2013年 12月
31日(火)
21日(土)
12日(木)
08日(日)
04日(水)
11 | 2013/12 | 01

ぬくもり

どうも~



さて、皆さん大晦日はどうお過ごしでしょうか?
2013年もいよいよ終わりですね。前にも書いたかもしれませんが、社会人になってからは時間が経つのが早くて困ったものです。


今年もいろいろありましたが、例年に比べるととても思い出の多い年でしたね。
一番大きいのは、やはり音楽ライブに2回も行けたこと。今年が初のライブ参戦だったのですが、どうやらライブというものが相当好きなようで、好きなアーティストのライブに手当たり次第参戦したいくらいです。一人で参戦するのは寂しいので、いろいろとタイミングが合えばですけどね。来年もたくさんライブに行きたいです。

他には、今年はいつもよりたくさんゲームを買ったこと。
自分で買ったわけではありませんがVitaを買いましたし、3DSのソフトも多く買いましたね。

2013年買ったソフト

ポケモン、モンハン、テイルズ、無双。無双はブログでもツイッターでも紹介してませんでしたね。発売日にこっそり買ってたんですけど、時期が悪くて全然やってないです。ある戦で、何度やっても味方が敗走して何度も苦戦させらてたので、あんまりやる気起きないです、ははは。なんか味方が敗走しにくくなるアップデートが入ったらしいので、気が向いたらやります、はい。

2014年はスマブラがありますし、テイルズも何かしら発売されるでしょうし、その他諸々欲しいゲームがたくさん発売されると思うので、楽しみは事欠かないですね。時間があれば、何か新しいタイトルも遊んでみたいですね。



というわけで、書こうと思えば仕事のこともいろいろ書くこともあるんですが、なんだか間延びしてしまいそうなので今日は短めにこのくらいにしておきましょう。


今年一年、「霧色Days」に訪問していただいた皆様、ありがとうございました。
来年も細々と更新していく予定ですので、たまーに思い出した頃に来ていただけると嬉しいです。

それでは皆様、良いお年を。
22:47 | Days | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キミは必要とされているか

どうも~



さて、12月もいよいよ後半。師走とはよく言ったもので、本当に早いものです。
来週一週間お仕事に行けば、無事に年末年始はお休みをいただけるようなので、踏ん張りどころですね。今年も、天皇誕生日の祝日要素の恩恵を受けられそうにはありませんが…

自分が生まれてから20回目を迎える天皇誕生日ですが、まさか20年も生きてきて天皇誕生日に感謝する日が一度も来ないとは思いもしなかった。毎年のようにブログで天皇誕生日を吊し上げてネタにしてる癖に何を言っているんだというお話ですが。



というわけで、今日は久しぶりにポケモンの話でも。

前回のポケモンの記事というと11月2日というわけで相当前なのですが、このとき取り上げたきのみの突然変異に関してはもうほとんどやってない。というか、新たな突然変異がもうないと分かった瞬間、充実感と共にきのみ栽培はやらなくなってしまった。ブームというものは儚いものよ…

最近のブームはミラクル交換!せいぜい1V程度ではありますが、孵化余りをここぞとばかりに流している。コフキムシやポッポなどの序盤ポケは流さないだけ勘弁してほしい。序盤ポケ流すと自分に返ってきそうだし。
まあそんな自分ルール作っても序盤ポケが来る確率は高いんですけどね。IDくじが復活してるおかげで、全く無駄というわけではないのが救い。

IDくじ

必要のない人間など存在しない!っていうのと同じようなものですよ、ええ。


そんななか、自分と同じように孵化余りを流してくださる方も結構いるわけでして、個体値厳選の環境が良化したことにより、4Vとか5Vとかが流れてくることも多い。すごい時代になったものです。夢特性を流してくれる人も多いですね。おかげで、結構な数の夢特性が手に入りました。

かくれとくせい

ペンドラーやシャンデラのように、夢特性がBW時代から変更されてるポケモンもいたり、あまり馴染みのないポケモンの夢特性など、発見の毎日です。シャンデラのかげふみはBWでは未解禁だったとはいえ、すりぬけに変更されていたのは随分批判されたようです。


