2011年 06月
29日(水)
25日(土)
19日(日)
15日(水)
11日(土)
08日(水)
06日(月)
05日(日)
01日(水)
05 | 2011/06 | 07

永住地

どうも~




さて、記事書くのをサボったり別のこと書いてたりで、新しい職場になったことを報告してなかったので今さらながら報告。
何度か言っていますが、今は総務の方にいます。


いや、本当は経理事務の方に行くはずだったんですけどね。
なんか、なんやかんやあって会社から経理がなくなるらしいです。
経理がなくなって、別のところで経理の仕事を管理するとのことで、何故か総務に行かされて、「ここで我慢してくれ」的な感じになってます。えぇ、何故か。

まぁ、確かに事務関係の仕事に就きたかったですけどね、一応高校で3年もやってて適職な感じだったので。
でも、単純にパソコン使う仕事なら多分好きなので、総務でもいいんですけどね。でも、せっかくいろいろ資格も取ってきたし、有効活用したかったですね。結局、取った資格無駄遣いですよ、全く。

でもまあ、総務にそんなに不満はありません。残業ないし。
いや、経理がまだ仮に存在していて経理に配属されていたら毎日のように残業させられてたらしいですから、なんか複雑な気分です。
これから長いこと一緒に仕事をする上司もまあまあ悪くないです。その中の一人は高校一緒で話合うし。

今日も上司の一人とブログの話で盛り上がりました。
いや、現在ブログをやっていることをわざわざ公表することもないので話の流れで「昔やってた」ということにしたんですが、どうやら上司はアフィリエイトに興味があるらしく・・・。
さんざんブログやってる割に知識に乏しいですが、つまりは副業としてブログで稼ぎたいってことらしいです。本当にブログで稼ぐことが出来るのか、とか、どうやったら稼げるのかとか根本的に聞かれたんですが、やったことないって言ってるのに随分しつこかった。平たく言えば稼ぎたいんですね、分かります。



というわけで、総括して言うと悪くない職場です。それだけ。
何か書きたいことあったはずですが、今は特に何もないのでここまで。何か思い出したら次書きます。
21:28 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

桜の今後

どうも~



さて、また1週間サボりました。土日更新みたいな感じにするのも有りと思った時期もありますが、あまりブログ書くのに規制入れると昔みたいなことになるのでやめて、これまで通り不定期で行きたいと思います。

で、たまには長文をお届けしたいなーと思っていたので、この機会にスマブラの新作についての考察でもしてみようかなと思います。発表から随分経ちますが、いい機会かなと。


というわけで、長文にしようと思ってますので追記に入れ込みます。
続きを読む
20:00 | ゲーム | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

正否健全

どうも~



さて、昨日土曜日は新入生歓迎会とやらに行ってまいりました。
今思うとこの名称に違和感を覚えますが、あくまで新入生の歓迎会だったはず。なんかただの飲み会だった。

未成年だし飲みたくなかったけど、結局一口だけ飲んでしまった。後悔している。
かといって、断るとアレじゃないですか。いや、もちろん進んで飲みに行ったわけではありませんが。
とりあえず自分が一口でもアルコールを飲んでしまうとおかしくなるようなタイプでないことが分かったから良しとする。たまにいるらしいんですよね、飲み始めた途端壊れ始める人。

今回一番ビックリしたのは、隣にいた同じ新入社員の同僚がカシスオレンジを3、4杯も飲んだこと。
最初は飲まされてたわけですが、途中から自分からグイグイ飲み始めるんですよ。しかも、こちらが飲まされていた生ビールを「一口いい?」と言ってきたので飲ませたら、そのまま3分の1くらい飲んでそのまま自分の前に生ビールを配置。その後、これ以上飲まない方がいい、と未成年にお酒を勧めた上司から規制が入りました。多分、あれ以上飲んでたら酔っぱらいになってたでしょうね。


まぁ、開始時間が早かったので解散も結構早かったです。確か19時くらい。
ということで、当初の予定通り新入社員4人でカラオケに・・・。急に、密かに飲まされまくっていたらしい先ほどとは別の新入社員の一人が吐いてしまいました。
後々話を聞いてみると、どうやら生ビールを数杯、カクテルも数杯、日本酒も少し飲まされたそうな。そりゃ吐くわ。

完全に再起不能になったので、その人は帰ることに。
完全に酔っぱらいと化していたのでみんなで付き添って帰ろうと思ってたんですが、酔っぱらいが頑なに拒否。こちらは無理矢理カラオケ店に押し込められ、一人で帰っていきました。最悪、駅の線路に落ちてないことを祈ります。


