再集結

どうも~



最近どうにも暇です。ならブログ書けって話なんですが、仕事でも使ってるとPC使うの億劫になってくるから困る。元ワープロ部とはいえ、PC好きって訳でもないですしね。

暇だからいつもゲームやったり本読んだり音楽聴いたり大忙しなんですけどね。暇だからこそ成せる技。休日は大抵ゲームばかりしてます。全くどうしようもないですね。
一応今日は掃除をする予定だったんですけどね、結局ゲームばかりやっていて忘れるし、全くどうしようもないですn(ry



さて、最近は珍しくゲーム記事が多めですが、これが本来の姿だったはずだと解釈して今回もゲーム記事。
今回はテイルズオブヴェスペリアのプレイ記に参りたいと思います。2周目がプレイ記を追い抜いたので、これまでみたいにうろ覚えはないのでご安心を!

ネタバレ範囲ザウデ不落宮四精霊誕生まで
前回の記事はこちら
前回はエステルを奪還したところからでしたね。あの悪人面騎士団長には逃げられてしまったんでした。
というわけで、久々に全員揃ったところで、ザウデ不落宮というところに悪人面がいるようなので、そこに向かいます。


ザウデに近づいてみると、フェローザウデに対抗しようと奮闘してらっしゃいました。どうやらこちらが安全に侵入できるための囮として、みたいです。親切にどうも。

アレクセイの視点がフェローに向かっているうちに船で侵入します。中には、アレクセイに陶酔している親衛隊たちがうじゃうじゃ・・・。騎士たちとの戦闘はやたらチームプレイしてくるから苦手。
正面突破は無理そうなので、排水溝みたいなところから侵入します。鍵開け係、カロル大先生は今回も大活躍いたしました。


奥に進むと珠玉っていうんでしたっけ?それが手に入ったので、台座のようなところに取り付けてみます。まぁ、案の定ってやつで、その台座にソーサラーリングを使ったら仕掛けが発動しました。ここは、水位を操ることが主になる仕掛けのようです。

そこまで大した問題もなく奥に進むと、完全にボス戦用と思われるフロアが現れ、予想通り敵登場。ここでイエガーさんが出てくるんですね。
有無を言わさず武器を構えるイエガー。普通に戦闘に突入します。
相変わらず遠距離攻撃がウザイですが、前半はほとんど問題なくいけました。問題は後半。何だか本気を出し始めたようです。攻撃頻度がアップして、秘奥義もどんどん使ってくるようになりました。やたら使ってきて鬱陶しかったですが、誰も犠牲になることなく勝利。果てました。


更に先に進むと変な仕掛けが・・・。ブロックを特定の場所に動かして、タイミングよく水位を上げていくようです。案外難しくて攻略見ようか迷いましたが、何度もうろちょろしてたら何とか突破できました。明らかにアレクセイがいそうなフロアの手前でフレンたちと合流し、いざ悪人面のもとへ!

悪人面はごちゃごちゃ言っていますが、ユーリは怒りを露わにして突撃します。悪人面の攻撃を読んだフレンはユーリを突き飛ばして自分が身代わりになります。フレンには悪いですが、その隙に悪人面に攻撃を仕掛けます。というわけでアレクセイ戦
何だかいろいろ厄介な攻撃をしてきますね。腐っても騎士団長っていうことですか。時々使ってくる守護方陣みたいな技で大幅に回復されていちいち腹が立ちます。ユーリのやつとは比べものにならない回復量!汚いぞ!
何とか半分まで減らすと、更に秘奥義を連発してくる悪人面。あの野郎、さんざん攻撃外した挙げ句、攻撃が一区切りしたところで何事もなかったかのように秘奥義使ってくるんだぜ?悪人面のくせに調子乗りやがって!
エクシリアでは、敵の奥義さえ当たらなければ秘奥義は使われないそうですね。某騎士団長にも見習ってほしいですよ、全く。


何だかいろいろありましたが、悪人面は帰らぬ人に。しかし、どさくさに紛れて副官殿に塔の上から落とされてしまうユーリさん。よほど恨まれてたんですね。何か操られてる感じもありましたが、純粋に恨みで落とされたんでしょうか?

そして目覚めると下町のユーリの部屋。デュークが助けてくれたらしい。剣を失わないためか・・・。本来ならこういうのは嘘だったりするんですが、何か本当に剣を失わないために助けた感じがしますね。ラスボス臭がぷんぷんしてますが、とりあえずはスルーしておきます。


ここでエステルとラピードと合流し、他の皆さんとも合流。聖核を使ってエステルの力を制御できるかもしれないというリタの仮説に基づいて、ハリーからベリウスの聖核を表面上奪って、エアルクレーネのあるゾフェル氷刃海へ向かいます。
地味に新しい敵シンボルがいたりして良かったですね。再訪ダンジョンはやっぱりこうじゃなくっちゃ!んでもって、エステルの力を抑えるだけのつもりが、精霊という存在に転生を果たしました。成功以上の成功だそうです。そりゃあ良かった。


外に出ようとすると、ノードポリカの方で魔物が暴れているということなので向かいます。
コゴール砂漠で出会った奇妙な魔物が2体。よく使う犬やおっさんでは浮遊系の魔物は戦いにくいので苦手な相手です。とりあえず、オーバーリミッツして紅蓮犬連発するだけの簡単なお仕事だった。
一応なんとかなったので、他のエンテレケイアがいるエレアルーミン石英林レレウィーゼ古仙洞フェローの岩場にそれぞれ向かいます。結局、フェロー以外は戦う羽目になってしまいました。やはり、革命には犠牲が必要なのd(ry



ちょっと短いですが、2周目がこの辺りまでしか進んでないのでこれにて終了といたします。
ストーリー的には一応次回が最終回となります。寄り道たくさんするだろうから、また期間が空いてしまうかもしれません。
23:09 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
交わり | top | 上半期最終月

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/516-e861c559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)