あとは、図鑑集めにも結構重宝しましたね。結構前ですが、カロス図鑑もおかげで完成しました。

カロス図鑑完成

立派な賞状もいただきました。賞状を貰ったのはたぶん金銀以来ですわ。
当時幼かったミストさんは、ゲームのプレイ時間の制限によりブラッキーがいつまで経ってもゲットできず、なんやかんやあって長い年月をかけて賞状を貰ったような記憶があります。

ちなみに、カロス地方に出現する三鳥(ファイヤー・サンダー・フリーザー)はこの条件に含まれていないようです。実際、一つのデータにつき一種類一匹しか出現しないので、未だにフリーザーのみしか持ってません。
まあ、いずれ相互さんなどと集まる機会があれば、ファイヤーとサンダーを交換してもらいなーと思ってます。

三鳥のせいで完成しない

カロスずかんコンプリートのメダルはあるのに、ほのお・でんき・ひこうコレクターのメダルが取得できないという生殺し状態。どなたかの助力で、この状況を打破したいところです。


まあそんなわけで、だいぶポケモンブームもおとなしくなってきましたが、細々とやってますよーという報告でした。

これから始まるんだ

今後は、ポケモンバンクやポケムーバー、PGWのアトラクションなどの解禁が待ち受けているので、まだまだやることはいっぱいです。もうしばらく、ポケモンには頑張ってもらいたいところです。
19:52 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

情熱傾けて

どうも~



さて、本日19時から行われていたテイルズオブシリーズの20周年記念タイトル製作発表会にて、新作タイトルが発表されました!

http://toz.tales-ch.jp/

テイルズオブゼスティリア

その名も、「テイルズオブゼスティリア」

馬場Pも言っていたように、意味は情熱や熱意。商標登録されていたタイトルの中でも本命とされていた「TOZ」です。予想していた人も多いですね。


対応機種はPS3。動画内では、PS3専用の文字があったので、PS4での展開はない模様。
まあ、何年後かにPS4に移植、TOXのように続編が発売などされてもおかしくはありませんがね。とりあえず、PS3のマザーシップタイトルがTOX系列のみで終わらなくて良かった。恐らく、この作品以降はPS4に移行するでしょう。


キャラクターデザインは、おなじみの藤島先生、いのまた先生に加え、奥村氏、岩本氏の4名がメイン。

TOZ主人公

主人公「スレイ」は見たところ剣士。拳を使っているような描写も見受けられる。個人的にはアスベルに近いキャラだと感じた。デザインは藤島先生。担当声優は木村良平さん。

ヒロイン「アリーシャ」は、デザインを見る限り槍使いの騎士?ジュディスのようにトリッキータイプなのかもしれない。補助的に回復魔法とかも使いそうなイメージ。デザインは奥村氏。担当声優は茅野愛衣さん。


詳しいことは分からないけど、公式サイトで公開されていた「導師の伝承」は彼らのことではないらしい。二人は何かの目的で導師を探しているのか、伝承を探っているのか?


冒険の舞台は、ハイランド王国とローランス帝国の二つの国が中心となっている大陸「グリンウッド」
名前からも連想できるように、緑豊かな大陸。木造建築や自然豊かな風景が目立つ。絵の雰囲気だけ見ると、とても平和な世界に見える。「導師の伝承」にある「闇」というのは、タイトルロゴにも描かれているドラゴンのことかな。


バトルシステムは未公開。
馬場Pによると、歴代のシリーズで「バトルシステムが好評だった作品」のバトルシステムをさらに進化させたシステムらしい。僅かに見ることができた戦闘シーンを見るかぎり、サイドステップしたりしてたし、この作品はTOGだろうと考えれる。そうすると、CCシステムはほぼ確実に搭載されそう。TOXみたいにTPもありそう。ユーザーをビックリさせるような隠し球もある模様。


アニメーション製作は、TOXやTOSのOVA、テイルズオブマガジンの書き下ろしなどを担当しているufotable。
IGじゃないことは予想通りでした。まあ、最近ではTOH-RをIGがやってるし、別に見捨てられているわけではないと思う。だけど、今後はリメイクや外伝系の担当になりそう。