仕方がないので、残りの3人でカラオケに・・・行こうとしたんですが、予想よりも飲み会が早く終わってしまったので予約の時間よりもかなり早いらしく、時間を潰すためゲームセンターへ。
ゲーセンに行くと運動がてら毎回のようにやる太鼓の達人で体を慣らし、その後はシューティングや別の音ゲーを延々とやってました。結構な出費。
さすがに夜のゲーセンにはカップルやらリア充やらDQNやら敵がたくさんいますね。その中には、どうやら相当の仲良しらしい男性二人が仲良くプリクラを撮りに行くシーンも。なかなかシュールな場面でした。


結構時間を潰したにも関わらず予約の時間までには30分ほどあったので、カラオケ店の待合室的なところで待機。そうしたら、それを見かねた店員さんが「ここで長時間待たれるのも退屈でしょうから、ちょっと早いですけど入室していていいですよ」と声をかけてくれました。良対応じゃないですか。

というわけで、22時くらいから深夜カラオケがスタートしました。
個人的に今回は歌った曲をメモしておきたい理由があるので追記に入れ込んでおきますが、こんなことに興味がある人はどうぞ。
こんな時間にカラオケに行ったことがないので声が出るか心配でしたが、意外と歌えるものですね。

ちょっとビックリしたのが、自分はいつも座ったまま歌ってるんですが、他の二人は立って歌うタイプの模様。
聞いてみると、二人の周りの人はみんな立って歌うそうで。こっちの周りの人はみんな座って歌うんですけどね。ここまで顕著なもんなんでしょうか。

確か、カラオケの機種はDAMでしたかね。画面上に音程が表示されて、音程のズレが鮮明に表示されるんですね。
歌った後は、ビブラートだとかしゃくり、音程の正確さとかが表示されるんですよ。下手だとそれが数値化されて出てくるので傷つくわけですが、上手に歌えればなかなかの快感。
なかなか上手に歌えないのが悩みですけどね。


何やかんやで結構な時間まで粘っていましたが、やっぱり途中でダウンしました。
睡魔が襲ってきて、疲れが襲ってきて、ちょうど声も枯れてきましたから、ここで仮眠を取ることに。一人を除いて。
同僚の一人は随分夜行性らしく、自分含め二人が眠りについてからも一人でずっと歌ってたみたいです。よく一人で連続してそんな長い間歌えるもんだ。感心。

曲の趣味は結構合ってたように思います。一人は決意の朝に歌ってくれたし。
さすがに女性の曲はほとんど歌ってませんでしたけどね。やっぱり自分だけ?別に変じゃないと言ってくれましたが。
まぁ、男性ボーカルの曲縛りなんてしたら早々にネタ切れするので仕方ないですけどね。何度も言いますが、音域的に主力Aqua Timezが歌えないから。地味にポルノさんとバンプもキツイ。
UVERworldは歌えるには歌えるんですが、何せ難しい曲が多いですから歌える曲も限られてきます。サイドメニューに手を出すしかなくなるわけです。


余談はおいといて、結局5時くらいまでカラオケ店にいました。睡眠時間は2時間半くらいですかね。非夜行性の自分にしてはよくやったと誉めてやりたいです。不健全ですけどね。
結局始発で帰る羽目になりましたが、結構楽しかったです。久々に歌えたのもそうだし、何より新鮮なメンツだったのが大きい。予想してたよりはるかに楽しかった。
明日からまたお仕事なんですが、飲み会でストレスが溜まってすぐストレス発散できたので気持ちがいいです。また1週間頑張りましょう。
続きを読む
20:37 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

貴様ら庶民とは基礎代謝力が違うのだよ。

どうも~



さて、前回は日常についてはまた今度ということを言いましたが、あまり平日に長々とゲームのプレイ記を書くのも疲れるので、先に日常について書こうかなーと思います。


今はですね、いつだたったか書いたと思いますが、休憩中は携帯がお好きな人たちばかりの職場です。
最初は全く希望の持てない職場だと思いましたけど、そこの職場にいるのは休憩の時間休憩所にいる人たちばかりではないということに気づきました。

というのも、休憩中携帯を使わない組はどうやらロッカーの前だとか外だとか、そういうところに行っているみたいなんですね。やっぱりみんな休憩所は居心地が悪いようで。
で、僕も休憩所はちとリラックスできないので、座れないのは残念ですがロッカー前の集団の仲間入りに成功。ちょっとだけ同じ職場の人と仲良くすることができました。
前回紹介した機嫌が悪かった班長も、しっかり話してみれば意外といい人。あの日が異常だったみたいです。まぁ、寡黙でちょっと怖い雰囲気に変わりはないんですが。


