その手には乗らない

どうも~



最近、どうにも毎日が充実しているのかしていないのか分からない状態になってるんですよね・・・。
そりゃあ、ゲーム好きとしては、ゲームやってるだけで充実は充実なんですが、それも思い込みの範疇ですし、あまり良くない過ごし方に変わりありません。

一応は充実していると考えていたんですよ。
うまくやっていけるかどうか懸念していたサラリーマンのお仕事も何とかこなしているし、今のところゲームに不自由はしていない。


だけど、面白味がないですよね。趣味がゲームと音楽鑑賞と読書くらいですから、趣味を実行していて「今、俺は充実している!」とかは感じないわけですよ。
やはり、リア充と呼ばれる条件の最有力候補である彼女を作るということをすれば充実してくるのでしょうか。残念ながら、俗に言う胸がときめくみたいな相手がいないんですけどね。やはり、そのセンで生活を充実させるのは今のところ不可能か・・・。


何か充実していると感じるような趣味ってないんですかね?
個人的に充実していると感じる時は、ジャンルを問わず運動をしているときですけどね。それを趣味に変換すると、やはりスポーツをするということになってしまうのか・・・。

しかしだな、こう見えて小学校時代はサッカーなんていうリア充スポーツを習っていたが、全く上達せずにやめてしまった。その後、授業でサッカーをやる機会が何度もあったが、活躍した覚えはあまりない。担当教師に、「一生懸命やっているのは伝わるから(下手なのは)心配するな」と言われるのがオチだった。(カッコ内は、恐らく教師が省いた部分を脳内で補完した結果)
中学校時代は部活で卓球をやっていた。こちらはサッカーと違い楽しかったが、上達はしなかった。高校2年くらいの時に久しぶりに卓球をやって楽しかったが、部活でやっていたわけでもない運動神経抜群のやつと戦って負けて以来やってない。だけど、それがキッカケでそいつとメアドを交換したのはいい思い出。交換したはいいものの一度も連絡を取らなかったのは悪い思い出。いや、一つ訂正。一度だけチェーンメールが来た。


何だか論点がズレてきている気がする。
結論を言うと、とりあえずゲームばっかりしてないで運動しようぜ!ということに落ち着いた。
以上、ミストさんの脳内の葛藤をお届けしました。






いやしかし、この話題は前置きの予定だったんですが、思わぬ形で拡散していってしまった。後悔している。
とりあえず、今日はゲームしかしてなかったから、明日は頑張って運動します、っていう解釈で捉えてください。いや、ブログ書いていなければ運動する時間はあったんだがな。そういう考え方は良くない。


本題はこっちなんですよ、こっち!
ニンテンドー3DSが、8月11日から1万円値下げするらしいんですよ。
今の定価が2万5000円らしいので、1万5000円になるとのことです。
まだ詳細を知らない方はこちらをどうぞ。

http://www.nintendo.co.jp/info110728/index.html

内容をかいつまんで書くと、
・発売から半年もしないうちに1万円もの値下げをすることは異例だが、3DSの発売前と現時点では状況が大きく変わり、今、思い切った決断をしようと思った。
・しかし、この早い段階での値下げによって今まで購入した方が「早く買って損をした」という気持ちにならないために、ニンテンドー3DS アンバサダー・プログラムという提案を用意した。
・アンバサダー・プログラムの対象者は、8月10日までの値下げ前の3DSを購入して、なおかつ値下げまでの間にニンテンドーeショップにアクセスした方とする。
・ニンテンドーeショップにアクセスした方には、9月1日よりファミコン・バーチャルコンソール10タイトルを無償で配信する。10タイトルのうちの5タイトルは、
  ・スーパーマリオブラザーズ
  ・ドンキーコングJR.
  ・バルーンファイト
  ・アイスクライマー
  ・ゼルダの伝説 他
これらのタイトルは、年末までに配信予定のもので、先行配信という形になる。これらのタイトルは完全なものではなく、後に有償配信される同タイトルは追加機能が用意されている。その有償配信されたタイトルを、今回の無償配信を受け取った方には無償でアップデートしていただける。
ただし、これらには電子説明書は搭載されていない。操作コントローラを切り替える機能が搭載されているが、1Pと2Pを同時に動かすことはできない。正式版では対戦プレイに対応する予定。
そして、丸ごとバックアップ機能は搭載されておらず、正式版で搭載する予定。VC中断機能は搭載されている。