まあ、めぼしい情報はこれくらいですね。
今回はあくまで20周年記念タイトルの制作発表会ということで、他作品の発表は一切ありませんでした。また頃合いを見てテンペストRなり外伝なりの発表があるでしょう。
発売日や主題歌等、発表されなかった情報も多いので、今回は制作してますよーっていうだけみたいです。



というわけで、個人的に嬉しかったのは、TOVの関連作だという噂がミスリードだったこと。20周年記念タイトルが続編とかじゃなくて本当に良かった。TOVは人気作とはいえ、そこまで露骨なことしてこなかったね。
「グリンウッド」っていう明確な名前を提示してもらえたおかげで、何かの続編である可能性はほぼ消えたと見てよさそう。まあ、あくまで大陸の名前が「グリンウッド」というだけで、この世界全体の名前はまだ公開されてないのでまだ油断は出来ない。


主人公たちは、まあ二人とも好きになれそうな気がする。
スレイはまだちょっとあどけなさはあるけど、RPGでは王道なキャラっぽい。アリーシャも、これまでいなかった槍使いのヒロインということで、新鮮味があってよさそう。

気になるのは、主人公が藤島先生で、ヒロインが奥村氏ということ。ヒロインはもちろんいのまた先生だと思ってたんですよね。
これまで、藤島先生といのまた先生に差、というか明確な優劣のようなものはつけないようにしていたように見受けられるのですが、これは例えばいのまた先生はラスボスとか物語の鍵を握る重要なキャラクターを描いているとか、そういう理由なのでしょうか?ただ単に、最近のシリーズはいのまた先生がほぼ出ずっぱりだったというのもあるのかもしれない。いのまた先生にはテンペストRやトライバースで頑張ってもらいたい。


というわけで、今回はこれでおしまいとします。
まあ、近いうちに続報も来るでしょう。続報が来たら、そのたびに一喜一憂する日々を送りたいと思います。





スレイ「オレ、世界中の『遺跡』を探検したいんだ」

「遺跡」

リフィル先生…

リフィル先生が目をキラキラさせてスレイを見ている…
21:36 | ゲーム | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

着飾り

どうも~


さて、もう今年も数週間しかないんですね。
テレビをつければ「今年もやってくるー♪」ばっかりだし、街を歩けばイルミネーションを飾っている家も多いです。今年もこの時期が来たかって感じですね。

ちなみに、我が家もイルミネーション毎年やってるんですよ。

イルミネーション

テレビで紹介されるような派手なものではないですけどね。毎年同じラインナップですし。でも、仕事から帰ってきて家のベランダにイルミネーションが見えるとなんだか嬉しくなりますね。基本、綺麗なものが好きなんです。


もう年末まで秒読みですが、今年は社会人になって初の忘年会というやつに参加することになりました。

来週の土曜日にやるらしいんですが、前に記事で紹介した歓送迎会と同じ場所で盛大にやるらしいです。前回、俺が酒に強いことがバレてしまったので、今回は最初からハイペースで飲まされそうで怖いです。生ビールは未だに苦くてまずい。まあ、たまにはいいか。



ところで、テイルズの新作発表、いよいよ今週の木曜日ですね。
毎日のようにいろいろなところで繰り広げられている予想合戦を見てるんですが、今回は随分と多種多様な予想が飛び交ってますね。

・文字通り完全新作
・TOV関連作
・TOA関連作
・トライバース関連作
・マイソロ系のお祭りゲー

今のところ挙がってる主な予想はこんなところ。

TOVはともかくとして、導師というワードが出てからTOAまで浮上してきてしまいました。導師イオンのイメージが強いのでしょう。あとは、闇を払うとかそういう伝承からマイソロで出てくるディセンダーを想像する人も多いようで、公式で否定されているマイソロ4だろうという予想も多いようです。まあ、公式が否定したからって、その発言がなかったかのように発売されてしまうゲームも多いですからね。

何度も言うように、個人的にはトライバース関連作だと思いたいのですが、世論的にはその予想は少ない。単純にプレイ人口がTOVやTOA、マイソロに比べて少なすぎるのが原因か。
そんななかで、今日公開された扉絵がトライバースゲートではないか?という予想が少なからず見受けられたので、比較してみた。

