君と出会い、知ったよ

どうも~



さて、ずっと日常生活の近況について書いてなかったので、たまには少しだけ書こうかなと。


まず今日の話になりますが、会社の先輩から紹介された保険会社の人と会ってきました。

要件としては、是非うちの保険会社について知ってください!というもの。
といっても俺は、会社で紹介された保険会社に加入済みなので、今の保険の見直しだったり、現状の保険がどういうものかを説明してもらったりなんかもしてもらいました。

その保険会社は、普段CMとかでよく目にする、30日にハマってまーす!の人だったりアヒルが宣伝したりしている保険会社とは一線を画していて、CM等の宣伝活動は一切ないし、加入者が信頼できる人を紹介して新たな加入者を募るというもの。
今日は話だけ聞いてきたのですが、保険に無頓着な人でも分かりやすく説明をしてくださって親切な方でしたよ。ただ、話が長い。ファミレスで2時間も話をされてしまった。その分、理解は深められた。


加入者の契約継続率というのも業界トップクラスだそうで、先輩からも絶賛された保険会社さんなんですが、まあしばらく考えてみます。実際、うちの会社でも、紹介してきた先輩含めて5人くらいこの保険会社に乗り換えているらしいのですが、物事は慎重に…ね。易々と決めることではないので。



続いて、音楽関係の話でも。

最近ツイッターの方でも何回かつぶやいていた件なんですが、歴代のテイルズオブシリーズの音源を集めようと思いまして、ここ最近さまざまな店舗を探し回っていました。

テイルズオブベスト、KOKIA

水樹奈々、DEEN、植村花菜

・「The Best of Tales」(TOT,TOL,TOR,TOS,TOD2,TOE,TOP,TOD)
・KOKIA「The VOICE」(TOI,TOI-R)
・KOKIA「New Day,New Life」(TOI-R)
・水樹奈々「夢幻」(TOS OVA)
・DEEN「DEEN NEXT STAGE」(TOH,TOH-R)
・植村花菜「しあわせの箱を開くカギ」(TOW1)

あと、写真を取り忘れましたが、

・BoA「IDENTITY」(TOG、TOGf)

も先日レンタルしてきました。


偶然テイルズオブシリーズのベストも見つけたりしたことで火が付いてしまって、持ってない音源が収録されているシングル、アルバムを手当たり次第集めました。既に持っていた音源もいくつかあったので、それと合わせて歴代シリーズのメインの曲については全て集まりました!

集結!

早速、いつも通勤途中で聴いているカーステレオ用のUSBに、シリーズ毎に入れ込んでみました。
まあ、TOIのエンディング曲だったり外伝のツインブレイブの曲だったり、細かいところはまだカバーできていないところもありますが…。将来的には全部集めたいけど、入手難度が高い曲がいくつかあってコンプリートは難しそうです。


最近の通勤時は基本この中からランダムで曲を流していますが、知らない曲、というより、普段キッカケがなければ絶対聴かなかったであろうアーティストさんの曲に触れられたのは大きかったです。

特にTOLのテーマソングを担当していらっしゃるDo As Infinityさんの「TAO」
名前くらいは知ってたんですが、今回初めて曲を聴かせてもらって、初めて聴いた曲の中で一番気に入りました。恥ずかしい話、男性ボーカルの一介のロックバンドだと勝手に思い込んでいたんだけど、いざ聴いてみたら女性ボーカルの曲が流れてきてビックリした。そんな意外な発見もあったり。

気に入った曲という点では、次点でDEENの「夢であるように」
TODのテーマソング。DEENとしては、TOHのテーマソングである「永遠の明日」が比較的好きだったので、こちらの曲も期待して聴いてみたのですが、見事その期待を超えてきた。TODのOPは歴代最高との呼び声も高いので、近いうちに見てみたいと思ってます。
18:38 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夢は終わらない

どうも~



さて、今週からいつも通りの鈍足更新に戻ります。
テイルズの方も一段落したんでね。ちなみに、前回張り切ってまとめたトライバース関連のリンクをトップ記事に貼っておいたので、気が付いたことがあれば適当に書き足すつもりです。


というわけで、久しぶりにテイルズから離れて、今回はこの前のニンテンドーダイレクトについて!
今回はE3が開催されていたということもあり、大きな発表がいくつかありましたね。

その中でも大きいのは、新作スマブラの紹介映像の公開でしょうか。



これは、桜井さん直々に、E3用に撮影したスマブラの最新動画です。

今作は3DSとWii Uの両機種で発売ということで、まずは3DS版から紹介が入ります。
ぱっと見は、何となく64版を彷彿とさせるような感じですね。携帯機としては、充分合格点ではないでしょうか。

クッパのA技の新技がいくつか垣間見えますね。蹴り技が増えてる?(0:40)
大量の新ステージが用意されているようで、3DS版では主に携帯機作品が舞台のステージが多め、Wii U版では据え置き機作品が舞台のステージが多めに設定されているようです。また、3DSとWii Uではキャラクターは変わらないらしく、ステージに関しては全く別物だそうです。


