁ。初めてでしたから。あんな戦法。

今も変わらず仲良くしてくれて本当にありがとうです!♪ これからも変わらず・・・いや、これまで以上にもっと仲良くお願いしますね!笑″


ってバトンんん!?TOAはもう何年もやってないので、正直誰がどういうキャラでどんな口調だったかさっぱり覚えてな(ry
というわけで、本当にすみませんがスルーでorz;;
さん | 2011/09/11 16:32 | URL [編集] | page top↑
#
>蒼さん



懐かしいですよね~。あれから随分長いこと交流が続いているのが本当に驚きです。あの大会をキッカケに多くの人とこうやって仲良くやらせてもらえれるというのは幸せなことです。

ソニックの戦法は昔からあれですけどね、すごいといいながら、みんなそのすごいらしいソニックを突破していくから困るw
みんながすごいと思っているより、自らの方がすごいことを自覚してください!


もちろん、これからもよろしくお願いします!今までと変わらずとは言わず、もっと仲良くしていきたいです!


あぁ、やっぱりTOAは覚えてないですか。
こちらの指定がテイルズキャラだったので、指定はテイルズキャラで攻めてみたんですが、それなら仕方ないです。
いえいえ!バトン内でも触れてるように無理してやらなくて大丈夫なのでお気になさらず!また機会があればお願いします!
ミストさん | 2011/09/13 23:18 | URL [編集] | page top↑

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/518-e0386f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)