全体的にみんな寡黙なんですよね。喋りかければ受け答えはしてくれるんですが。人見知りは爆発しろということですね、分かります。

でも、その中でも結構仲良くなれそうな方が2名いるんですね。仮名としてその人を宮尾さんと青島さんとします。何でこの仮名なのかはまああれです。本当の名前から少しもじってるだけです。
その2名は少し年上の男性の方々なんですが、いろいろ教え方がうまくて、物腰が柔らかいので、誰にでも好かれそうな印象です。青島さんは「俺は八方美人なだけだ」なんて言っちゃって謙虚です。こんなセリフ、空想上の物語でしか聴いたことないぜ。まさか実際に聴くことになるとは。
まぁ、その2名とは少しお近づきになっておきたいと思ってます。他にも優しい人いっぱいいるし、守備範囲は大きい方がいいんですけどね。友達100人できるかな←


仕事内容としては、最近まで空箱回収ばかりやってたんですが、昨日からちょっとだけラインに回されました。空箱回収もつまらなかったですが、これはこれでつまらない。

空箱回収のメリットデメリットを挙げると、
メリット:1日2万歩・監視者がいない
デメリット:1日2万歩・ひたすら歩く・単調すぎる・暑い・汚れる・時間経過が遅い

ライン作業のメリットデメリットは、
メリット:涼しい
デメリット:単調すぎる・共同作業者がいる・毎日2万歩も歩いていた足だと痛みがつらい


空箱回収のピックアップ。
メリット
・1日2万歩。
これは携帯に内蔵されている万歩計での記録に基づくものです。2万歩もあるいていると、嫌でも体重が減ります。最近、空箱回収をウォーキングと考えるようにしてみたら、少し気が楽になりました。
・監視者がいない。
空箱を回収するだけの簡単なお仕事なので、いちいち誰かが見張ってるorついてくるなんてことは一切ありません。自由です。考え事も上の空もし放題。
デメリット
・1日2万歩。
1日1万歩歩くのを目標にする方が多いですが、2万歩も歩くと足がしどろもどろになります。大げさではありません。逆に悪影響です。足がしどろもどろという表現が正しいかどうかの判断は君たちに任せる。
関係ないですが、ちょっと足痛そうにしてたら、一緒に作業していた人に「そんなに疲れる?」とか言われました。活動量が全く違う君たちとは基礎代謝というものが全然違い、同時に疲れ具合も違うのだよ。愚民どもに分かるかね?←
・単調すぎる。
ただひたすら空箱を回収するだけのお仕事なので、何の面白味もなく、同じことの繰り返し。この作業が大半を占めるため、1日2万歩というおかしなことになります。
・暑い。
継続的に歩いていると、気温うんぬん体質うんぬん関係なしに汗をかきます。とても暑いです。
・汚れる。
工場ですから当然です。手袋越しに汚れが貫通してきて、爪が真っ黒になってます。大げさではありません。
・時間経過が遅い。
単調な作業をしてると、どうしても時間が気になります。そうして時間を気にしながら作業をしてると、不思議と時間経過がとても遅く感じられます。定時終了まであと1時間、あと55分、あと50分。悪循環。


続いてライン作業のピックアップ。
メリット
・涼しい。
作業場に変な排気口みたいなものがあるんですが、そこから常にエアコンの風のようなものが吹き付けているので、とても涼しいです。本当に、罪悪感を覚えるほどです。メリットがこれしか挙げられていないのはご愛敬。
デメリット
・単調すぎる。
以下省略。
・共同作業者がいる。
当然、新人に一人で作業させるわけにはいきません。元々そこのライン担当の人が優しく教えてくれているはずです。ちょっと上の空でいたら冷たい目で見られてしまいました。
・毎日2万歩も歩いていた足だと痛みがつらい。
普段一人で動かすラインなので、作業者が増えればその分待機時間があるわけです。2万歩も歩いてきたこの足は、逆に動いていた方が楽って時があるのです。連続的に走っていて急に歩くと走り出せないみたいなのと同じような感覚。



総合的に考えると、うまく職場に適応しろということですよね。
最初の時よりはうまくやっていける自信はついてますから大丈夫、なはず、多分。
いいんだ、あと半月頑張れば解放されるんだ!