続いてWii U版の紹介。(1:26)
Wiiの時も綺麗だと思いましたが、さらにグラフィックは綺麗になっています。攻撃に風切りがついたりもするようです。

そして、1986年生まれのリンク、サムス、ピットが登場します。(1:56)
サムスはOther M仕様、ピットは新パルテナ仕様、リンクはトワプリ仕様かな。
ピットには、新パルテナで登場した豪腕ダッシュアッパー(恐らく→B)、衛星ガーディアン(恐らく↓B)といった新技があるようです。


続いて、新キャラの紹介。(2:35)
マリオとクッパがプロレスのリングのようなところで戦っているところで、マリオがいきなり網で捕獲される演出。どうぶつの森シリーズから登場の「むらびと」です。「そんちょう」じゃない。
ダッシュ攻撃で木の苗を落として攻撃したり、傘やパチンコ、スコップやオノまで使った攻撃までします。スコップには、敵を地面に埋める効果もあり。(2:44)
また、原作では落ちているものを何でも拾って懐にしまうため、落ちているアイテムを拾うとそのまま懐にしまい込み、いつでも好きなタイミングで拾ったアイテムを投げることができる模様。(3:08)
恐ろしいことに、マリオのファイアーボールやサムスのチャージショットなど、飛び道具までも懐にしまい込み、好きなタイミングで投げることができる。ゲムヲみたいに威力増加はないみたい。(3:15)


続いて、ロックマンの紹介。(3:42)
ファミコンテイストのデザイン。Aのニュートラル入力でロックバスターを使用します。歩きながらや空中でも同じようにロックバスターが使えるようなので、空中N攻撃もロックバスターってことでいいのかな。基本的には、肉弾戦よりも飛び道具が多いみたいです。復帰技にラッシュコイルというものがあるらしく、ソニックのバネジャンプみたいなものかな。
さらに、バリアブルウエポンシステムとやらがあるそうです。飛び道具のメタルブレードやクラッシュボムなど、癖のあるものが多い。(4:35)


続いて、Wii Fitトレーナーの紹介。(5:56)
まさかの参戦。桜井さんも言っているように、予想していた人なんてほとんどいなかった。というか、予想した人がいても、完全に冗談レベル。公式動画よりも前にこの情報がリークされていたとしても、俺は決して信じなかった。いやまあ、任天堂への貢献度としては高いけどな。

そんな彼女は、どんな攻撃においてもヨガや筋トレの類を多用する。立ち木のポーズやアーム&レッグレイズを使用したスマッシュ攻撃は失笑物。原作ではヨガと筋トレしか登場しなかったが、何の関係もないバランスゲームのフラフープまで用いる。
しかし、Wii Fitの運動貯金150時間超の俺は、たびたびトレーナーさんに「トレーニング中は力みすぎないように!」と教わった。それがどうだ、彼女のその攻撃はそのアドバイスを真っ向から否定しているような気がする。
とはいえ、ジャンプや走り方も美しいフォーム。ときおり健康アドバイスもしてくれる。Wii Fitをやれば、スマブラへの参戦も夢じゃないと教えてくれる夢溢れるキャラクター(だいぶ美化して表現しています)。



もっと書こうと思えば書くことはありますが、とりあえずこの動画についてはこれでおしまいなので、ここでの紹介もこのくらいにします。またこれからいくらでも情報は出てくるので、またの機会に。ポケモンについてもまたの機会に。
16:19 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リ・イマジネーションシリーズまとめ 考察

どうも~



さて、今回はちょっと長いので、前置きなしに行きたいと思います。
前回も予告していた通り、今回はテイルズオブイノセンスR及びテイルズオブハーツRの共通の異世界設定及びテイルズオブザテンペストRに焦点を当てての考察をお送りしたいと思います。今回でひとまず最終回です。

では、いつも通り長いので追記へどうぞ。

<2013年8月11日>
内容・スクリーンショットの追加、修正を行いました。


<2014年5月4日>
内容・スクリーンショットの追加、修正を行いました。

続きを読む
16:41 | ゲーム | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今、僕は君の為に居る

どうも~



さて、テイルズオブフェスティバルも終わって、やっとテイルズ熱が下がってきました。
重大発表とやらも、最初はすごく期待していたし、TOSをまた出してくれると分かった時はすごく嬉しかったけど、やっぱりリメイクを期待していただけあってリマスターというのは複雑。冷静に考えると、今更あのグラフィックのままフルプライス取るの?っていうのが正直なところ。完全版商法より汚い商売かもしれない。


まあ、まだ詳細が分かっていない以上はあまり批判はしないでおきます。
今回はハーツRについても少し交えて、イノセンスRのまとめを書いていきたいと思います。
それでは、ご興味のある方は追記へどうぞ。
続きを読む
23:11 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

再び、僕らは選ぶ

どうも~



さて、6月突入しましたね。
祝日の一切ない月と嫌われがちな彼。自分自身もあまり好きな月とは言えませんが、この時期、というか今日、テイルズオブフェスティバルがやってるんですよね!

