ひび割れた理想

どうも~




さっき、地味な日課であるドラマの視聴率のチェックをしてたんですが、視聴率は嘘をつかない。

http://artv.info/ar1107.html

あら?韓国で大ヒットしたドラマが満を持して登場の大注目のドラマ!って感じの紹介をいろいろなところでやってたはずの美男ですねは初回の時点で2桁ギリギリの10.9%?
数年前のドラマを、マスコミ曰く国民的アイドルを使って作り直した大注目のドラマが初回の時点で2桁超ギリギリの10.1%?次話は更に下がって6%?
へぇ・・・。随分頑張った割には他のドラマ(但し、某バーローの実写版を除く)に惨敗なんですね。視聴率は大量買いできないし、マスコミに操作されない。いや、操作は若干されてるかもしれないけど、そこまで劇的に変えられるものではないはず。




まあ、そんなことはどうでもいいです。このまま続けると多分批判レベルになっちゃうし。
というわけで、忘れないうちにテイルズオブヴェスペリアのプレイ記に行きたいと思います。

ネタバレ範囲は、ダングレスト(2回目)~出来る限りのところまで
前回の記事はこちら
前回はベリウスさんを殺めたところで終わったんでしたね。
ドンに報告するため、ダングレストの方に戻ります。

宿屋で休むと、なにやら大きな音。
魔物が結界に向かって体当たりしてる、みたいなことでしたっけ?しょっちゅうあることで、これくらいで結界は壊れないとカロル先生。
ということでお約束のように結界が壊れます。やっぱりね。

雑魚を討伐し、騎士団連中も乱入。
理由は忘れましたが、ドン海凶の爪の本拠地に向かったとのことなので、こちらも向かいます。


背徳の館というところの入り口で軽くイベント。あまり気にせずつっこんでいきます。

中に入ると、ドンイエガーがなにやらやってました。ドンはこちらが駆けつけたことが気に食わない模様。そんなことは知るかと先に進むユーリさんたち。
この辺はうろ覚え。イエガーとは戦ってないんだっけ?


ここからは本格的なうろ覚え。確か、ドンが自害したんだっけ?ケジメみたいな感じで。
攻略サイトによると、次はテムザ山?ってことは、ちょっと前にジュディス抜けてたんだったっけ?何かこの辺印象薄いなあ・・・。

テムザ山は、かつてのクリティア族のなんとかかんとからしいです←
どういう理由だったか、魔狩りの剣がうろちょろしてるようで、ギルドの連中が邪魔してきますね。
山頂まで行くとイベント。邪魔するなら戦う!的な簡単な理由でナンティソンとのボス戦。

ナンは見た目あの武器を振り回して投げて投げて投げてって方だと思ってたんですが、回復魔法やら攻撃魔法とか使ってくるんですね。これはちょっと厄介。ティソンティソンでちょこまか邪魔。ダウン攻撃からのさらなるダウン攻撃。こういう敵は正直嫌い。
でも、ナンを倒したら案外楽にティソンさんも倒せました。そういうもんだよね。


多分ジュディスを改めてギルドに迎え入れたところで、バウルに乗れるようになりました。これで行きたいところへひとっ飛びですね!毎回そうだけど、飛行できるようになると船は空気。今回は船入手~飛行手段入手までが短かったな。船マジ空気。エアー!ナアアァァ!