そういえば、今度の土曜日に新入社員歓迎会というものがあることが知らされました。
平たく言えば飲み会っていうやつですよね。初めてですからドキドキします。

他の同僚たちは「お酌とかさせられるんじゃないか?」とか言ってますが、結局のところどうなんでしょうかね?宮尾さんはそんなことないって言ってたんですが。
飲み会にいいイメージはないですが、そもそも飲み会というものがどういうものかあまり知識を持ち合わせていないので分からないです。教えて!Mr.人世の先輩たち!
23:19 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

世界中のファン

どうも~



さて、たまにはお仕事のことでも書こうかなーとか思ってたんですが、いろいろと書きたいネタが混雑しているので、まずはヴェスペリアのプレイ記を消化しておきます。
今回のネタバレ範囲はダングレスト~幽霊船アーセルム号です。
前回のプレイ記はこちら
続きを読む
23:22 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ダブル

どうも~



さて、言わずもがなですが、ゲームブログとしてはこのことをネタにしないわけにはいかないでしょう。

2012年 Wiiの後継機Wii Uを発売!

えっと、まだ詳しくE3のレポートとかも見てないので分からないですが、据え置き機のコントローラーがある種のDSみたいなゲームボーイアドバンスみたいな容姿のものになるみたいですね。
どうやら任天堂は二画面がお好きなようで・・・。


イマイチコントローラーにもう一つ画面が搭載されることにあまりメリットを感じられないのですけどね。例えば、家で複数人で対戦ゲームなどをやる際に画面が2分割なり4分割されるのをそのコントローラーを使えば防げるのかなーとは思います。テレビの大きさにもよりますが、それでも分割したやつのほうが画面が大きいような気がしないでもないですが。それでも、みんなで同じ視点でプレイするのではなく個々の視点でプレイすることを目指しているのかなという気がします。
あとは、個人的にすごく嫌いだったWiiの文字入力システム。タッチパネルを搭載すれば随分やりやすくなる気はします。実際、DSの文字入力はWiiと比べれば快適ですから。

長々と自分の考察を述べましたが、任天堂側としては、据え置き機の弱点である「テレビの占領」を防ぐためとのこと。
確かに「テレビの占領」は防げますが、据え置き機のメリットである大画面でのプレイであるとかグラフィックの細やかさなどが失われるような気がしてなりません。
その辺はしっかり考えられているのかもしれませんが、このコントローラーをどうやってゲームに盛り込むのかが注目点となりそうです。

コントローラーに画面をつけたもう一つの利点としては、据え置き機においてDSのようにタッチペンでスライドなりタッチなり出来るということが挙げられていますかね。
これまでもWiiリモコンをポイントすることで似たようなことが出来ているわけですが、それにも限界があり、自由自在というわけにはいきませんでしたよね。確かに、タッチが出来れば出来ることの幅は広がります。


平たく言ってしまえば、据え置き機と携帯機の融合みたいな感じなんですかね。
両方のいいとこ取りみたいな。この二つを組み合わせることで、やり方によっては出来ることのバリエーションの幅はとてつもなく広くなっています。


個人的に良さそうと感じるのは、インタビューで触れられているWii Fitについて。
これはWii Uで新作が発売されるものと考えてよろしいんですよね?今以上に便利になってくれるなら是非ともお買い上げします。
どうやら宮本さんは、普通の体重計くらいラフにWii Fitで体重を量れたら、と考えているようです。勝手な解釈ですが。

これまでもWii Fitは随分と体質改善といいますか、運動不足の解消に役立ってくれましたから、現在よりも更に便利で良いものになってくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。
何てったって、プレイ時間こそWiiのソフトの中では5、6位くらいですが、スマブラと並んで一番長いスパンでやってるソフトですもん。何年も前のソフトなのに未だにやってるし。



まぁ、何だかんだ言ってこれはそこそこ売れるんじゃないんですかね?結構ビッグタイトルも公表されてますし。
コントローラーに随分とコストがかかっていて値段に響くのでは?という心配もありますが、まぁ常識の範囲内であると信じてます。
テレビ画面を使わなくてもコントローラーだけで遊べるというコンセプトは平気で平均ゲーム時間を底上げしそうな気がしないでもないですけどね。そこが心配です。

なんか文章が支離滅裂な感じになってしまっているような気がするので、近いうちにしっかりと書き直しておきたいと思います。とりあえず、今回はこの辺で。
tags: ゲーム
23:40 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

憑き物

どうも~



さて、今日は何故か知らないけど会社が休みなんだよ、ヤッホー!
本当に何で休みなんでしょうかね?理由は教えてくれなかったんですが、まぁ、休みはめでたいです。


というわけで、この3連休で随分ゲームをやってたので、今回はテイルズオブヴェスペリアのプレイ記でもやりましょう。思えば、ヴェスペリアはそこそこ昔のソフトなので、プレイしたことがある方は懐かしむ感じでご覧いただければと思います。

