プラスワン

どうも~



さて、先日3DSが発売されたようですね。
嵐さんが随分と前からCMしてたせいで、発売したのに気づくのに時間がかかりました。


もう買った方もいるのだと思いますが、買ってない方の中には、店頭に置いてあったものをやったという方もいる模様。

やってみた感想としてよく見るのは

「目が疲れる」
「確かに立体だけど、奥行きが出ただけ」
「すげー!!ほんとに3Dだ!!」

なんていうところでしょうかね。
目が疲れる。という感想に至っては、ほぼどこに行っても耳にします。


3DSの魅力というと、やはり裸眼での3D画面ということになるとは思うのですが、個人的に一番注目してるのはすれ違い機能なんですよね。
「いつの間に通信」ということをコンセプトにしているだけあって、既存のDSと比べるとすれ違い機能の向上はめざましいです。
聞いた話によると、すれ違いに対応しているソフトに差し替えることなく、複数のソフトのすれ違いが楽しめるということ。

これまでもすれ違い機能がついているソフトは多くありましたが、これからもどんどん増えていくんでしょうね。
すれ違いをした方が圧倒的に楽しいゲームもあったりするので、この機能は素直に嬉しい。


あとは、画質の向上も嬉しい点ですね。
まぁ、画質が向上したといっても、所詮は任天堂の携帯ゲーム機ですから、まだまだ改善の余地有りの画質です。
Miiなんて、相変わらずの不自然さですからね。
Miiの顔って、全然本物の顔に似ないんだ。積極的に作り込む気力が湧きません。

それ以外には、あまり関係ないですが、2Dに切り替えることができるのはいいことだと思う。
今後3DSを買うとしたら、おそらく、3Dで見たいシーンだな。などと思えば3Dに切り替える、などという使い方をします。

基本的に、3D画面なんてたまに映画とかで見るから良いと思うんですよね。
それ以前に、これ以上視力を低下させるのはごめんですし。


反対に悪いところを挙げてみると、第一に値段ですかね。
定価が2万5000円です。Wiiの初期の頃の値段とほとんど同じだと記憶しています。
まぁ、3D機能を搭載するというと、そのくらいが妥当なのかもしれません。
でも、そのくらいの値段になってしまうのであれば、ゲーム機に3Dを投入するのをもっと遅らせても良かったんじゃないかとも思いますけどね。

あとは、バッテリーの消費ですね。
3DSのソフトをプレイしていると3時間~5時間で充電切れというのはなかなか短い。
すれ違い通信の機能を強化して外に持ち運んでほしいとか言ってる割に持続時間が短いというのはどうなのかと。
まぁ、基本的に家でしかやらないという人には関係ないのかもしれませんがね。




とまあ、簡単に良いところと悪いところを挙げてみました。
出ているソフトが少ないということもあり、3DSを買うのはおそらく1年3ヶ月くらいですかね。

何故1年3ヶ月後かというと、初代DSからDSLiteまでの期間が1年3ヶ月だから。
おそらく、3DSの次はその前後期間に出てくるんでしょうから、それに期待します。

あと、プレイした方がいらっしゃったら、プレイした感想を教えてくれたりすると嬉しいです。
tags: ゲーム
21:52 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
余韻に浸りながら | top | 学びは光、悩みは影

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mistdailylife.blog81.fc2.com/tb.php/458-24e51af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)