導師の伝承 扉絵

なるほど、似てるような似てないような…
うーん、トライバース関連作だという考え方は考えすぎなのか。
期待するあまり、自分の都合の良いように物事を見ている気がする。

おこがましい

おっしゃる通りです。
11:33 | ゲーム | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

かくなる上は

どうも~



さて、前回の記事でお伝えしたテイルズオブシリーズのカウントダウンサイトについてなんですが、これまでの一週間は歴代のマザーシップの名シーンを2作品毎に発表していました。
そして昨日、名シーンの発表も全て終わりました。

http://next.tales-ch.jp/

20周年記念作品20131204

そして本日、更新された内容はというと、来週の木曜日に20周年記念作品の製作発表会をやるそうで、その模様をニコ生で放送するという告知。及び、あと8日というカウントダウンと、意味深な古書。

今日が新作発表日なのかと思いきや、12日(木)に発表しますよーっていう告知だった。言われてみれば、前々からカウントダウンサイトって呼び方してた割に、昨日まではカウントダウンなんてしてなかったっけな。考えてみれば分かることだったわ。

キーワードとしては、

・20周年記念タイトル
・製作発表会
・完全最新作
・新作マザーシップ


「20周年」というのは、前回の記事でも触れたように2015年12月のことです。発売日は今からだと大体1年半~2年半後くらいかな。PS4で発売するのが妥当なところと思われる。また、CSSにあった『20周年タイトル「テイルズオブヴェスペリア」』にも通ずるため、TOVの関連作という見方はまだ否定はできない。

「制作発表会」と明記されていますが、これから制作に取りかかるという意味なのか、鋭意制作中ですという意味なのか、開発の進捗状況がよく分からない言い方ですね。発売時期的にも前者な気はしますが。

「完全最新作」というのは、少し前の馬場氏のツイッター上の発言。単純に考えれば、何かの続編や関連作ではないという見方ができるが、続編であるTOX2を同じように「完全最新作」であると言っていたバンナムのことなので、そうとも言い切れないのが実情。

「新作マザーシップ」というのは、ティザーサイトがオープンしたときから公式が口にしていました。これも微妙な言い回しで、既存のマザーシップ作品の続編もとい関連作だったとしても同じような言い方ができます。


以上のように、今の状態では何が発表されるのかはとても曖昧な状態です。
逆に言えば、現時点ではまださまざまな可能性が考えられるわけです。せいぜい予想に明け暮れろということなのだろう。

今回のカウントダウンサイトについてはこれから毎日更新されるそうなので、発表に近づくにつれ、少しずつ今回の古書のような新作のヒントのようなものが公開されると思われる。



今いろいろ考察しても埒が明かない気はするけど、今日発表された古書について少しだけ考察しておく。

何やら不可解な模様のついた表紙、もしくは裏表紙。ところどころに種類の違う栞のようなものが挟まれている。古書が置いてあるのはどこかの床?壁画や石版のようにも見えます。
本というと、過去のシリーズの中に出てきたキャラクターで連想される方たちが何人かいますね。

本といえば!な人たち

全シリーズやってるわけじゃないのでパッと思いついたのはこれくらい。TOVからはエステルやリタが連想されますね。あとはTOPで本を武器として使うクラースさん、TOI-Rで同じく本を武器として使うコンウェイ。

個人的にはコンウェイさんを真っ先に思い浮かべたのですが、トライバース関連の可能性が高まったのと同時に、いろいろ噂されているTOVの関連作である可能性も高まった形です。一応申し訳程度にクラースさん挙げてるけど、TOPに今更動きはないだろう。


個人的には、これはトライバースに関連する書物であり、約2年後に20周年記念タイトルとして発売。それまでの間に、トライバースの物語のエスコート的な形で「テイルズオブザテンペストR」発売…というのが理想です。というか、新作であればもう何でもいいです。スマホのアプリとかじゃなければいいので良いものをお願いします。

その願い、叶えます

コンウェイさん、マジでお願いします。
20:08 | ゲーム | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