この記事を書いている間、丁度フェス真っ只中!
以前友人に急に誘われて行った全然知らないアニメのイベントで横浜アリーナに行って以来、こういったイベントの楽しさに魅せられてしまったミストさんは、来年こそは行きたいなーなんて思ったり。
全く興味ないアニメのイベントであれだけ盛り上がれたんだ。好きなコンテンツのイベントならそれこそ大盛り上がりに違いない!という単純論理。今年のフェスも、行きたい気持ちが積もりに積もっていた分、DVD等を購入したいと思ってます。6月のことを好きになる日も近い…かも。


そして、今年のフェスでは、テイルズオブシリーズの最新情報コーナーというものがあり、それがテイルズチャンネル+等でライブ中継されるという素敵な企画が今日の18時15分からありました!

http://tales-ch.jp/special_index.php?ms_id=100&url_id=184

テイルズチャンネル+の会員でないと視聴できないのであしからず。
登録は無料だけど、たぶん動画サイトにたくさんアップされるだろうから、無理して会員登録する必要もないんじゃないかな!←


というわけで、フェスで発表される最新情報コーナーがライブ配信されました!
実際に配信をご覧になった方なら既にご存知かと思いますが、今年のテイルズオブシリーズの新作が発表されました!タイトルは「テイルズオブシンフォニア ユニゾナントパック」!

簡単にまとめると、
発売機種はPS3。PS2版「テイルズオブシンフォニア」とWii「テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士」をリマスターし、2本同時収録された豪華パック!追加コスチューム等の新規要素有り!
といった感じ。

リメイクではなく、あくまでリマスター。
アニメーション部分は、OP含め既存のアニメーションは原作と比べて超絶綺麗。新規カットインも綺麗。ただ、ポリゴンは大した成長なし。原作未プレイの人向けという感じがする。


ムービー見る感じでは、会長ことリーガルのユニゾンアタックの合体技があったため、TOSはGC版ではなくPS2版準拠であると考えられる。もうがっかリーガルなんて言わせない!

ロイド「やめろよ!GC版ではひどい扱いだったからって、リーガルはリーガルだろ!」


ラタトスクも収録しているとのことで、エミルとマルタ両名もいる。3Kデクスとアリスちゃあああん!!!!ももちろん出てくる。残念ながら、再びレザレノ社によってメロメロコウも開発される。マリク教官も所持しているくらい流通してしまっているけど、これ以上世に出していい商品じゃない。メロメロコウがないと実はストーリー狂うところもあるけど、ジョルジュは速攻販売中止を決断すべし!
何故か正体がバレない不思議な仮面ジューダスマスクなんて開発してる場合じゃないぜ!


というわけで、ラタトスクも任天堂の手から離れる結果に。
これで、テイルズオブシリーズの主な作品の中で唯一任天堂独占タイトルとなるのは、DSのテイルズオブザテンペストのみとなるわけだ。そのテンペストも近いうちVitaで出す気満々なため、任天堂独占の作品は皆無になる。TOSはPS2に移植されたとはいえ、任天堂系のイメージが強かったのになあ。少し残念ではある。



一番楽しみなのは、テーマソング全てにアレンジがかかることかな!
GC版「Starry Heavens」、PS2版「そして僕にできるコト」、ラタ「二人三脚」
この全てがver.2013としてアレンジされるらしい!多分イノセンスRと同じで、TOSの2曲は交互に流れるんだろう。

misonoは絶対に何かアクションを起こすと思ってたけど、やっぱり今回も作品に関わってくれて嬉しいよ!
正直、misonoのこと嫌いな人多いと思うけどさ、というか、俺も歌声が好きなのであって、バラエティの彼女はあまり好きじゃないけど、歌声はやっぱり素晴らしいと思うわけよ!少しだけ映像で流れてたけど、10年前の楽曲であるStarry Heavensも未だ全く色あせてない良アレンジ!CD化されたら絶対買うわ!


発売は10月10日。
確かこの時期、ポケモンと被る。俺の興味次第だけど、いろんな人からモンハンも勧められているから、彼らにモンハンを無理矢理買わされるともっと時間がない。というわけで、よほど今後の情報で魅力的な新要素が出てこない限りは買わないかな。己の不運を嘆くがいい。


・・・ところで、ゼロスの生死はどうなるんですかね!?
原作みたいに生存は選択制で死亡ルートもあるとしたら、ラタトスクはゼロス生存ルート固定だから、新規ユーザー混乱するぜ?ゼロス贔屓のテイルズスタッフだから、フラノールのイベントはコレットだけにされちゃうかもね!はいこれ、フラノールの雪ウサギ。幸運を呼ぶんだって。

クラトス「おいスタッフ!私のロケットペンダントはどうなるのだ!?」
22:31 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