ネタバレ範囲はアスピオ~ヘリオード です。
前回のプレイ記はこちら

続きを読む
10:10 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

催し物

どうも~



さて、今日は地元の高校の文化祭に行ってきました。
地元の高校って言っても、自分の母校ではないんですけどね。


ツイッターの方で以前呟きましたが、以前の上司と話の流れで文化祭の話をしたんですね。

前にも書いたことがあるかもしれませんが、我が母校には文化祭というものがないんですよ。
文化祭らしきものはあるんですが、文化祭の代わりに、一般のお客さんを呼んで商売をするみたいなことやってたんです。一応それとは別にとっても小規模な文化祭もどきはあるんですけどね。

その上司の文化祭の話、ユーモア混じりにとってもユニークで楽しい思い出を語ってくれたので、それを聴いてたら無性に行きたくなってしまったんですね。
で、せっかく近くで文化祭があるんだからということで今日行ってきたわけです。


感想としては、ちょっと駐車場を探すのに手間取ったせいで前説を見られず、始まって間もなく観劇という形になったわけなんですが、なかなか面白かったです。
相変わらず人口密度が高くて暑かったのが残念ですが、真剣に見入ってしまいました。機会があればまた行きたいですね。他にも、古本扱ってるところとかパソコン使わせてくれるところとかありますし。

ちなみに、そのパソコン使わせてくれるところでタイピングコンテストなるものがあったんですが、そこで出てくる単語が“エレス”とか“ネクロノミコン”とか“放課後ティータイム”とかで大丈夫か?
なんか他にも特定のゲームの造語がたくさん出てきましたが、よく覚えていません。“エクスカリバー”なんかも出てきたな。多分これプログラムしたやつはテイルズ好きだ。ゲーム興味ない人がこのタイピングやったら何の単語打ってるのか分からなくて挫折するだろうな。去年はもう少しまともだったんだが・・・。


ま、そういうわけで、やっぱり外出してみるもんですね。
閉塞的な空間でゲームばかりしていてはダメです。やりたいゲームは増える一方なんですけどね。
21:48 | Days | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新天地

どうも~



さて、昨日も言った通り、今日から新しい職場になりましたー。
特に楽しみにはしていませんでしたけどね。


で、印象としては、休憩所ではみんながみんな携帯をいじっている、百歩譲って言うと若々しい方々。普通に言うと、陰気な方々。悪く言うと、最悪な方々。

自分だって携帯はよく使いますよ。基本的に相互さんのブログは携帯で閲覧してますし。
だからって、携帯依存症というほどではありません。休憩5分間を携帯だけで過ごすことはありません。

いやあ・・・本当に静まってますよ。みんな疲れて仮眠でも取っているのかと思うほど。
まぁ、周りの雰囲気に流されて携帯を使ってしまった自分は負け組です。


職場の雰囲気が最悪だということはよく分かりました。
期待していた、同期の皆さんはどこにいるんだ?
・・・そこの職場、他と比べて範囲が大きいので休憩所が2カ所にあるようです。3人とは違う休憩所☆

唯一の希望が削がれましたね。どうしてくれましょうか、この絶望感。
この1ヶ月、わたくしはこんな息が詰まりそうな職場で過ごしていかなければいけないんですね。漫画みたいに「一ヶ月後・・・」とかなって次のコマで一ヶ月後に飛んでたりしないかな。現実逃避ですね、知ってます。

まぁ、唯一の救いというと、閉塞的な空間で単調な作業の繰り返しだと思われたのですが、1ヶ月じゃ習得不可能みたいなことを言われたので、半月くらいは雑用に回されるらしいです。
今日やったのは、いろいろな場所に乱雑に置かれる空箱の回収。運動になるし、付き添いもいない。好き放題やれて楽でした。

逆に言えば、そこの人たちが放任主義すぎるんですけどね。
班長なんて、今日は何か異常が起きて機嫌が悪かったらしく、上司である組長から新入社員受け入れの話を聞いた途端、更に機嫌悪くなりましたからね。
よく本人を目の前にして、「新入社員っすか?面倒っすね~」とか言いますね。薄情なもんです。

よく考えたら、今日の仕事、初めての職場なのに一人でやってたっておかしいですよね。
完全に面倒くさがってます。新入社員とか早くいなくなれよ、とか思ってます。
フン!こっちから願い下げだぜ!・・・とは口が裂けても言えませんが。まぁ、嫌なのはお互い様です。
22:14 | Days | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