このほかに、日程は未定だが、更なる10タイトルの無償配信を予定している。こちらのタイトルはゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールであり、上記のものとは違い後に有償配信はされず、今回のアンバサダー・プログラムの参加者限定の配信である。10タイトルのうちの5タイトルは、
  ・スーパーマリオアドバンス3
  ・マリオカートアドバンス
  ・メトロイドフュージョン
  ・メイドインワリオ
  ・マリオvsドンキーコング 他
である。
ただし、これらには電子説明書は搭載されていない。そして、通信機能および周辺機器には対応していない。
HOMEボタンを押しても簡易メニューが表示されるので、直接HOMEメニューには戻れない。画面を閉じてもスリープモードにならず、プレイ中はいつの間に通信やすれちがい通信も発生しない。
そして、丸ごとバックアップ機能は搭載されておらず、正式版を配信する予定もないため、今後も搭載はされない。VC中断機能も搭載されていない。セーブ機能のあるソフトにおいては、プレイ終了時にデータが保存される。


なお、ニンテンドー3DS専用ソフト『スーパーマリオ3Dランド』は今年11月に、『マリオカート7』は今年12月にそれぞれ発売を予定しております。



これでもかいつまんで分かりやすく説明したつもり←
最初読んだ時は
「10タイトル無償配信か、意外とやるな任天堂」
って感じだったけど、よく読むと20タイトルが配信されるわけで、
「20タイトル無償配信とか、任天堂スゲー!」
という印象。

これはなかなか思い切ったんじゃないかと思う。岩田社長もよーく分かってるみたいだけど、この時期での1万円の値下げは異常。逆に言えば、いかに3DSが売れていないのかってことが分かる。
んでもって、ただ値下げするだけだとただ負けを認めたみたいな感じになる。
そこを、値下げ前に購入した人には、20タイトルを無償でプレゼントするというんだからなかなかすごい。まぁ、ネット繋がる人限定ではあるけども。
それに伴って、値下げまでに間隔を開けたのは、さすが金の亡者任天堂という印象。この特典に釣られて値下げ前の値段で3DSを買う人が出てくることを知っている。そして、「どうせ値下げするなら値下がりするまで買うの待つか」という流れを少しだけ断ち切ることができる。

しかし、多少の落とし穴はある。
全文読んでみて思ったけど、3DSの詳しい機能なんて知ったこっちゃありませんが、上に書いた但し書きの部分は、多少残念な部分が垣間見える。
丸ごとバックアップ機能などがどのような機能なのか知らないですが、文章だけ見ると残念な感じが漂ってくる。セーブの件も、なんかよく分からないけど不便そう。詳しい人、情報プリーズ!

とはいえ、配信ソフトは決して悪いラインナップではない。糞ゲーの集まりとかだったら任天堂終わってた。
それがどうだ。例に挙げられている10タイトルだけを見ても全てがそこそこの認知度を持つソフト。これは評価できる。


だが、今回の値下げの理由を随分遠回しに「状況が変わり・・・」とか書いてるけど、単純に売れなかったからだろ?焦ってるんだろう、岩田社長?
いちいち関係のない発売予定ソフトについて言及している点から察するに、冬の年末商戦で一気に挽回するための布石を打っておこうということだろ?状況はこれまでと大差ない。


長々と語りましたが、そんな自分は値下げしようと無償配信をしようと3DSは買わない。
だって、10タイトルもあったら本格的に時間が空間の狭間に消え去るし、何よりDSLiteポジションが出ない限り買わないと誓った。いや、それより前にポケモン新作が来たりすると揺らぐんだけど・・・。


まあ、興味がある人はこの機会に値下げ前もしくは値下げ後のどちらかの3DSを買ってみては?というお話でした。
tags: ゲーム
19:20 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
必要悪 | top | ちょっと真面目

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/505-718a6c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)