とりあえず、フェローに会うという目的を果たすため、この間苦労して歩いた砂漠地帯を悠々通過し、フェローの岩場へ向かいます。どうやらそこに行けばフェローに会えるらしい。
話の内容はよく覚えていませんが、エステルは満月の子と言われるもので、満月の子の力はエンテレケイアには毒でしかない。その力を使い続けると簡単な話、世界が滅びるみたいな内容。エンテレケイアに有害だっていうのは、ベリウスさんの件でよく分かっていますよね。
フェローさんはもう少しだけ様子を見てくれるようです。あまり時間がないということですが、テイルズ世界の時間なんてアテにならないから大丈夫だ!宿で何泊しようがレイズデッドやリヴァイヴを使いまくろうが、大丈夫だ、問題ない。


で、またまたどういう理屈か忘れましたが、クリティア族の故郷みたいな場所に行くことになりました。
行き方については、地上にいるクリティア族が知っているとのこと。アスピオにそれらしき人物がいたというリタからの証言を得て、いざアスピオへ。

トートさんという方がそうみたいですね。何回話しかけても教えてくれないんですけど・・・。
周囲の人が「クリティア族の人が話しかければ・・・」みたいなことを言ってたのでまさかと思ってジュディスをパーティトップにしたら、案の定うまくいきました。
パーティトップを変えないといけないってのは久々の演出な気がする。やったことない作品は知りませんが、エターニアでチャットをパーティトップにしないとイベントが進まないってのがあった気がする。チャットっていうと、あとはエターナルスローのメチャクチャな印象しかありませんが←
エターニアといえば、フォッグさん好きだったなぁ。バズーカみたいな武器からバーニングフォースとかエレメンタルマスターとか出してたんだよね。


・・・そういった回想は無意味なのでフォッグさんにはご退場いただきます。盛大な拍手をお願いします。

パチパチパチ・・・では次です。
いろいろ説得したら教えてくれました。エゴソーの森というところに入り口があるそうです。
ただし、そこに騎士団がいるらしいので、それを追い払ってほしいということ。よし、ほっとけない病凛々の明星出動!

森の中腹くらいまで行くと、いきなり砲撃されました。エステルさんが結界っぽいので頑張って耐えてくれました。頑張りました、パチパチ・・・
何とか頂上まで上がり、砲台の操縦士を恐喝します。操縦士には逃げられましたが、リタが頑張って砲台を停止させました。頑張りました、パチパチ・・・

砲台はまだあるみたいなので、他の砲台もぶっ潰しに行きます。あ、いや、リタさんすいません。魔導器仕掛けの砲台を鎮めにいきます。
途中ギガントモンスターがいらっしゃいましたが、一度エンカウトリンクで当たってしまって、この際戦ってみようと思ったんですが、早々に後悔しました。即死♪
気を取り直し、砲台を何とかしたところで、クリティア族の街へ向かいます。浮かんでいる・・・だと?
ウィルガイア思い出しますね。今回はワールドマップにないものが多いですね。海の底から浮かび上がってきたり、水が涸れて陸地になったり。


ウィルガイア・・ではなくミョルゾに侵入します。住人はジュディスのことを知ってる模様。当然か。
長老みたいな人に会ったので、詳しく話を聞くため長老の家でくつろぎます。おっさんはさすが、他人の部屋で寝て待つという思い切った行為。これは真似できない。
長老の家で壁画を見てなにやら重要な情報を得たらしいユーリさんたち。どんな情報だったかはよく覚えていない。確か、星喰みのことだっけ?
そのあとは少し休むため、空き家で再びくつろぎます。エステルは飛び出していっちゃいましたし、おっさんは散歩してくるらしいです。4人で話していると、大きな音が!おっさんとエステルが行方不明なので探します。

どこを探してもいませんね。どうやら街の外に出てしまった模様。
ユーリさんは悪い想像をしています。牢に閉じ込められていたおっさんがアレクセイに連れていかれるのを思い出してしまうあたり、そういうことなんですよね。
どうやら、転送魔導器というものを使って二人は街を出たようです。主犯はやはりおっさんか・・・。



ま、今回はこのくらいにしましょう。
あと最低3回くらいプレイ記やらないと最後まで行かない予感。寄り道も含めるとなおさら。
だが、寄り道が楽しいのがテイルズ。さてはて、どのくらいの長さになることやら・・・。

23:15 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
g@me | top | 目安

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/502-22139ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)